スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秩父鉄道その1
20081130110922
寄居1145秩父鉄道羽生行き(5000系・5001)

寄居駅の秩父鉄道ホームは、昭和40年代初頭で時が止まった佇まい。

ホームの中央ではおばちゃんが切り盛りする立ち食いそば屋が営業しており、関東風の美味しい山菜そばで早めの昼食を済ませる。うどんは関西に、そばは関東に限るとつくづく感じさせる味だった。

そばをかきこんでから乗り込んだ羽生行き電車は5000系。元都営三田線で活躍していた6000系、先々週熊本の熊本電鉄菊池線で乗車したものと同じ車である。

途中寄居と熊谷の間で2つの珍駅名があったので紹介する。

・小前田(おまえだ)

・ひろせ野鳥の森
野鳥の森とはいうが、市街地の中、車庫のそばにあるロケーションからすれば一見場違いに感じる駅名。辺りをよく見回すと、緑地公園みたいなものがあるにはあったが。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。