スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
橋頭での出会い【2009年秋台湾旅行(10)】
昼食は橋頭糖廠と橋頭火車站の間にある橋頭郷の中心市街地。橋頭老街のお店で食べた。

昼食のメニューは米の麺と鮪の唐揚げがたっぷり入ったカレースープに魯肉飯、煮卵と厚揚げ。カレースープの中で煮込まれた鮪の唐揚げがとても美味しかった。

ここの主のおじいちゃんがとてもフレンドリーで面白い方だった。現在82歳の彼は戦前に日本の中学校に通っていたとのこと。今も時々日本に旅行に行くそうで、一番印象に残った場所はハウステンボス。
日本びいきの話の他にも、アメリカにいる自分の娘さんの話などを自慢気に語ってくれた。そして最後は食堂の片隅にあったピアノで「乙女の祈り」ともう一曲を披露してくれた。

台湾のおじいちゃんって本当に日本が好きなんだなあとマイミクさんともども感動し、再会を約束して食堂を後にする。駅に向かう途中、老街の一角にあるお菓子屋に寄り、マイミクさんから「ご家族に」とお菓子をプレゼントしてもらう。 (つづく)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。