スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母校文化祭
3つ下の後輩と、神戸市某所にある母校の中高の文化祭に行く。駅のコンビニで差し入れを購入し、激動の6年間毎日登り続けた坂を通って懐かしの学び舎へ。

いやな奴に姿を見られるのを避けたかったので、自分の属した文化部と隣の鉄道同好会を見て、部の後輩と駄弁ったら帰ると言う「お忍び」訪問になった訳だが、なかなか楽しい時間を過ごせた。俺が高3の時中1、中2だった後輩が立派に成長した姿を見れて何よりだ。高3の時の中2なんかもう受験生、早いものだ。そして今年の中1は1つ上の先輩から見れば10歳下…この前平和台球場のネタでも書いたように時代が過ぎるのも本当に早い。

途中職員室にお邪魔する機会にも恵まれた。普通職員室と言うと教師に叱られた苦い思い出の場であることが多いが、俺にとっては気の合う複数の教科担任に愚痴を聞いてもらったり、彼ら彼女らとの雑談を楽しんだ場としての思い出の方が強く印象に残っている。そんな恩師たち数人に会えて本当に嬉しかった。立場上同窓会に出る気になれない身としてこの再会がいかに大きい意味を持つものであったかは、いじめ被害者ならある程度分かるかもしれない。

20日に執筆
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。