スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西子湾・旗津の休日(後編)【2009年秋台湾旅行(12)】
旗津輪渡站…(散策)…旗津輪渡站→(旗津輪渡)→鼓山輪渡站…(徒歩)…西子湾→(高雄捷運橘線大寮行き)→美麗島→(高雄捷運紅線紅線橋頭火車站行き)→高雄車站

フェリーに揺られること15分、東帝士85大楼などの高層ビルが建ち並ぶ高雄の街を見ながらデッキで心地よい風にふかれるうちに旗津輪渡站に到着した。

いか焼きなどの屋台を冷やかしつつ、マイミクさんと2人海岸に向かう。

同じことを考える人たちが多いようで、夕暮れ近い海岸はカップルや家族連れで大にぎわいであった。

そんな時、突然砂浜に兵士を乗せた二頭の馬が現れた。唱歌「月の砂漠」を思わせる風景にうっとりしていると、周りにいたギャラリーたちが馬に近づき、馬の身体に触ったり記念写真を撮ったりするなどにわかに辺りが騒がしくなる。私とマイミクさんも遅れじと、記念写真を撮るべく馬の前に並んだ。

そろそろ日もだいぶ暮れてきたことだし、今日中に台北に向かう予定なので旗津を後にする。フェリーで鼓山輪渡站に着いた後、マイミクさん行きつけの近くのかき氷屋で台湾風かき氷・雪花氷(シュエファービン) をいただく。

私はチョコ味のバナナトッピング、マイミクさんはイチゴ味のフルーツトッピングを注文。名前の通り雪のような舌触りの美味しいかき氷であった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。