スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交流戦(過去ログ2005-5)
久しぶりに野球をじっくり見ることができた。テレビ大阪で放送されていた札幌ドームでの阪神日ハム戦。御存知日ハムには元阪神の坪井・SHINJOが在籍し、古巣対決として注目されていたこのカード。2戦を終えて五分五分で最終戦を迎えたわけだ。

序盤は阪神先発新人の能見と日ハム先発の江尻が見事な投手戦を繰り広げる。能見は1回早々からデッドボールやフォアボールが重なりピンチに襲われたが、守備の協力もあり何とか相手の攻撃を食い止めた。それなのに中々打線の援護が無いので困ったものだと思いしばしやきもきする私。

しかしそんな不安は今岡様が吹き飛ばしてくれた。6回表に待ちに待った2ランホームラン。続けてスペンサーも8回表にタイムリー。4-0で日ハムを突き放す。これで能見のプロ初完封まで秒読みか?となった。

だが世の中はそう甘くない。勝利を目前にした9回裏にオバンドーのソロホームランを浴びてしまう。しかし完封こそ逃したものの、能見は9回を投げ切り阪神は見事4-1で勝利を収めた。

この日は他にも全国各地で熱戦が繰り広げられた。横浜ロッテ戦では絶好調のロッテが、18-0の記録的大勝利。相手が楽天だともっと取れていたろうとはロッテファンの後輩の弁。その楽天と巨人の裏日本シリーズや、新生オリックスバファローズの中日戦勝ち越しなど野球ファンにはたまらない一日になったと言って間違いないだろう。

野球に隠れて余り注目されなかったサッカーでは、最下位に苦しむヴィッセル神戸がジュビロ磐田に引き分け、ようやっと連敗を止めた。かつて清水エスパルスなどで采配を振るった名将レオン氏の監督就任による効果が少しずつ出て来たようである。
それにしても先月ホームでの鹿島戦連勝(リーグ戦)が止まったのは残念だったなあ。今の鹿島が強すぎるからだろうが。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。