スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ICEとTGV・二大スター共演
http://www.sankei.co.jp/kokusai/europe/070526/erp070526002.htm
先日のヨーロッパ旅行で、ベルリンからパリまで高速列車を乗り継いで移動する機会があった。ベルリン~ケルン、ケルン~ブリュッセルはドイツのICE、ブリュッセル~パリはフランスのタリスと2回も乗換えを強いられ、乗り換え時間を除いた所要時間は約8時間。ケルンからパリに直通する列車もあるにはあるが、この列車を使った場合でも、パリからケルン以東のドイツ各都市へ行くには最低1回の乗換えが必要だった。

この状況が、今夏にパリからアルザス・ロレーヌ地方&ルクセンブルクへの高速新線が開業することによって大きく変化する。パリとフランクフルトの間をICEが、パリとシュツットガルトの間をTGVがそれぞれ最高時速320キロで走り、既存の航空路線に対抗するらしい。

まだ執筆途中
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。