スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奇跡の生還(過去ログ2004-10)
 1限は今日も寝倒し、3限もほとんど聞き流して大学を後にした私。「ザ・ワイド」の災害報道でも見ようと思いテレビをつけると… 

 各局で「土砂崩れ現場に生存者」の報道特番が放送されていた。地震発生から行方不明になっていた小出町の家族3人が乗った車が長岡市の土砂崩れ現場で発見され、中に生存者がいたということ。既に2歳の長男が救助され、病院で手当てを受けておりあとの2人も生存反応との情報。というわけで勉強しながら救出活動を逐一見守る。しかしあとの2人の救出活動は難航の様子。途中何度も余震で中継画面が揺れた。5時ごろようやく母親も救出。ところが…

 「母親は心肺停止」の報道が流れる。えっ、さっきは「消防隊員の呼びかけに反応した」とか言っていたのに…。画面にも一時「3人生存」って出ていたのに。後で知ったことによると、後の2人の心音確認だとか、母親が応答したとかいうのは全て情報が錯綜する中生まれた誤報であったようである。結局母親は死亡が確認された。残る3歳の長女の救出作業は夜も続く。
*(編者注)その後長女真優ちゃんの死亡も確認された。二次災害の恐れなどから、長女の遺体搬出には慎重な作業と長い時間を要した。一方、奇跡的に助かった長男優太ちゃんはその後順調に回復し、地震からまもなく1年になろうとしている現在仏壇の母と姉にお茶を供えているという。
なお、この一連の救出劇はドキュメンタリー番組や読みきり漫画になり、現場については先ごろ保存の方針が決まったという。(2005・10・21)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。