スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神タイガース、西岡剛内野手を獲得
プロ野球千葉ロッテマリーンズの正遊撃手として、2005年と2010年の日本一に貢献した後、アメリカ大リーグのミネソタツインズに移籍。しかし僅か2年で自由契約となり日本球界に戻ることを決めた西岡剛内野手。

その西岡内野手は、古巣千葉ロッテマリーンズ、地元関西の阪神タイガース・オリックスバファローズと3つの球団からオファーを受けていましたが、最終的に子ども時代から憧れだった阪神タイガースを選択。
今日無事に入団会見が行われました。

背番号はロッテ時代と同じ「7」。2年契約で年俸総額4億円+出来高。

5カ月後に開幕する来シーズン。スピードスター西岡剛が憧れの甲子園で、選手の好不調には何かと敏感な関西の阪神ファンを前に見事な復活劇を果たすのが待ち遠しくて仕方ありません。

ただ、今回の西岡内野手の移籍で気になる点が2つあります。
昨シーズンその俊足と好打で頭角を現した二枚目の上本博紀内野手、俊足なうえに内野も外野も器用にこなす大和内野手といった若手生え抜き選手の出場機会が減ってしまうのではという懸念があります。大型補強もいいですが、せっかく久々に出てきた生え抜きの若虎のチャンスを奪うようなことがないようにして欲しいものです。
また、海外移籍を考えるも、阪神残留を選択した鳥谷敬内野手との正遊撃手争いも予想され、来季開幕時の阪神タイガースでは内野外野問わず例年になく厳しいポジション争いが繰り広げられそうです。

それから、背番号「7」を西岡内野手に譲り渡す俊介外野手。和田政権下でやや出番が減っているおり心配されているので、新背番号「40」を付けて心機一転奮起と行きたいところです。
スポンサーサイト

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。