スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ・コンチネンタル航空のDHC-8-Q400、住宅地に墜落
アメリカCNNの記事

ボンバルディアDHC-8-Q400。いわゆる「ボンバルディア機」。世界各国はもとより、日本国内でもJAL・ANAの子会社などで幅広く採用されているが、故障やトラブルが多く各方面で問題になっているターボプロップ旅客機である。ANAの子会社で使用されていたこの機材が、2007年3月に高知龍馬空港で胴体着陸事故(テレビで生中継された)を起こしてしまったのは記憶に新しいところだろう。

その「ボンバルディア機」が、ついに最悪の事故を引き起こしてしまった。
現段階で事故原因は機体のトラブルによるものか、あるいは悪天候や操縦ミスによるものかはまだ分からないが、乗員乗客48名と地上にいた1名の計49名の尊い命が失われたと言うことで痛ましい限りである。

最後になりましたが、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、事故原因の早期究明を願います。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。