スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たこフェリー
20090426163704
20090426163701
明石魚の棚商店街で食べ歩きを楽しんだ後、明石港1600の岩屋行きたこフェリーに乗船。
今日は晴れるという予報だったはずだが、時折雨がぱらつく困った天気。

それでも船上から明石海峡の絶景を満喫した。
スポンサーサイト
阪神1000系直通特急姫路行き
20090426145819
20090426145816
三宮1427→(阪神山陽直通特急姫路行き・阪神1258)→明石

阪神なんば線の開業以来土休日にしか見られなくなった阪神1000系の直通特急でぶらり明石へ。

※写真は1月20日に阪神梅田駅で撮影したもの。
明日で4年
20090424192223
明日で死者107名を出したJR福知山線(宝塚線)脱線事故の発生から4年になる。改めまして、亡くなられた方々のご冥福を謹んでお祈りします。

今日は訳あって伊丹18時53分の快速東西線経由木津行き(クハ206-104)に乗車した。奇しくも事故を起こした列車と同じ福知山線(宝塚線)~東西線~片町線(学研都市線)直通の快速で、事故の現場を通過したわけだ。

ふと4両目中間運転台の速度計に目をやると、塚口駅進入時に時速75kmに速度を落とした電車は、その後さらに速度を下げ、時速約55kmで現場を通過した。

事故現場を静かに過ぎて尼崎駅に向かう車内、あの日尼崎駅にたどり着かなかった事故列車の乗客たちのことを独り静かに考えた。

もう二度と、あのようなことが繰り返されませんように。もう二度と、愛する者を喪う悲しみが繰り返されませんように。

一利用者として、今後の鉄路の安全を心より願います。
阪神梅田駅のミックスジュース
20090421202643
この前の日曜日、前の日記に出てきた東須磨行きの阪神特急を撮影した後のこと。夏日の暑さに喉が乾いていたので、阪神梅田駅東口改札前のジューススタンドへ。

創業40年以上を誇るこじんまりとした憩いの場で注文したのは、140円のミックスジュース。大阪の喫茶店やバザーの模擬店では定番の一杯である。

普通の缶ジュースより値が張るし、量もそう多くないのだが、冷たく甘いその味は喉だけでなく心にまで潤いを与えてくれた。
阪神本線特急東須磨行き
20090421000836
20090421000834
20090421000831
3月20日の阪神なんば線開業に伴うダイヤ改正で、2001年3月のダイヤ改正以来8年ぶりに復活した阪神本線の東須磨行き特急。

復活してもなお平日に1本、休日に3本という相変わらずのレアキャラっぷりだが、直通特急や須磨浦公園行き特急に伍して活躍している姿を運良く見かけると嬉しくなる。

【写真】梅田13時15分発特急東須磨行きは9300系第一編成9501F。
4月19日阪神梅田駅にて撮影。
台湾旅行の計画
今秋か来冬に計画している旅行。

(A案)
初日…関空発のキャセイで台北着。夜、台北市内で知人と歓談。

2日目
台湾高鐵、バスを乗り継ぎ鹿港へ。こちらでも知人と歓談。台中辺りに宿泊。

3日目
高雄で友人と会った後台湾高鐵で桃園へ。桃園からバスで桃園国際空港に行き、キャセイの関空行きで帰国の途に。

2日目は少しハードになりそうなので、目的地を鹿港から集集線あたりに変更し、高雄に宿泊というのでもいいかも。

(B案)
1日目
関空発のキャセイで台北着。着後桃園駅から台湾高鐵で高雄へ。高雄で知人と歓談。

2日目
高雄から台中まで高鐵で移動の後鹿港へ。昼間に友人と歓談。夜のうちに台北へ移動し、台北泊。

3日目
台北で友人と歓談後、関空行きキャセイで帰国の途に。

休みをもう1日足して3泊4日にすれば、もう少し余裕を持って台湾を回れるのだろうが、今の職場では秋(10月初め)にも人事異動がある可能性があり、あまり休めなくなる危険がある。
安全策というわけで、まずは週末+代休1日で行程を組むことにした。
阪神大阪難波駅の切符
20090412200646
大阪難波1952→(阪神なんば線普通尼崎行き近鉄1028F)→2011尼崎
今回の旅行では日頃贔屓にしている阪神電鉄の車輌にお世話になることがなく物足りなかった。

それでもせめて切符だけでもということで、大阪難波駅で買った阪神の切符を載せておく。
名古屋までの行程
豊川稲荷1554→(名鉄豊川線・名古屋本線準急岐阜行き)→1631東岡崎1636→(名鉄名古屋本線特急岐阜行き・2404)→1710ごろ名鉄名古屋
デラックスシートで締める
20090412173345
20090412173343
近鉄名古屋1725→(近鉄特急アーバンライナー大阪難波行き・21000系)→1943大阪難波

今回は週明けからの自分への燃料ということでデラックスシートを奮発した。
今回完乗した路線090411-12
【完乗した路線】
・豊橋鉄道渥美線
・豊橋鉄道東田本線
・天竜浜名湖鉄道線
・大井川鉄道本線
・大井川鉄道井川線
・名鉄豊川線

名鉄で残るは河和線の富貴~河和間のみ。この区間については、2011年度に予定されている名古屋市営地下鉄桜通線野並~徳重間延伸の際に一緒に乗り潰すことになるだろう。
名鉄豊川線
20090412160326
豊川稲荷1554→(準急(東岡崎から急行)岐阜行き・6925)

途中どこかで快速特急に乗り換えた方がよさそうだ。
元豊川鉄道
20090412153022
豊橋1427→(飯田線普通豊川行き・クモハ119-5103)→1540豊川

元は私鉄だった飯田線の電車で豊川まで出て、豊川駅から豊川稲荷駅まで歩く。

そこから名鉄豊川線を乗り潰す予定。
こだま657号
浜松1457→(こだま657号・326-450)→1510豊橋

5分接続で乗ったこだまの車内で無事駅弁にありついた。
これから名鉄豊川線に寄って名古屋から近鉄特急に乗り換えて帰宅するつもり。
お昼時のロングシート電車
20090412142006
金谷1412→(東海道本線普通浜松行き・モハ313-2501)→1452浜松

東海道本線静岡地区の普通電車も気がつけばロングシート車輌に統一されてしまった。
金谷で駅弁を買ったのだが、この分では浜松~豊橋の新幹線で急いで食べることになりそうだ。
さらば奥大井
20090412125535
20090412125533
井川→(大井川鉄道井川線千頭行き・スロフ306)→1245千頭1248→(大井川鉄道本線金谷行き・16101)→金谷

往復3時間半の涼しい森林浴もこれにて終了。往路同様元近鉄特急に揺られて金谷に戻ることに。
井川駅
20090412114850
20090412114848
10時45分に到着。11時03分発千頭行きスロフ301で折り返し。
大井川鉄道井川線の旅
20090412090342
千頭0900→(大井川鉄道井川線井川行き・クハ601)→井川
大井川鉄道の元近鉄特急
20090412074559
金谷0736→(大井川鉄道本線普通千頭行き・16103)→0849千頭

元近鉄南大阪・吉野線の特急として使われていた16000系で、川根路の汽車旅を楽しむ。
今新金谷駅で、元近鉄16000系と元南海21001系が顔を合わせた。カラーリングはともに古巣時代そのまま。大手私鉄の名車の動態保存が得意な大井川鉄道ならではの光景だ。
おはようございます@静岡
静岡0648→(東海道線普通浜松行きモハ313-2511)→金谷

静岡地方の在来線の新たなエース、313系ロングシート車で本日の行程スタート。
掛川到着
20090411203517
20090411203514
アスモ前1812→(天竜浜名湖鉄道掛川行き・2109)→2018掛川

周囲に工場はあれど人家のない秘境駅から浜名湖の北岸沿いを通り2時間。途中三ヶ日、金指、遠州森で行き違いの間に改札を出てみたりしつつも、長い道のりを過ごしたが、ようやく掛川に到着した。

掛川からは20時31分のこだま680号で静岡に向かう予定。
天竜浜名湖鉄道
新所原1738→(天竜浜名湖鉄道金指行き)→1742大森1751→(天竜浜名湖鉄道新所原行き)→アスモ前→(天竜浜名湖鉄道掛川行き)→掛川→(東海道新幹線こだま)→静岡

携帯の電池が危ないので今のうちに書いておく。今日のこれからの予定です。

天竜浜名湖鉄道も一応「私鉄」なので、アスモ前から乗る掛川行きは今回の私鉄乗り継ぎリレーの真のアンカーということになる。
豊橋鉄道全線乗車達成
下車駅を稼ぐため17時08分に駅前大通で下車。

ちなみに、先ほどまで乗っていた783号車は2005年に廃止された名鉄岐阜市内線で走っていたもの。

豊橋からは17時18分発の特別快速浜松行き(サハ313-5310)で新所原に向かうとするが、1~2分の遅れが発生している模様。
運動公園→赤岩口
赤岩口1648→(豊橋鉄道東田本線駅前行き・783)→駅前

運動公園前に着いたのは16時25分ごろだった。これから赤岩口を回って豊橋駅に戻ると余裕で17時を過ぎてしまう。当初1時間あれば余裕で豊橋鉄道市内線全線を乗り潰せると思っていたのだが、信号待ちや途中停留所での乗降で意外に時間を食ったりしたので、その読みは甘かったようだ。

もし昼間の豊橋駅で予定通り14時15分の三河田原行きに乗れていた場合でも、市電を乗り潰して豊橋駅に着く時間は17時前後になっていたことだろう。

これでは天竜浜名湖鉄道に乗る前に名鉄豊川線を乗り潰すという計画は当初から不可能だったことになる。明日帰る途中に名鉄豊川線に乗ることにして、当初乗る予定だった名鉄河和線は今回は断念という形に…どのみち関西から日帰りで乗れる路線でもあるし。
豊橋鉄道東田本線運動公園行き
20090411161143
駅前1600→(豊橋鉄道東田本線運動公園前行き・3504)→運動公園前

一足違いで低床電車(赤岩口行き)に乗れず残念。ちなみにこの運動公園前行きに使われている3504号車は元都電荒川線の7000形電車。東京に住んでいた折に乗ったことがあるので思わぬ再会に喜ぶ。
三河田原から折り返し
三河田原1517→(豊橋鉄道渥美線新豊橋行き・2806)→1552新豊橋

私鉄ネットワークをまたにかけた旅の余韻に浸る間もなく、すぐの電車で折り返す。
網干~三河田原私鉄だけの旅その18
20090411152700
20090411152658
20090411152656
残り1駅となった神戸駅、真夏のような日差しの中頬に当たる風が涼しかった。

山陽網干駅を出発して6時間10分。

「本日も豊橋鉄道渥美線をご利用いただきありがとうございました。次は終点の三河田原、三河田原です。」

15時06分に三河田原駅に到着。かくして京阪神地方から中京地方に続く私鉄ネットワークの端から端までの長い旅は終わった。

しかしこれは旅の終わりなどでは決してない。
網干~三河田原私鉄だけの旅その17
20090411150540
山陽網干駅を出発して6時間。

特産のキャベツ畑あり、菜の花ありの豊橋鉄道渥美線を豊島から神戸に向け走行中。

最後の最後にトラブルこそあったが、山陽網干から三河田原まで私鉄乗り詰め6時間の旅もいよいよ大団円。
網干~三河田原私鉄だけの旅その16
20090411143834
20090411143832
新豊橋1430→(豊橋鉄道渥美線三河田原行き・2806)→1505三河田原

諸事情により、15分遅れでアンカーが出発した。
兵庫県姫路市・網干駅を出て5時間35分、元東急7200系こと豊橋鉄道1000系は託されたバトンを受け、渥美半島の中心都市・田原市の三河田原駅に向け走行中。
網干~三河田原私鉄だけの旅その15
20090411143246
20090411143243
豊橋には14時07分に到着、アンカーである14時15分発の三河田原行きに無事バトンが渡るはずだった。

ところが、ここで悲劇が。
豊橋での乗り換え時間は8分もあったのだが、財布に10000円札しかなく、新幹線乗り場前のコンビニでコーヒーを買って小銭を作っていたら一足違いで三河田原行きの電車に乗り遅れた。おかげでこの後の行程を全て15分ずらす羽目に。

しかもたどり着いた新豊橋駅の券売機は10000円札対応と来たから泣くに泣けない。
網干~三河田原私鉄だけの旅その14
20090411133220
20090411133217
20090411133215
名鉄名古屋1318→(快速特急豊橋行き・1000系展望席)→1407豊橋

第五走者は名鉄最後の展望車、パノラマスーパー。12分の乗り換え時間の間に、ミューチケットと乗車券を調達し、1号車1番D席(展望席)に着席する。新型の券売機では特急指定席車の座席を「窓側」・「通路側」・「展望席」のなかから指定して買うことができた。
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。