スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
角界重大ニュース2006
・白鵬大躍進も綱取りならず

優勝一回、優勝同点一回、優勝次点二回ということで、朝青龍の存在を別にすると今年は白鵬の年だと言っても過言はないだろう。それだけに5月の優勝と名古屋の優勝次点が続いた後、横綱審議委員会への推薦が見送られたのは残念。

・力士による暴力沙汰相次ぐ
名古屋場所では露鵬が千代大海と口論した後大暴れ。風呂場のガラスを割り、カメラマンを殴って負傷させた。
秋場所では勤続25年の大ベテラン・琴冠佑が幕下の取組で張り手を食らったことに激高し、対戦相手の勢を殴打した。もともとこの場所限りでの引退を決めていたとはいえ、この一件によって、長い相撲人生の最後に自ら泥を塗る形になってしまったのは残念でならない。

サッカーのジダンもそうだが、スポーツ選手が感情が高ぶるあまり、スポーツマンシップに反する行為をしてしまうことは言語道断である。正々堂々と闘志をむき出して真剣勝負に臨むことは当然であるが、それとは別に守るべき礼儀や道徳はしっかり守ってもらいたい。

・日本人若手力士の躍進目立つ
特に86年度生まれの力士の活躍が目立った。稀勢の里が新三役を決めたのに始まり、栃煌山・豪栄道の高校相撲のライバルが相次いで関取になった。来場所栃煌山は十両二枚目。19歳での幕内昇進が目の前である。
この他83年度生まれの琴奨菊と81年度生まれの豊真将が九州場所で初の三賞に輝いた。九州に新しいご当地力士が現れたことで、魁皇の引退後も一安心であろう。

・把瑠都旋風
大阪場所で北の富士以来実に43年ぶりの十両全勝優勝を達成し、翌場所も新入幕ながら優勝戦線に絡み三賞受賞と大活躍した。ただ依然相撲の形に粗さが残り、秋場所は途中休場→負け越しという試練を味わった。これからじっくり相撲の取り口を覚えて、大成して欲しいものである。

・容赦ない昇進見送りが相次ぐ。
最近審判部がやけに厳しい。白鵬の件もそうだったが、名古屋場所では雅山も大関復帰を見送られた。やはり過去に一度大関から陥落した経験がマイナスになったようである。
あと忘れられないのが5月場所、幕下付け出しデビューの場所でいきなり全勝優勝した幕下の下田。彼は場所後に十両昇進を見送られて以来不振に苦しみ、今後が心配である。
最近では琴奨菊の新小結見送りというのもあった。

その他
吐合の悲劇
一昨年の学生横綱が度重なる大怪我のため、ついに番付外に陥落。復帰は新年の5月以降になる見通しという。不運にめげずにカムバックして欲しいものである。

幕下のマスコット?柳川今年も大活躍
勇み足・一時的に部屋頭復帰・名古屋場所幕下優勝次点などなど

戦後初の台湾巡業
おかげで台湾に行ったら現地の学生に相撲ネタが通じました☆

旭鷲山引退
モンゴルで素晴らしい政治家になってください。日本で影ながら応援してます☆
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。