スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待ちに待った路上教習
いよいよ待ちに待った?路上教習の時間がやってきた。このようなことがないように、弟や妹には教習所が比較的空いている春休みの免許取得を勧めるつもりだ。車両各部を点検したあと、念願の?路上に出る。教習所の前の道は結構幅が狭いのだが、案外すんなり入れたと思う。それから2度右折して幹線道路へ。

ところが幹線道路で2つの大きな問題が発生する。速度のメリハリが全然付けられない。後続車が次々隣の車両通行帯に入り追い越しにかかる。おやおや、どうも速度計に目が行かず知らぬうちに速度が大きく落ちていたようである。俺はチキンではないぞとばかりに気合いを入れて速度を上げる。すると「君、出し過ぎと違うか」と教官の注意が。結局今日は車の流れに上手く乗れぬまま教習が終わってしまった。

あと、京都の道路は路上駐車が多いこと甚だしい。おかげで数回の進路変更を強いられる。教官無しには進路変更のタイミングを図ることなどとてもできない路上教習1日目でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。