スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2回生の始まり(過去ログ2004-4)
昨夜は3月分の給料に満足して0時ごろ夢の中に入ったのだが、結局2度寝してしまいサークルの新歓に遅れてしまう。皆さん御迷惑をおかけしました。

さて、この大学では毎年新入生のためのサークル紹介行事が3日間にわたり執り行われる。派手な女の子のいるサークルがついつい羨ましくなったりしたが、入学前から某サークルへの入会を切望している将来有望な若者の登場を期待したい。思えば私もその1人だった。

それにしても新歓となると他のサークルの人間と普通に会うわけだ。昨年度すれ違いを起こした人や高校時代私を馬鹿にした連中に会うのはマジで気分が悪い。ああ、また苦痛な学部生活が始まるのか。苦痛な授業と楽しいサークル活動・汽車旅・旅客機撮影・カラオケ・音楽鑑賞とバイトへの精進が繰り返されると言うわけだ。まあ人間いい事といやな事がサイクルを作っていて自然でしょう。それにしても試験に通るのは人格的適合者でなく成績的適合者ということを改めて思い知らされたなあ。予備校時代の天使のようなあの娘と数人の男子がこの大学に来れず、ああいう苦手な人間が多数この大学に来たのだもの。
 
そうそう、この間のモノポリーの敗因はスタート時のお金の配分ミスも原因だったらしい。安心したので次はまずまずの勝負がしたい。

夜は星野仙一・原辰徳両氏解説のセリーグ開幕戦・阪神巨人戦を観戦。試合のほうは投手戦の後8回に阪神が連打で逆転。岡田阪神の本格的船出にふさわしいゲームとなった。開幕で躓く阪神を見慣れた者にとってはこんな試合を続けてもらうと非常に心強い。星野氏も「これは優勝争いに食い込めるかも。」とおっしゃった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。