スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東武小泉線
館林1112→(東武小泉線西小泉行き)→1130西小泉

東武小泉線は日中1時間に1本のローカル線である。始発の館林では伊勢崎線や佐野線からの接続客が続々と乗り込んできたが、8000系2両編成の車内には若干の空席が見られた。

終点の西小泉駅は、ブラジル人が数多く居住する群馬県大泉町にある。そのため、駅の切符売り場にはポルトガル語で書かれた主要駅までの運賃表や注意書きがあった。

小泉線の線路はここから先、利根川を渡って熊谷まで伸びる予定だったという。だが、太平洋戦争時の物資不足など諸般の事情があり熊谷への鉄道延伸は叶わず、現在はバスが西小泉と熊谷を結んでいる。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。