スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大型トレード3連発
既報の通り今年のプロ野球は、読売ジャイアンツの3年ぶり日本一という形で幕を下ろしました。
日本シリーズの余韻冷めぬ中、昨日発表された2つのトレードは、いずれも衝撃的なものでした。

・読売ジャイアンツの東野峻投手と山本和作内野手、オリックスバファローズの香月良太投手と阿南徹投手が2対2でトレード。

近鉄戦士の1人であり、主に中継ぎとして試合の要所要所を締めてきた香月投手。
今季はやや酷使されがちで、調子も崩し気味でした。それだけに来季の巻き返しに期待していたのですが、突然のトレードにオリックスファンとして正直びっくりしました。
巨人ではどういう起用になるか分からないですが、今年悔しい思いをした分しっかり活躍できるように応援したいところです。
代わってやってくる東野投手は、先発として2ケタ勝利を挙げた実績こそあるものの、ここ2年は低迷気味でした。先輩である木佐貫投手のいるオリックスで、勝ちを稼げる先発として再スタートを切れればと思うばかりです。
山本内野手は、故郷関西に帰って一旗上げられるかかというところです。

・横浜DeNAベイスターズの吉村裕基外野手、江尻慎太郎投手、山本省吾投手が福岡ソフトバンクホークスの多村仁志外野手、吉川輝昭投手、神内靖投手と3対3でトレード。
ソフトバンク側では当初は大場翔太投手がトレードの駒に使われるのではという報道がありましたが、これは幻に終わったようです。
代わって多村外野手が古巣横浜に復帰。横浜時代は度重なる故障に苦しんでいた多村外野手ですが、ソフトバンクではそういった故障は減り、チームをリーグ制覇や日本一に導きました。ソフトバンクでスペランカーを返上し、日本一を勝ち取る中で得たものを、古巣横浜の後輩たちに還元して欲しいものです。
吉村外野手は、今季開幕前にラミレス外野手から受けた指導を上手く活かして、今度はソフトバンクで強打者になって欲しいものです。
近鉄戦士で、オリックスでも長く活躍した山本投手は、DeNAでは開幕投手を任される経験こそあったものの、あまり目立った結果を残すことができませんでした。一ファンとして、ソフトバンクで努力が報われることを心から願います。

なお、福岡ソフトバンクホークスがらみではこの他、オリックスバファローズの寺原隼人投手のFA移籍による復帰が濃厚になっているという報道もあります。
私と同い年の寺原隼人投手。オリックスでの2年間、2ケタ勝利を記録したり、阪急復刻試合でマエケンに投げ勝ったりといろいろ熱い試合を見せてくれました。プロ生活11年目を終えた今、通算3度目の移籍を迎えるわけですが、プロ入り後最初に所属したソフトバンクでの再びの活躍に期待したいものです。

そして今日、オリックスバファローズの山崎浩司内野手と、埼玉西武ライオンズの原拓也内野手のトレードが決定。
香月投手に続き、近鉄戦士がまた一人オリックスを去ることになりました。
山崎選手の新天地への旅立ちを応援するとともに、原選手のオリックスへの貢献に期待したいです。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。