スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現実に、引き戻される、登山バス(立山黒部アルペンルート第六、第七走者)
20090804150917
20090804150915
室堂1300→(立山黒部貫光立山高原バス)→1345美女平1350→(立山黒部貫光立山ケーブルカー)→1400ごろ立山

本来ならばもう少し室堂や弥陀ヶ原あたりでのんびり過ごしたかったところであるが、明日から仕事なのでそろそろ富山に向かうことにする。

途中弥陀ヶ原には私が卒業した私立校所有のヒュッテがあり、私も中3の夏に滞在した。高原バスの車内から、ヒュッテの変わらぬ佇まいを確認し、中学時代の楽しかった思い出を昨日のことのように思い出した。

美女平からのケーブルカーは、ケーブルカーと貨車の2両連結での運転。この貨車、現在は登山客の荷物を運んでいるが、昭和30年代にはあの黒部第4ダムの建設に必要な機械や資材を運んだこともあったという。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。