スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神なんば線開業にまつわる鉄道小ばなし
20090330205809
20090330205807
20090330205804
【姫路市網干区から愛知県田原市まで】
・来年度の部署も決まったことだし、かねて言っていた山陽網干から三河田原までJR以外の鉄道で移動する旅を近々実行に移そうと思う。

さらに言うと、豊橋から2駅だけ「これは誰にも内緒だよ」とばかりにJRに乗ってしまえばそこから先にまたJR以外の鉄道が待っていて、それに乗れば静岡県の掛川まで行ける。

この私鉄マニアなら誰しも一度は体験してみたいな旅は阪神なんば線の開業を記念したものだが、よくよく考えてみれば阪神なんば線が開業するはるか前から、姫路(網干)と豊橋・渥美半島はJR以外の鉄道でつながっていた。

別になんば線にこだわらなくても、大阪(梅田~難波)や、京都(烏丸~京都)で地下鉄を使えば、阪神・阪急系統と近鉄系統を途中JRを使わずに難なく乗り継ぐことができるのだ。

【私鉄だけで郡上おどり】
・今さらながら、もし名鉄が根気よく岐阜の軌道線を存続させていたら、今ごろ姫路(網干)から私鉄だけで郡上八幡や北濃まで行けていたのだということに気付いた。私鉄だけで行く郡上八幡旅行、上出来じゃないか。

【姫路発辰野行き】
・こんなことを妄想していたら、昭和10年代の一時期、兵庫県から長野県まで省線以外の列車だけで移動できたという驚愕の事実を思い出した。
現在のJR飯田線は、戦時中に国に買収されるまで私鉄(豊川鉄道・三信鉄道・伊那電気鉄道)の路線だった。当時は、名鉄の新名古屋~神宮前間が未開業だったが、名古屋市電を使えば関西急行(近鉄名古屋線の前身)と名鉄を乗り継ぐことはできた。
神戸高速はなく、大阪市内の地下鉄網も現在ほど充実していない時代だったが、神戸市内で市電を使えば山陽と阪神or阪急を乗り継げたし、大阪市内でも市電を使えば阪神or阪急と大軌or関西急行を乗り継げた。
つまりこれら戦前の私鉄ネットワークを駆使すれば、山陽姫路(神戸姫路電気鉄道→宇治川電気鉄道部→山陽電気鉄道)から辰野(伊那電気鉄道)まで、一度も省線の列車に乗らず旅行できたということになる。

ただ、この大旅行が可能だった時代は昭和13年~18年(注)の5年間。こんなルートで鉄道旅行するマニアがいようものなら、不要不急の旅行はやめなさいだの、戦地の兵隊さんのことを思いなさいだの周りから煩く言われたことだろう。
それぐらいならまだ良いが、最悪の場合はお前にはスパイの疑いがあるから憲兵隊で取り調べるだの言われて後々厄介なことになったかもしれない。

【私鉄の車輌だけでどこまで行けるか?】
・今度はひたすら長い距離私鉄の線路ではなく「車輌」に乗ることにこだわってみる。
現在のネットワークで単純に考えてみると、鳥取県の倉吉から智頭急行の特急「スーパーはくと」で出発し、姫路で山陽電車に乗り換えれば、そこから冒頭に紹介したルートで愛知県の三河田原まで行ける。

ここで仮に名鉄の特急「北アルプス」が、高山止まりでなく富山(宇奈月温泉)行きで今も存続していたら、倉吉~姫路~難波~名古屋~富山~犀潟~六日町~越後湯沢を私鉄の車輌のみで移動することも可能だったことになる。実際に富山行き特急北アルプスが存在した時代には智頭急行も北越急行も存在しないのでこのルートと車輌の組み合わせはまず成立し得ないのだが。

ちなみに、「北アルプス」が富山(宇奈月温泉)まで走っていたころ、関西では南海電鉄が国鉄キハ55のコピー車輌を保有し、難波~白浜間にディーゼル急行(南海線内は特急)「きのくに」を走らせていた。

「きのくに」と近鉄名阪特急、「北アルプス」を乗り継げば、途中1泊か2泊ぐらいしないといけなかっただろうが、白浜~難波~名古屋~富山~宇奈月温泉~欅平(富山~立山~美女平)を私鉄の車輌のみで移動できたわけである。

ここまで長々と読んでいただきありがとうございました。もし事実誤認やツッコミどころがあればどんどん突っ込んでくださいな。

(注)昭和13年に関西急行電鉄の桑名~関急名古屋間が開業したことで、関西鉄道の国有化以降離ればなれだった関西と中京の私鉄網が結ばれた。
しかしその5年後、大東亜戦争真っ只中の昭和18年に当時の豊川鉄道、三信鉄道、伊那電気鉄道が国に買収され省線飯田線になり、長野県伊那地方にまで延びていた中京地方の私鉄網は大きく縮小されることになった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。