スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別府小倉旅行記その2
20080608104838
・ラクテンチケーブルカー(岡本製作所)
戦前に建てられた駅舎と戦後すぐに造られた車両を見事なまでにキュートにお化粧直し。特に駅舎のメルヘンチックな雰囲気は、先日乗車した生駒ケーブルの車両もびっくりである。

山の上の遊園地「ワンダーラクテンチ」は、今や貴重な存在となった昭和レトロを感じさせる雰囲気の遊園地。あひる競走という全国でもここにしか現存しないのではないのかと思う時代離れしたアトラクションが印象的だった。
折り返しまでの間、動物を見たり、ゲームコーナーに入ったりして時間を潰す。ゲームコーナーでは電車でgoの中央快速が入ったバージョンがあったのでついついやってしまった。御茶ノ水で停止線ぴったりに電車を停めた以外は散々な運転だったが…

・竹瓦温泉
別府市中心部のけばけばしい歓楽街の中にある、明治生まれの癒やし空間。昔の大社駅や二条駅みたいな厳かな造りの日本建築のなかでしばし湯浴みを楽しむ。

・鉄輪温泉
地獄巡りと鄙びた街並みで有名な温泉街。町のいたるところから硫黄泉の煙が吹き出していた。
あいにく時間が遅かったため、お目当ての地獄はピラニアが飼育されている白池地獄しか見学できず…

・明礬温泉
鉄輪で会ったタクシーのおっちゃんに案内されるがままに、山間の硫黄地獄へ。高速道路から丸見えの露天風呂でしばし寛ぐ。

そういえば立命館アジア太平洋大学って鉄輪温泉や明礬温泉よりもさらに駅から離れた場所にあるんですね。

今は別府0922の特急ソニック16号(クモハ883-8)を行橋で降り、平成筑豊鉄道田川線の列車に乗車中。次は犀川。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。