スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2つの歴史的瞬間(その2)
 しかしこの試合でもし市船が勝っていても、それはスポーツ紙の一面にならなかっただろう。この日の夜、下宿に帰る直前実家でトヨタカップを見ていると突然ニュース速報のテロップが。またイラクでテロ?と思ったが、ある意味テロよりも重大な事件だった。
 
 「フセイン元大統領を拘束」どうせ誤報ちゃうん?そう思いつつ下宿到着後ニュースを見ることにする。画面の中には祝砲を上げ、旗を振るバグダッド市民の姿が映っていた。捕獲?されたフセインはヒゲがすごく、良く言えばサンタクロース。悪く言えば浮浪者みたいに見えた。それでも顔は奴そのものだったし、DNA鑑定の結果本人であることが証明されたようである。
 
 これでテロが治まってくれれば自衛隊派遣への障害も減るのだろうが、フセイン拘束の報復としてのテロがなくなりそうにないので今後も注意が必要である。ていうかそれ以前にビンラディンなどのテロリストが捕まらないと、アメリカの同盟国・日本の国民である私たちの不安は消えない。まあひとまず邪悪な独裁者が捕まって何よりだ。次はあの国の将軍を何とか…

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。