スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お疲れさまでした北川博敏選手
お疲れさま北川選手

阪神タイガース、大阪近鉄バファローズ、オリックスバファローズの3球団で計18年間にわたり捕手・内野手として活躍した、オリックスバファローズの北川博敏選手。

今をさかのぼること11年前、2001年9月26日の大阪近鉄-オリックス戦で、球界史上初となる「代打サヨナラ逆転満塁優勝決定ホームラン」を放ち、一躍有名になった選手です。
大阪近鉄の消滅後、後継球団のオリックスに移り、晩年はアキレス腱の断裂など怪我に泣きましたが、それでもチャンスに強いベテランとして、チームのムードメーカーとして、多くの同僚やファンに愛された選手でした。

その北川博敏選手が、10月7日(日)京セラドームで行われた今季本拠地最終戦のオリックス-埼玉西武戦を最後に現役引退するということになりました。
オリックスの応援を始めた2006年当時の主力選手で、パ・リーグのファンになったきっかけとも言うべき選手だから、どうしても最後の雄姿を見届けたいということで急遽現地参戦することに。

北川選手はこの試合には「5番 ファースト」として先発出場。5回の裏に埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手から2点タイムリーヒットを放ち、有終の美を飾りました。
この他チームメイトの李大浩、T-岡田、宮崎祐樹にもタイムリーヒットが出て、終わってみれば7-0と埼玉西武に大勝。今季の本拠地最終戦と功労者の引退を、ともに白星で飾ることができました。

試合終了後は北川選手の引退セレモニー。
かつてスタメン紹介の際に流された映像や、阪神タイガースでプロデビューを果たした時の初々しい映像に続き、友人のハイヒール・モモコさんや大先輩の福本豊さん、近鉄時代のチームメイトである中村紀洋内野手とローズさんのビデオメッセージに続き、北川選手直々のスピーチ。
野球に巡り合わせてくれた両親や支えてくれた妻子、ともに戦ったチームメイトへの感謝を涙ながらに語る北川選手の姿が印象的でした。

スピーチ後は金子千尋投手、2人のお子さんからの花束をいただき、その後チームメイトからの胴上げを受けました。
胴上げの後、北川選手はグラウンドを半周し、駆け付けたファンたちに直々に別れを惜しんだわけですが、グラウンド上の北川選手に対し我々ファンは何度も近鉄時代から歌いなれた応援歌を歌い続けました。

「♪奇跡を呼び込む男 笑顔で決めろ 快音響かせ 白球飛ばせ高く~」

2006年、初めて生観戦したオリックス-西武戦での終盤の反撃。2010年の交流戦でのホームラン量産、2011年広島戦での同点タイムリー、巨人戦でのサヨナラホームラン。子どもの頃憧れた阪急のユニフォームを着て臨んだ、現役最後の年の広島戦…
北川選手との思い出は数知れません。

最後に、北川選手、18年間の現役生活お疲れさまでした。今まで思い出と感動の数々、ありがとうございました。来年からはコーチとして、後輩たちを素晴らしい選手に育て上げてください。

参考ブログ (●`・∀・`)オリVS西武戦~北川選手お疲れ様(´・∇・´○)(おくにとらプー様)
http://torapu.blog116.fc2.com/blog-entry-2471.html
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
北川博敏選手の引退試合&セレモニーへ行ってきました。 引退が発表された、10月3日に更新したこのブログの記事 でも書いているとおり、10年以上にわたって応援し続けてきた大好きな
2012/10/11(木) 14:44:23 | 授業者日記
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。