スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ANAモヒカンジェット・大阪国際空港へ飛来
ANA・B767-300「モヒカンジェット」(1)
ANA・B767-300「モヒカンジェット」(2)
ANA・B767-300「モヒカンジェット」(3)

復刻!「ANAモヒカンジェット」が期間限定で就航(ANAのHP)

日本を代表するエアライン・ANA全日空が、1969年から89年まで飛ばしていた水色と白の塗り分けの飛行機。

飛行機の屋根上に塗られた水色の帯が、髪型の「モヒカン刈り」を想わせるというわけで、飛行機ファンの間では「モヒカン塗装」と呼ばれて親しまれていました。

そのカラーリングがこのたび、2013年までの期間限定で復活を果たしました。ANA国内線の主力機であるボーイングB767-300型機のうちの1機(機体番号JA602A)が特別に「モヒカン塗装」に塗り替えられ、「モヒカンジェット」の名前で空を飛ぶことになったわけです。

初就航は12月1日の東京~宮崎線。しばらくは東京~宮崎・鹿児島線での運用が中心になるとのことで、関西で姿を拝むのは難しいかなあと思っていたところ、12月5日土曜日にとある筋より、この飛行機が明日の羽田発伊丹行き23便と、折り返し伊丹発羽田行きの28便で大阪国際空港にやってくるという情報を耳にしました。
というわけで、次の日6日日曜日の昼すぎに大阪国際空港西側の伊丹スカイパークまで撮影に。

スカイパークに着くと、お目当てのモヒカンジェットはすでにターミナルで出発を待っていました。子供のころ、絵本で見て「むかしのぜんにっくう」と呼んでいた水色と白の飛行機を実際に目にして思わず感極まりました。

ちなみに「モヒカンジェット」の機内では、モヒカン塗装の飛行機が主力だった時代に使われていたものと同じデザインの紙コップで飲みものがサービスされているとか。実際にモヒカン塗装の飛行機が主役を張っていた時代を知らない身だけど、古き良き時代の雰囲気を味わうべく一度乗ってみたいところです。
スポンサーサイト

テーマ:飛行機(航空機) - ジャンル:旅行

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。