スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長門市行きは待ってくれなかった
長府駅にて

8月19日~20日
路上教習と実家での夕食の後、新大阪駅から夜行快速「ムーンライト九州」に乗車。毎度のことなのだが夜行快速は夜の時間を有効に使えるのが嬉しい反面、昼の列車と同じような普通の座席で寝るのが難儀なので困る。

かくして一路西下を開始した列車だったが、姫路で接続列車待ちのため予定よりも長く停車した。「ムーンライト九州」は停車駅が少ないので、途中飛ばせば簡単に遅れを取り戻すことができるだろうと思いその時点では特に何も気にしなかった俺だったが…

翌朝、ひどい寝不足の状態で下車の支度を始めていると、「当列車は25分遅れで運転しております」とのアナウンス。何?でも下関5時47分発のの山陰線長門市行きは待ってくれるだろう。そう信じる俺を乗せた列車は下関の市街地に近づいていた。そこへ無常にも次のような放送が…「5時47分発山陰本線長門市行きは接続しません。次の列車を御利用ください。」何だよ、これでは今日の予定を一部カットせねばならないではないか。次の列車までまだ1時間近くあるよ。それまで退屈だ。近くの駅でも巡ろうか?

てなわけで翌朝6時15分頃、私はこんな所にいた。下関市内の城下町、競艇でもおなじみの長府。

実際の行程
新大阪―(ムーンライト九州)―下関―(山陽線)―長府―(山陽線)―幡生―(山陰線)―長門市―(山陰線)―益田―(山口線)―津和野
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。