スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇治山田駅
20070812121845
1931(昭和6)年に参宮急行(現在の近鉄大阪・山田線)の終着駅として開業した伊勢市の玄関口。伊勢神宮最寄り駅というわけで、現在も伊勢志摩発着の近鉄特急がほとんど停まる重要な駅である。

到着後しばらく、開業当時に建設された駅舎内をぶらついてみた。駅舎が建設された当時はお伊勢参りが国からの奨励もあり、盛んに行われていた時代。神都宇治山田の新しい玄関口にふさわしい駅舎をというわけで写真のような壮麗な内装の建物が建設された。

できあがった建物は、神社の最寄り駅なのになぜかスペイン瓦や陶製タイルを用いた洋風建築。それでも神鏡があしらわれた陶製タイルが、この駅が神社の玄関口であることを静かに主張していた。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。