スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やまぎんレトロライン
20090615225229
九州鉄道記念館1015→(平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(やまぎんレトロライン)関門海峡めかり行き)→1022ノーフォーク広場(日本料理・ら・む・ゑっと入口)…(徒歩)…門司海員会館前1030ごろ→(西鉄バス和布刈行き)→1035ごろ和布刈…(徒歩)…関門海峡めかり1100→(平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(やまぎんレトロライン)九州鉄道記念館行き)→1108出光美術館前

西日本パス旅行の2日目は、この4月26日に開業したばかりの平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(やまぎんレトロライン)に乗車。

「潮風号」という列車の愛称の由来になった関門海峡の心地よい潮風に当たりながら、最高速度15km、片道10分足らずのトロッコ列車の旅。
片道10分足らずとはいえ、各駅では一部ボランティアによる運行スタッフからの見送りを受け、沿道を行き交う人々からは手を振られるなど、景色の美しさだけでなく人の温もりを感じられ、素晴らしい時間を過ごすことができた。

ちなみにこの鉄道は九州有数の観光地である門司港レトロを走る路線、それも一列車あたりの座席数がわずか78席(注)とあり、満席になる列車が続出する状態だったらしいが、往復とも何とか座席を確保し、無事乗車を果たすことができた。

(注)指定席(1号車)が42席、自由席(2号車)が36席。

【写真】九州鉄道記念館駅(JR鹿児島本線門司港駅からすぐ)にて撮影
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。