スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾旅行1日目08.8.9
20081115225104
2008年08月09日、エバー航空BR2131便(B‐16309・キティジェット2)にて台湾桃園国際機場に到着。

現地時間1450頃に入国審査を済ませて、手荷物受取場に移動したが、ここで待つこと30分超。200数十名の乗客の荷物が次々ターンテーブルを流れてくるなか、自分の荷物が現れたのは一番最後だった。

到着ロビーでチャイナエアライン利用の先輩と落ち合ったのは、15時30分過ぎ。

両替を済ませ、飲み物に無糖緑茶のペットボトルを調達したあと1605の国光客運バスにて台北駅へ。同行者は昼間の明るい時間帯に台北市内と桃園機場を結ぶリムジンバスに乗るのは初めてというので、沿道の風景を解説したり、お互いの近況について話をしたりして道中を過ごした。

17時ごろに台北駅到着。当初は同行者を誘って淡水か新北投へと観光に行くつもりだったが、時間に余裕がないうえ明日以降使用する列車のチケットを調達する必要があるため、計画を変更して台北駅でチケットを買い出した後ホテル近くで夕食をとることにした。

ここで自分は台湾国鉄の時刻表と、明日乗車する予定の台湾高鉄(台湾新幹線)台北から高雄(左営)までの指定券を調達することになった。後者についてはタッチパネル式の自動券売機で簡単に入手できたが、前者の調達に思いのほか骨を折った。「地球の歩き方」によると、台湾鉄路管理局の時刻表は駅構内のセブンイレブンで普通に売っているとのことだがどこの店員もnoあるいは没有とのこと。これでは働かない。

そこで次の手だてとして一階吹き抜け下の旅遊服務中心へ。英語が通じたので交渉を試みると、色黒の若い男性職員が親切にも駅構内の鉄道グッズ屋まで案内してくれた。

台湾には日本ほどの規模ではないとはいえ、鉄道趣味の文化がある。3年前集集線を訪問した時にも思ったが、近年はとみに鉄道グッズが急速に充実しているようで、観光地や主要駅では鉄道グッズを取り扱う店がオープンしている。

係員氏が女性の店員に事情を説明すると、時刻表はレジ横にあるとの由。かくして紆余曲折の末私は台湾鉄路管理局の時刻表を入手した。

待ち合わせ場所に戻ってみると同行者もほどなく現れた。何やら浮かない顔の同行者。
聞けば台北から花蓮、台東を経て高雄に至る東部幹線の列車の指定席が取れなかったという。ちなみに明日は日曜日。週末の東部幹線、特に本数の少ない優等列車に乗客が集中する花蓮~台東~高雄間の指定席は入手難になることが多いようである。

余談になるが、台北駅の構内を歩いている時にふと思ったのだが、すれ違った地元の女の子のなかに、日本の知り合いの女の子に似た子がいるような錯覚を覚えてしまった。

3年前初めて台湾を訪れた時に比べて、台湾の若い女の子たちのファッションもそれだけより一層垢抜けているということなのだろう。

切符と時刻表を調達し、地下鉄淡水線でホテルに向かう道中、「地球の歩き方」を紛失したことに気づく。記憶の糸を辿るに、おそらく駅の旅遊服務中心に置き忘れたということなのだろう。忘れた場所がはっきりしている分まだよかったと気持ちを切り替え、ホテルに荷物を置いた後、食事ついでに近くの書店で予備のガイドブックを調達することに、日本語の台湾観光ガイドブックはなかったが、香港人向けのガイドブックがあったので即購入した。これで何とか旅の指南役は確保できたようである。
(磁石とガイドブックを頼りにホテルへと導いてくれた先輩ありがとうございました。)

本屋に寄った後は、餃子の専門店で餃子とスープの夕食とする。こじんまりとした店だったが、日本語メニューが用意されており、豚焼き餃子、ニラ焼き餃子、蒸し海老餃子を注文し2人で分けることに。

スープもないと淋しいということで、僕は酸辣湯(酸っぱいあんかけスープ)、先輩は魚丸湯(あっさりしたつみれ入りの海藻スープ)を注文、お互いに味を比べてみたが、どちらかというと魚丸湯の方が落ち着いた味で日本人に合う印象を受けた。

餃子とスープでお腹はいっぱいになったが、甘いものは別腹、いや、デザートが欲しいということで、食後は同行者の先輩をパパイヤ牛乳専門店へ案内する。パパイヤと牛乳のほどよく甘いハーモニーを気に入っていただけた様子。

ホテルへの途中、福客多便利商店(コンビニ)に寄って部屋で飲む用の台湾ビールと黒松沙士を買い出す。台湾のコンビニでは環境保護の一環からポリ袋が別料金になっているため、買ったものはそれぞれの鞄の中に入れて運ぶことにする。

ようやく帰りついた部屋で、ビール片手に談笑したわけだが、部屋のテレビから流れるピンキーのCMソングが桃太郎の歌だったのには思わず笑ってしまった。日本統治時代が終わってから今年で63年にもなるのに、台湾の人の間では未だに日本の童謡や昔話が語り継がれていたりするのだろうか。

テレビのチャンネルを少々いじってみると、CNNニュースが北京オリンピックとグルジア紛争の情報を伝えていた。女子柔道の谷亮子、ママとして初の五輪では銅メダルだったとのことである。

【写真】エバー航空A330‐200 "Hello Kitty Jet 2" (B‐16309)
2008年8月9日、関西国際空港にて撮影
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。