スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去り行くものたち~阪神本線快速急行~
20090219235237
20090219235229
20090219235222
阪神なんば線開通に伴うダイヤ改正の最大の目玉は、阪神三宮と近鉄奈良を結ぶ快速急行の運転開始であるが、その影で、阪神本線梅田~三宮間をラッシュ時に走る従来の快速急行は姿を消すことになる。

この列車はもともと1980年代に梅田~三宮間で速達列車を増発するという狙いで運転が始まった列車(注)で、それまで1時間に5本の特急のみだった梅田~三宮間の優等列車は、特急・快速急行合わせて1時間あたり10本に倍増した。

1998年春の阪神梅田~山陽姫路間の直通特急運転開始に伴うダイヤ改正以降は昼間の運転こそなくなったものの、直通特急や特急の補完役を務める名バイプレーヤーとして朝夕ラッシュ時に中心に活躍してきた。

今回のダイヤ改正では阪神本線梅田~尼崎間での快速急行の運転がなくなるほか、尼崎~三宮間の停車駅も大きく変更される予定だ。

ちなみに改正で尼崎~三宮間の快速急行停車駅は以下のように変更される予定。

【現在】甲子園・今津・西宮・青木・岩屋

【改正後】武庫川※・甲子園・今津※・西宮・芦屋・魚崎
※武庫川は平日昼間と土休日のみ、今津は土休日のみ停車。

快速急行が停車しなくなる駅の一つ、岩屋駅はダイヤ改正以後は普通のみの停車駅に格下げとなる。快速急行・急行の停車がなくなる変わりにラッシュ時の普通の本数が増やされるとは聞くが、同駅の利便性低下が心配されるところだ。

(注)出典:千年の京にありて―鉄道“楽”千紫万紅― 鉄道ピクトリアル2001.4臨時増刊号178ページ

【写真】いずれも2009年1月20日、阪神梅田駅にて撮影
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。