スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年夏季五輪招致レース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000313-yom-spo
2016年夏季オリンピックの開催を目指し、このほど7つの都市がIOCに立候補を届け出た。
・東京(日本)
・バクー(アゼルバイジャン)
・シカゴ(米)
・ドーハ(カタール)
・マドリード(スペイン)
・プラハ(チェコ)
・リオデジャネイロ(ブラジル)

本音としては、日本国家の威信を賭けて東京へのオリンピック誘致を成功させ、国民一同でもう一度夢を見たいところである。だが、この春に卒業旅行でドーハ経由でヨーロッパを周遊してきた身としては、潤沢なオイルマネーを元手にしたリゾート開発が話題のドーハや、東欧の京都とも言うべき美しい街並みを誇るプラハでの夏季五輪を見たいと思うのもまた人情である。

そういえば、7月に2014年冬季五輪の開催地がロシアのソチに決まったのは正直残念だった。

何故か?

・もし韓国の平昌がこの大会を誘致していたら?
大半の日本人が夜更かしや早起きをせず、テレビ観戦を楽しめた。いや、韓国開催と言うことは、欧米で開催される場合と違って直に観に行くのも容易かったろうと思う。

・もしオーストリアのザルツブルクがこの大会を誘致していたら?
各国のサポーターや選手団が観光を楽しんだことだろう。また、現地に行けない人々も、オリンピックテレビ中継の途中に挿入される美しいザルツブルクの街並みに癒されたことだろう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。