スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迪化街と縁結びの神様【2009年秋台湾旅行(15)】
20091203230913
中山933→(台北捷運淡水線淡水行き)→935雙連…(迪化街・霞海城皇廟・古早味豆花)…台北…(歴史建築巡り…西門→(台北捷運板南線南港行き)→台北車站→(台北捷運淡水線)→中山

二泊三日の台湾旅行もいよいよ千秋楽。ホテルで美味しい朝がゆをいただいてから出発する。

まずは中山から雙連まで捷運に1駅乗車する。雙連駅から民生西路を西に15分ほど歩き、清朝時代からの繁華街である迪化街にたどり着いた。

日本統治時代に建てられたとみられるバロック造りの漢方薬屋や乾物屋が並ぶ通りを進むと、左手に小さな廟が見えてきた。

「霞海城皇廟」商売と縁結びの神様として台北では有名な廟で、日本語ペラペラの係員に手伝ってもらい祈祷を済ませた。

良縁に恵まれるようお願いした後は、来た道を5分ほど雙連駅の方に戻り、ガイドブックに載っていた「古早味豆花」で朝から台湾スイーツを楽しむ。
注文したのはパイン味のナタデココが入った豆花。豆花そのものの味は甘ったるくなく、冷たく甘いスープとあわせて食べてもあっさりした味わいだった。

豆花を食べた後は台北駅まで捷運2駅分に相当する距離を歩き、台北駅近くの歴史建築(北門、台北郵局、中山堂)を見て歩いた。

中山堂に程近い西門駅から捷運に乗り、ホテルに預けていた荷物を回収した後、ホテルに程近い林森北路の「李製餅家」で自宅への土産のパインケーキを購入。このお店で土産を買うのもかれこれ3度目である。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。