スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地震連発
19時頃、私は実家自室で夏休みの旅行記を作成していた。すると床が揺れるのを感じ、ガラス戸が音を立てるのが聴こえた。
これは大きいぞと思い、机の下に。落ち着くのだと自分に言い聞かせたが、なかなか終わらぬ揺れに強い不安を感じた。

いつの間にかガラス戸は音を立てなくなっていた。しかし床に座っていたせいでまだ揺れているという感覚がしばらく続いた。

ここは震度どれくらいか、震源はどこかと思ってNHKをつけると震源は紀伊半島沖らしい。これって南海地震の小さい版?新宮で最大震度5弱、私の町は震度3とのこと。同じ市内でも揺れの程度は大きく違うようで私達の住む地域は大阪と同じ震度4だったように思われるのだが。案の定津波注意報が出され、20時からの新撰組放送中の画面はテロップと津波注意報が出た地域を示す地図に占拠?されていた。

そして0時少し前、入浴中に第2震の襲撃を受ける。ガスの警報音がなるとほぼ同時に揺れを感じる。今度もやや強い揺れが数十秒。取るものも取りあえず風呂を出てテレビをつけると、今度はM7.3。阪神大震災級ではないか。その割には被害が少なかったようだが、津波警報で眠れない夜を過ごした紀伊半島の方々はさぞ大変だった事だろう。私も震災経験者という事で過去の不安が少しフラッシュバックしたので、万一の場合に備え枕元にスリッパを用意し、靴下を履いて就寝した。

本当に命の縮む経験をした一夜であった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。