スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遂に乗りました
 今日は早めに起きて某サークルの最終原稿を仕上げたが、最後のまとめがうまく行かず、2限に大遅刻する結果になった。教官様、NF終われば遅刻しないので勘弁して下さい!

 今日は4限が終了してから用事のため実家に帰ることになっている。よく遅れる市バスに乗って四条河原町に到着。ここの大型カメラ店で修理に出していた愛機を引き取り、阪急の駅に向かう。
 
 学生班の方々が立っておられるホームには十三、梅田に先着する快速急行が待っていたがその車両が何と先月デビューしたばかりの9300系だった。神様ありがとうございます!と思って乗車し、先頭車の空いている座席に座る。ただ、経費削減のためか座席の座り心地は従来の6300系には劣るようだ。この座席、どこかで見たことのある形だなあと思ったらJR九州の近郊型電車813系のものにそっくりだった。但しJR813系(一部を除く)の座席が赤地に黒の豹柄という水戸岡鋭治デザインらしいケバいものであるのに対し、阪急9300系の座席は阪急らしい上品な緑色である。
 
 発車してみるとモーター音は従来車の中で最新の8000系列と大きく異なっていた。そりゃ8000系が登場してからもう14年も経ったんだしVVVFも進化するわ。あと、側窓が大きいのはJR九州の815系・817系譲りであろう。屋根の形状なんかもJR九州のマドンナ・885系の前頭部の屋根に似ている気がした。

 ところで、阪急9300系がここまでJR九州の車両に似ているのには訳がある。同社を製造したメーカーがJR九州の多くの車両を手がけている日立製作所であるからだ。戦後の阪急車両の大半を製造した由緒正しいアルナ工機が鉄道車両製造から撤退した今、次期の新車を日立製作所に頼むとは阪急も粋なことをするものだ。もっとこんな新車を発注してくれと思わずにはいられなかった。もちろん京都線だけでなく、神戸・宝塚線にもである。

 用事を済ませた後は実家に引き揚げ、Nステと探偵ナイトスクープを見て寝た。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。