スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜行バス12時間の長旅を終え
仙台854→(快速南三陸1号)→気仙沼

道路混雑のため、京都までは定刻より遅れ気味で運転していたフォレスト号。
その後の名神高速、北陸道、磐越道、東北道では特に目だった渋滞はなく、定刻よりやや早く仙台駅西口に到着した。

仙台駅からは30分ほどの待ち時間で、気仙沼行き快速南三陸が接続しているのでそちらに乗り換える。ローカル線への直通列車としては長い4両編成の車内は、三陸地方で休日を過ごすとみられる乗客で立ち客も出る混雑だった。

9時27分発の小牛田では、この列車が出た後に、「SLホエール号」の出発式が行われるそうで、地元の中学校の吹奏楽部が予行演習とばかりに美しい演奏を聴かせてくれた。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。