スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3大人気番組の終焉(過去ログ2004-3)
 部屋にこもってインターネット、何とも不健康なものだ。読書も紀行文書きも気が進まない。

 でも今夜は3つのお気に入り番組の最後を見届けなければならない。まずは1985年開始の人気ニュース番組「ニュースステーション」。私が小4の頃から時々見るようになり、高3からは毎日見ていた番組である。なんか地震の時に地元のサンテレビからニュースステーションが放送されたり、安室奈美恵がゲスト出演したりしたことが懐かしく思い出される。もちろんアイドルよりは犯罪被害者の本村洋さんを呼んだり、アフガンの現地ジャーナリストから生の声を聞いたりした社会派の姿勢が大事なのだが。報道姿勢や所沢ダイオキシン事件の報道で叩かれたりもしたが、大衆が親しみやすい語り口で時事問題についての情報を伝えた功績は大きい。スポーツニュースも良かった。サッカーの川平慈英氏を見る機会が減って残念だ。

 そういえば、真中瞳ってどこに行ったのだろうか?

 Nステもいいが、金曜の私には「奥さまは魔女」の方が大事。結局米倉涼子と娘が娘の教育のために魔界に行き、一家は離れ離れになってしまった。それでも夏木マリ演じる米倉の母親と原田泰造が和解したところや、原田の取引先の女部長までもが行方不明の彼を探したところが感動ものだった。ちなみに今日は原田泰造が娘の魔法で一時小人にされてしまった。ご愁傷様です。

 最後は松任谷正隆・藤原紀香の「FUN」。藤原紀香のファッションと最新のヒット曲が同時に楽しめる素晴らしい歌番組だったが、スポンサーがああなってはねえ。「今週の紀香チェック」も今日でおしまいか。ラストは松任谷正隆氏のピアノで紀香とゴスペラーズが荒井由実の「卒業写真」を合唱。これで楽しい番組がまた…。

 思えば、予備校で大切な女性と私が知り合ったきっかけが2人とも「藤原紀香&矢田亜希子ファン」ということだった。彼女自身も「私は藤原紀香を目指しているのよ」と公言し、彼女の著作「藤原主義」を読んでおりよっぽど紀香に憧れている様子。そんな彼女からここ1ヶ月連絡が無く時々辛くなる。まあそっとしておこう。

 さて、明日は出かけるつもり。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。