スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名古屋1day trip~携帯と近鉄の無い旅~
実家を朝8時頃に出る。途中新大阪付近で携帯を忘れたことに気付く。まあ日帰りなので数少ない公衆電話に頼れば何とかなるだろう。
JR東海の快速との接続が悪い米原からはこだまに乗り、10時半過ぎ名古屋着。今日は万博5日目。8番線は万博行き列車のホームになっており、広い自由通路には万博総合案内所が設営されていた。
ここからもう新名古屋ではない名鉄名古屋駅に移動し、まずは知多半島の先端を目指す。特急パノラマスーパーで前面展望を楽しみつつ知多新線終点の内海で下車。すぐの電車で折り返す。
それからいろいろあって、今度は中部国際空港へ。太田川から空港まで一部自由席特急用の新型車である赤いミュースカイこと2200系の特急に乗れた。この特急はカーブにかかると車体を傾けて高速で走るのが特徴。ただ空港の見物客が未だに多いため、着席はできなかったが。
空港は人が多い、風が強い。こんな強風の中みなさんよく展望デッキを歩き回られている。私もその一員だったわけだが。おかげで飲食店も凄い行列。よって味噌煮込みその他の名古屋めしを味わうのを諦め、飛行機の撮影をして、味噌ソフトクリームを買って1時間半で空港を退散した。
帰りの特急は従来型のパノラマスーパー、よって車体の傾斜機能こそ無かったが、空港と本土の間の連絡橋上からさっそく時速100キロの高速で快走し、名鉄名物のミュージックホーン(通称どけよホーン)を何度も聴かせてくれた。どけよホーンに加え、車内では復旧したMDで大塚愛、浜崎あゆみ。Happy Days聴きながらの高速走行は最高でした。
その後は弥富へ行く津島線、尾西線にも乗り17時30分頃名古屋を出て20時30分過ぎ実家着。行きと違い、帰りは一度も新幹線や特急に乗らなかった(全行程JRの新快速利用)が、実は所要時間は近鉄特急利用の場合とほとんど変わらなかった。これから名古屋へ行く時は1に新快速ということなのか?東海も新幹線偏重を少し見直して欲しい気がする。しかし企業の論理は最大の利益を追求すると言うものだしそういう儲からないサービスは無理か。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。