スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネパール館
館内ではインド館のようにお香の演出が我々を待っていたが、ここのお香には家畜のような匂いが混じっていた。山岳遊牧国家のネパールらしい心憎い演出である。壁には国王夫妻の肖像が掛かっていた。

ここは物産の陳列・販売と軽食喫茶がメインのようで、我々3人はラッシーとマンゴージュースで水分補給。台湾旅行以来マンゴー好きになった俺だが、今回はラッシーで喉を潤すことにした。

ところでネパールの料理は名前が面白いものが多い。カウンターのメニューにはチャウチャウという犬のような名前の焼きそばやモモという果物みたいな名前のものが書かれていた。同行の先輩が興味もあってモモを注文、皆で食べることにする。出てきたのはスパイスのソースをつけて食べる小籠包位の大きさの餃子。気になる味はカレー味の餃子を想像して頂けたら分かると思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。