スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仙台空港で見た新型リージョナルジェット機2態
J-AIR エンブラエル170型機(JA213J)
IBEXエアラインズ CRJ700NEXT Generation型機(JA05RJ)

10月27日に仙台空港で撮影した写真の中から2枚を紹介。

最近、航空業界では運行コストの削減と路線維持の両立にあの手この手を尽くしているエアラインが多い。

燃費が良く、なおかつ座席数を絞った小型のハイテク旅客機を投入して、より効率良く地方都市間の航空路線を運行しようという経営方針から、JALグループのJ-AIRはブラジル製のエンブラエル170型機(76人乗り)を、ANAと提携関係を結んでいるIBEXエアラインズはカナダ製のCRJ700NEXT Generation型機(70人乗り)を、ともに今年から路線に投入した。

写真(上)のJ-AIR エンブラエル170型機は福岡からのJAL3535便として
写真(下)のIBEXエアラインズ CRJ700NEXT Generation型機は広島からのIBEX/ANA3186便として
それぞれに仙台に到着するところ。

いずれの機体も、既存のB737、MD-90、A320といった100数十席級の旅客機と入れ替わる形で就航した「ローカル航空路線期待の新星」ということで、今後が期待されるところだ。
スポンサーサイト

テーマ:飛行機(航空機) - ジャンル:旅行

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。