スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この1年~恋愛編~
おそらくここを読んでいる皆さんのうち、某大学某学部の方は帰省や旅行やらでブログを見られないことだと思う。しかし書いておきたい。

こんどは恋愛の話。
去年の俺は、はっきり言って女の子に恵まれなかった。
一見チャンスがありそうなボランティアサークルでは下心なんか見せてはいけないし、そもそも友達作りから始めようと言うスタンスだったからそう言う話はまったくなかった。
ましてや学部の女の子は2回の時点で9割以上が彼氏持ち、新規参入など望めるわけがない。ましてや俺自身1回生の時のトラブルに起因する重度の人見知りや、大学のサークルが男子ばかりということもあり学部の女の子とは無縁な毎日を過ごしていた。

ところが今年は3月の台湾での出会いに始まり、5月の合コン、ボランティアでのつながりと次々に出会いのチャンスが到来した。言ったら人生のモテ期到来である。
しかし台湾の子は、、、中国語でしょっちゅう手紙を書く時間がない。
合コンの子は、、、喧嘩して音信不通。浪人→喧嘩→音信不通って前にもあったなあ。
とことごとく話は消滅。

別の人だけど、実は人生初の告白もしたんだけどねえ。(ため息)

結局終わってみれば去年と同じ。

ちなみに学部の女の子はみんな彼氏持ちなので新規参入不可能でした。うちの学部、電車男の白石美帆みたいなタカピー女もざらにいる学部なのでもはや男女関係で何も期待するものはないですが。念のため言っておきますが、もっともそういう性悪女ばかりではなく、某おたく系サークルの学祭展に来た子もいたりするのですが。

好きな人がいたのに、デートらしいデートができなかった俺は1983年生まれの日本人の中で最下層、負け組の極致かもしれない。惨めな日々が続く昨今である。
俺の親友には彼女持ちの人間が普通にいて、向こうの親御さんにも気に入られていると言う。またソーシャルネットワークで知った話だが、ある知り合いがいつの間にか彼女持ちのチャラ男になっていた。結局いじめっ子の言うことは正しくて、自分には一生彼女ができることはあり得ないのだろう。原爆投下直後の被爆地に、「永久に草木は生えない」と言われたように。

とにかくこのまま彼女が出来ないことには、水商売頼りの生活がいつまでも続くことであろう。だれかが合コンに誘ってくれない限り。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。