スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴィッセルFC東京戦
20070429204727
昨日の試合は0-0のスコアレスドローに終わった。

つまり負けなかっただけ良かったのかなあという内容の試合だったわけであるが、GK榎本やDF北本をはじめとする守備陣が奮闘し、今季初の無失点試合となったのは嬉しかった。一度相手チームにあわや先制点を許しそうな状況になったが、よくぞ防いでくれたものだ。

また、この試合から足指の骨折で開幕早々戦線を離脱していたエース三浦淳宏が復帰したのも明るい材料である。

ともあれ、これで開幕以来のホームでの無敗記録がまた一つ伸びた。大久保も来たことだし、今年こそは残留争いではなく、もう少し上で戦って欲しいものである。

ちなみに昨日の対戦相手だったFC東京、いつの間にかジュビロ磐田からの移籍者が目立つチームになっていたとは。金沢浄、川口信男、そして今季から加入した元日本代表の福西崇史が青いユニフォームを着て活躍中だ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。