スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京阪京津線京津三条~御陵間お名残り乗車の体験
【日程】1997年9月23日(火・祝)
【行程】自宅最寄り駅→(阪急神戸線普通梅田行き)→十三→(阪急京都線特急河原町行き)→河原町…(徒歩)…四条→(京阪本線普通出町柳行き)→三条…(徒歩)…京津三条→(京阪京津線準急浜大津行き)→浜大津→(京阪京津線準急京津三条行き)→京津三条…(徒歩)…三条→(京阪本線特急淀屋橋行き)→四条…(徒歩)…河原町→(阪急京都線特急梅田行き)→十三→(阪急神戸線普通三宮行き)→自宅最寄り駅
完乗した路線…京阪京津線

この年10月12日の京都市営地下鉄東西線の開業に伴い、京阪京津線の京津三条~御陵間が前日の10月11日限りで廃止されるということで、お名残り乗車に出かけることに。
行程は現在はバスターミナルとして整備された京津三条駅から準急(往路600形613F・復路700形703F)に乗り、浜大津までに単純往復するという至ってシンプルなものだった。
秋雨の中、2両編成とあり混みあった準急電車の車内から京都市街地の路面区間に始まり、碓氷峠顔負けの66.7パーミル区間に代表される東山越えの急勾配、京都と滋賀の府県境近くの山岳トンネルを経て大津市内の路面区間に至る変化に富んだ車窓を堪能した。
浜大津と京津三条では何枚か写真を撮影したが、あいにくの天候と未熟なカメラ技術のためあまりいい写真を撮影することができず悔しい結果に。
それでも準急列車として京津線を行く700形や、京津三条~御陵間の廃止区間と運命を共にする予定の80形による普通電車の最後の活躍を見届けて、大満悦のうちに帰途に就いた。
今にして思えば、全廃を目前に控えていた名車・80形に乗っておかなかったことが悔やまれてならないが、京津三条駅に出入りする最後の姿を目にすることができただけでも十分幸福だったのではと思うところである。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。