スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東武鉄道全線完乗
太田1248→(東武桐生線普通赤城行き)→1311赤城1327→(上毛電気鉄道西桐生行き)→1337西桐生…(徒歩)…桐生1408→(両毛線普通)→1426伊勢崎1454→(東武伊勢崎線普通太田行き)→1519太田1532→(特急りょうもう30号)→1655浅草

昼食後、太田駅から東武鉄道の乗り潰しを再開する。まずは浅草への特急「りょうもう」が頻繁に走る重要路線である桐生線を完乗。。途中には、難読駅の治良門橋(じろえんばし)や温泉で知られる藪塚などの駅がある。

赤城駅は旧大間々町(現みどり市)の中心駅である。それでは、何故駅名が「大間々」ではなく「赤城」なのか。もともと開業当時は「新大間々」という駅名だったらしいが、昭和33年に赤城山の観光開発を進めるにあたって、「赤城」に改称したとのこと。

若干誇大広告くさい名前を名乗っているが、地元の地名に敬意を表する形で「おおまま赤城駅」の文字が掲げられた赤城駅から、昨日に続け二度目となる上毛電鉄で西桐生に向かう。今回の車輌はクリスマスのデコレーションが施された「クリスマストレイン」だった。

西桐生からは昨日と同じく徒歩でJRの桐生駅に向かい、そこから両毛線で伊勢崎へ。伊勢崎駅はつい最近JRホームの高架化が完成したところで、これから東武のホームの高架化工事を進めるとのこと。

乗り換え時間が30分近くあるので、名物の「焼きまんじゅう」を売る店はないかと駅前を探したが、残念ながらそのような店は伊勢崎駅近辺にはなかった。

代わりに、駅近くの和菓子屋で「かりんとうまんじゅう」なるものを購入。某人気番組曰く、群馬県の新名物らしい。

伊勢崎からの太田行きは、850系3両編成のワンマン列車だった。かつては浅草への直通準急が頻繁に走っていた伊勢崎線の末端区間だが、4年前のダイヤ改正で久喜と太田を境に運転系統の分割が行われて以降、太田~伊勢崎間の特別料金不要列車はこの区間だけで完結する普通電車のみとなってしまった。

太田で特急「りょうもう30号」に乗り換え、悠々と浅草に向かう。途中の館林で、めでたく東武鉄道全線完乗を達成。車内で「かりんとうまんじゅう」と缶コーヒーで完乗を祝った。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。