スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾の大塚愛・王心凌
今日はこの間東京で買ってきた台湾のポップスCDについて書くことにする。

台湾の代表的なポップス歌手としては、先程日本デビューを果たした男4人組のF4、少年殺しの異名を取る女性シンガー・蔡依林(あゆみたいな感じ)、先住民族出身のポップスの女王・張恵妹(安室奈美恵みたいな感じ)、シンガポールから人気が飛び火した孫燕姿などが挙げられるが、今回私が購入したのは彼ら彼女らと並んで台湾で絶大な人気を誇る王心凌の最新アルバム「Honey」である。彼女は1982年台湾新竹市生まれの22歳、台湾の大塚愛的存在である。しかも所属会社が同じAvexである上、誕生日も近かったりする。あろうことかキュートなキャラクターまで似ているといえば似ているのだ。

ジャケットや彼女の衣装の配色はハートやさくらんぼ?を連想させる赤。収録しているナンバーの中にはJ-POPのカバーも3曲、そのうち8曲目の「愛的滑翔翼」が何と大塚愛の「桃ノ花ビラ」の台湾語?北京語?カバーである。正直私は3月台北駅地下街のCD屋で耳にして以来この曲のことが気になって仕方がなかった。帰国後ネットで「大塚愛 台湾」「桃ノ花ビラ 台湾」などと検索してみてこの曲と歌手の正体が分かったわけである。今改めて聴いてみて当時の感動が蘇るのが分かる。J-POPのカバーだけあって、中国語の「我的心」が「私」に、「愛イ尓」が「会いに」に聴こえて仕方がない。ついでに言うと「Honey」は「哈イ尓」に聴こえるし、随所に「往心裡」など王心凌(ワンシンリン)に似た発音の歌詞があって面白い。

もちろん標題曲の「Honey」とか4曲目の「木馬屠城記」とかオリジナル曲も可愛いさ満点で聴いて楽しいナンバーであることは言うまでも無い。

私の手元には他に台北で買った孫燕姿の「Stefanie」もあるので、今の私は台湾ガールポップ通目指して一直線状態である。次はJOLINこと蔡依林のCDが欲しいところだ。この間梅田のタワレコで売っているのを見かけたが持ち合わせが無く買わずじまい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/12 (日) 01:53:15 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
王心凌(シンディ・ワン)の魅力を皆さんに伝えるため今日は朝から情報収集に励みました♪そしてやっと発見しました!【1024×768】の高画質壁紙を!!収集した画像72枚・・・1
2005/12/03(土) 19:52:45 | 情報起業家1年生ここにあり。
MTV中国はかなり楽しめるプログラムです。 ここでガンガンかかっていたのが王心凌(シンディー・ワン)。 PVがかなり可愛く作られていました。
2005/12/08(木) 23:47:58 | 映像と音は言葉にできないけれど
妻に激似(当社比)な芸能人をまた見つけてしまったRainie Yangというか台湾人に詳しい人に言わせるとRainie Yangは見た感じ台湾原住民はいってるそうで、そこでクメールとは太古に血のつながりがあるかもそんなわけでここ数日、台湾のアイドル映像をあさっていたら、王心凌
2006/05/02(火) 01:30:34 | モンスーン・アジアのあっしの舟
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。