スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JR名松線・家城~伊勢奥津間廃止へ
台風被害の名松線一部廃止へ 三重県、JR東海

一昨日(10月29日)、汽車旅好きにはショッキングなニュースが報道された。
三重県のJR名松線(松阪~伊勢奥津間43.5キロ)のうち、末端の家城~伊勢奥津間17.7キロについて、10月上旬の台風による被害の復旧を断念し、このまま廃線となる方向に動いているとのことである。

この路線には2004年1月、大学1年生の正月休みに乗る機会があった。車両こそJR発足後に投入された新世代車キハ11であったものの、施設に目をやると腕木式の信号機や古い木造駅舎が今も現役で、大阪や名古屋から比較的近いところにこのような風情あるローカル線がまだ残っていたのだと大いに感動したものである。

終点の伊勢奥津駅など、私が訪問した後に建て替えられたばかりだそうなので、このまま駅舎としての役目をすぐに終えてしまうのは惜しい気がする。願わくは地元の公共施設などとしての再活用を期待したいところだ。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

無事に帰阪
20091027194412
【写真】ANA738便(B767-300・JA8578)

仙台空港1745→(ANA738便)→1905大阪国際空港

今日は1日仙台空港ランウェイ東側で撮影を楽しんだ後、夕方の大阪行きANA便で帰宅の途についた。ただいま伊丹市内に向かうバスの車内。

今回の旅行は単に鉄道に乗ったり、グルメを楽しんだりするだけではなく、人と一緒に楽しむ時間が長く、充実していたように思う。
お世話になった皆さん、いろいろありがとうございました。

【追伸】一昨日の日記で紹介した東武野田線新鎌ヶ谷駅の発車メロディだが、Wikipediaで調べたところによらると、鎌ヶ谷市に二軍の本拠地を置く北海道日本ハムファイターズの応援歌「ファイターズ賛歌」の一部をアレンジしたものだそうです。

テーマ:飛行機(航空機) - ジャンル:旅行

今回完乗した路線
完乗した路線
・東武野田線
・東武鬼怒川線
・野岩鉄道会津鬼怒川線
・会津鉄道会津線
・山形鉄道フラワー長井線
・阿武隈急行線

一部区間に乗車した路線
・東武伊勢崎線(春日部~東武動物公園間)・東武日光線(東武動物公園~下今市間)
・只見線(西若松~会津若松間)
・米坂線(今泉~西米沢間)

2日間で私鉄、JR合わせて300kmは乗り潰したことだろう。

今年一年こうハイペースに乗り潰しばかりしているのも堪えたので、しばらく乗り潰しは休業して、ドライブと語学に重点を置こうと思う。

今年の乗り潰しは12月の九州旅行だけでやめにしておこう。来年のことはまた暮れか来年に考えるということで。

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

阿武隈急行全線乗車
梁川1651→(阿武隈急行・東北本線仙台行き)→1806仙台

梁川を過ぎた辺りでとっぷり日が暮れ、残念ながら外の景色を楽しむことは不可能になった。

福島・宮城県境の阿武隈高地をトンネルの連続で抜け、17時37分槻木着。これにて阿武隈急行の全線乗車を達成。

今は夜の仙台市内を北上中。
阿武隈急行線
20091026163704
米沢1442→(つばさ118号)→福島1555→(阿武隈急行富野行き)→1630梁川

米沢で旧跡巡りをした後は、せっかくだしということで牛肉のスタミナ焼を昼食に食べ、つばさの自由席で福島へ。7両編成中、2両編成しかない自由席車は立錐の余地のないぐらいの混雑であった。

福島15時55分発の阿武隈急行富野行きは、元JRの417系。
米沢に戻る
荒砥1021→(山形鉄道フラワー長井線赤湯行き)→1055今泉1101→(米坂線快速べにばな米沢行き)→西米沢

若い運転士が、教官の細かい指導を受けながら運転する列車は、刈り入れの終わった水田に小さな花畑が混じった田園風景の中を走る。

現在は稲作と畑作が主な産業となっている長井・置賜の地だが、蚕桑という駅名から察するにかつては養蚕が盛んだったのであろう。

11時頃に到着した今泉では、雨の中ではあったが、宮脇俊三先生が玉音放送を聴いたという駅前広場をしばし観察した。

西米沢で後輩と合流後、上杉神社や上杉博物館を観光し、昼食へ。
山形鉄道フラワー長井線
20091026101517
赤湯859→(山形鉄道フラワー長井線荒砥行き)→952荒砥

YR-800型の2両連結だが、後部のボックスシート車輌には団体貸し切り用のため乗車できなかった。よって渋々前のロングシート車輌に乗る。

沿線は「佐藤錦」などの銘柄で知られるさくらんぼの産地。おりはた~梨郷付近にはさくらんぼ園のビニールハウスが並んでいた。

米坂線との接続駅・今泉は、作家の故・宮脇俊三先生が1945年8月15日に終戦を告げる玉音放送を聴いた場所である。先生の信者の1人として是非じっくり立ち寄りたい駅だ。

長井で大半の客が下車した後、羽前成田、白兎と進むにつれ山が近くなり、9時52分荒砥着。
おはようございます。
20091026082144
米沢806→(奥羽本線山形行き)→820赤湯

昨日は喜多方到着後、後輩と落ち合い、喜多方ラーメンを食べた後米沢にある彼の自宅に泊めてもらった。

今日のトップランナーは奥羽本線の山形行き普通電車。平日のラッシュ時にあたるためか、ロングシートの701系5500番台での運転。

米沢駅には2009年度NHK大河ドラマ「天地人」にちなみ、武将の人形や幟が多数飾られていた。
会津若松での一時間
20091025184554
会津若松1834→(磐越西線新津行き)→1850喜多方

会津若松では磐越西線新津行きの発車まで一時間ほど時間があったので、駅前の日帰り温泉「富士の湯」で長旅の汗を流してきた。

ただいま会津若松を発車。車輌は最新鋭キハE120。
会津高原尾瀬口で乗り換え
20091025163030
20091025163028
春日部1222→(東武伊勢崎線・日光線・鬼怒川線・野岩鉄道・会津鉄道区間快速会津高原尾瀬口行き)→1529会津高原尾瀬口1600→(会津鉄道快速AIZUマウントエクスプレス会津若松行き)→会津若松

船橋を出発して約3時間30分、2両という身軽な編成になった区間快速電車は、福島県南会津町の会津高原尾瀬口駅に到着した。

ここで30分ほど待った後、16時ちょうど発の快速AIZUマウントエクスプレス会津若松行きに乗車。車輌はかつて名鉄とJR高山本線を直通する特急「北アルプス」に使用されていたキハ8500系。北アルプスや飛騨川の眺望を楽しんでもらうために作られた大きな窓と、ゆったりした座席が特徴の快適な車輌である。

今は運転席の真後ろ右側の座席に座り、前面展望を楽しんでいるところ。次は養鱒公園。
クレヨンしんちゃんの街から福島県へ
春日部1222→(東武伊勢崎線・日光線・鬼怒川線・野岩鉄道・会津鉄道区間快速会津高原尾瀬口行き)

何とも長い名前の列車であるが、全6両編成のうち会津高原尾瀬口まで行くのは前の2両のみ。真ん中2両は途中の新藤原止まり、最後尾2両は新藤原の手前下今市で切り離されて東武日光に行く。

12時29分発の東武動物公園で、中目黒発の日比谷線直通電車からの乗り換え客を乗せて日光線に入る。船橋を出て約一時間半、私鉄乗り継ぎの旅もまだ序盤である。

もうお昼時出し、ここらで羽田空港で買った空弁を開けようと思う。
柏で乗り換え。
柏1136→(東武野田線大宮行き・東武8146)→1216春日部

船橋から乗った東武野田線大宮行き電車は、11時34分着の柏で12分停車するとのこと。

大宮方面へは隣のホーム柏始発の大宮行きが先着するということで、そちらに乗り換える。11時36分に柏を発車。
船橋から会津若松まで切符1枚
20091025111908
20091025111906
20091025111903
船橋1104→(東武野田線大宮行き・東武8145)→1216春日部

京成船橋駅から最近できたばかりの再開発ビルの中を通り抜け、JRと東武の船橋駅へ。

自動券売機で福島県の西若松駅までの東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道三社連絡乗車券を購入。締めて4360円也。

これからこの切符1枚のみで、途中2回乗り換えて、南東北の入口・会津若松市を目指す長い旅が始まる。ただいま新鎌ヶ谷。
都営浅草線
都営地下鉄浅草線には相変わらず照明が薄暗い駅が多かったが、例外的に東日本橋、浅草など最近改装が行われた駅は壁面に白いパネルが貼られ、明るい雰囲気に変わっていた。

東京スカイツリーの最寄り駅となる予定の押上駅は京成電鉄の本社所在地。駅の駅名標や案内サインは京成の書式のものになっていた。押上で2分停車の後、10時20分に発車。
エアポート快特佐倉行き
羽田空港933→(エアポート快特佐倉行き※京成線内快速)→1043京成船橋

京成3700系の3776号車に乗車。羽田空港の隣ホームには、北総7500系の急行印旛日本医大行きがいた。
羽田空港到着
20091025090936
ターミナルビルで少し買い物をしたあと、9時33分発のエアポート快特佐倉行きで、京成船橋まで出る予定。
ANA16便
大阪国際空港745→(ANA16便)→850東京国際空港

B777-300(JA755A)

行きのモノレール車内から、ANA「龍馬伝ジェット」と「坂の上の雲ジェット」のランデブーに遭遇。
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。