スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いたみ花火大会
20070826232601
昨日は休日出勤の帰り道、とある人のお誘いを受けて地元の花火大会に行ってきた。この夏最後の花火大会というわけで、淀川やびわ湖、神戸港の花火大会を見逃した人にはおすすめのイベントである。

実は20ン年生きてきて、花火大会に行くのはこれが初めて。(走行中の列車内から花火大会を見たり、ナイター観戦や野外ライブの時に打ち上げ花火を見たことはあったが。)毎年関西各地の花火大会に出没しているという同行者は、こんな日本人がいたのかとびっくりの様子である。(笑)

ともあれ、かき氷を食べながら2人で一時間ほど花火見物とする。人出は多かったが、神津大橋北側のいい場所に陣取ることができた。

午後8時過ぎから朝顔、モンスターボール?、伊丹市の市章?などを象った花火が約一時間続いた後、フィナーレに大きな「しだれ柳」と呼ばれる花火が打ち上げられ、火と光の一大ショーは幕を閉じた。

どれも見事な花火ばかりだったのに、デジカメを忘れたのでこんな見苦しい写真しか載せられない点はご勘弁いただきたいが、一応ご報告まで。

スポンサーサイト
鉄道模型フェスティバル
20070826013411
早いもので、大阪を代表する鉄道会社である阪急電鉄と阪神電鉄が経営統合してまもなく一年を迎える。これを記念し、大阪梅田の阪急百貨店と阪神百貨店が共催で鉄道模型フェスティバルを開催していたので、金曜日の退勤後にちょっと寄り道してきた。

阪急百貨店七階の展示会場には各種鉄道模型や鉄道部品の展示が充実していたが、最大の目玉は阪急電車ファンが集まった模型サークルによる、創業時から現代まで京阪神を駆け抜けた歴代の各車両の模型の展示コーナーであった。箕面有馬電軌1形、新京阪100形、阪神急行900形と言った名車の精巧な模型や、駅を再現したジオラマがショーケースに所狭しと並んでいた。

そのなかでも圧巻は梅田駅・西宮北口駅・三宮駅のジオラマであった。特に三宮駅のジオラマでは、1936年の駅開業当時に建設されて以来永きにわたり神戸のシンボルとして親しまれていたものの、1995年の阪神大震災で破損し市民に惜しまれつつも解体された神戸阪急ビルが再現されていた。神戸阪急ビルはヨーロッパのお城を連想する壮麗な建物で、壁にぽっかりと空いたアーチ型の開口部から電車が出入りする風景がいい絵になる場所だった。ジオラマを見ていると、子供の時分、阪急三宮駅のまるでトンネルのようなアーチ型の開口部を電車で通るたび、何だかわくわくしていた気持ちになっていた時の記憶が鮮やかに蘇ってきた。

このように、失われてはや12年の月日が流れた今でも、多くの人に惜しまれている神戸阪急ビル。この駅舎が復興されない限り、神戸の真の復興が達成されたとは言えないのではないか、まだまだ本当の復興というものにはたどり着いていないのではないかと思ったりした。

少なくとも駅舎が元通りに復興されていない点を見る限り、戦災で壊滅したニュルンベルクやドレスデン、ワルシャワの街並みを元通りに復興させたドイツやポーランドと、戦後全国各地で乱開発が問題になった日本の、都市景観に関する考え方における大きな違いを感じずにはいられなかった。

中華航空機炎上事故
中華航空B737-800

既に各所で報じられているとおりであるが、20日月曜日の朝、沖縄・那覇空港で中華航空(チャイナエアライン)B737-800が駐機場に入った直後に突然炎上し、爆発・大破した。

幸いなことに、乗員、乗客は機体が爆発する寸前に脱出しており、手荷物こそ失ったが大した怪我を負わずに済んだ。もし脱出の時に乗員乗客がパニックに陥っていたら、あるいはドアが故障して開かなくなっていたら、火災に気付くのが遅れていたらなどと思うと震えが止まらなくなりそうな話である。

中華航空・・・この航空会社については、過去にも1994年名古屋で着陸失敗(250人以上死亡)、1998年台北で着陸失敗(全員死亡)、1999年香港で着陸失敗、2002年台湾海峡で空中分解(全員死亡)・・・と事故を繰り返し、かねてから安全性の低さが指摘されていた。同社サイドでも事故のたびに、訓練・整備体制の改善やハイテク機の導入といった安全対策の向上に努めていたようではあるが、今回の事故原因について「整備ミスによる燃料タンク・燃料パイプの破損」が指摘されていることをみるに、これらの対策にはどこかに手落ちがあったようである。

ではなぜ、中華航空は安全対策をしているつもりで手抜かりを起こしてしまうのだろうか?テレビに出ていた評論家は、「中華航空は台湾国民党の関連企業で、党の政策によって会社の経営方針が左右される。そのため政党との関連が薄い台湾の競合他社と比べて、安全対策にもほころびが起きやすくなる」云々の発言をしていた。

今回の事故で、導入してまだ5年程度のハイテク旅客機が1機失われたばかりか、台湾海峡の事故から5年経ち、少しは戻りかけていたかに見えた日本・台湾、いや世界中の乗客の信頼も地に堕ちてしまったことだろう。だからこそ、関係者一同には、もう二度とこのような事故を起こさないよう、今度こそ手抜かりのない万全な対策を行うよう求めたいところである。

【写真】中華航空B737-800 (事故機と同型機・ウイングレット装着前)の1/500スケール模型
a-nation07
土曜日は神戸でa-nation07を観てきた。うっかり大好きな倖田來未が出ない公演を取ってしまうなどハプニングも2、3あったわけだが、同行者ともどもめいっぱい楽しんだ。

特に、我々の小学生時代に次々ヒットを飛ばしたTRFと、トリを務めた女王・浜崎あゆみの出番では2人とも飛び跳ね、手を振って大はしゃぎした。\(^◇^)/
あゆはバンドメンバーやダンサーとゴンドラに分乗し、我々の席の近くまで来たが、目の悪い俺はうまいこと彼女の姿を確認することができなかった。(同行者はあゆの顔まで見られたらしい)

にしてもTRFって長く歌い継がれてるんだなあと改めて実感。「survival dance」なんかもう13、14年前の歌である。平成生まれの中高生にはTRF(trf)全盛期を知らない者が多いことだろうな。
あと大塚愛がさくらんぼを歌わず、少しがっかり(T_T)

終了後はポートライナー市民広場駅への行軍を避け、三宮行き直通バスで会場を後にした。

次は倖田來未の単独公演に、また誰か気の会う仲間と行きたいものである。ちなみに今日の試合で阪神は負けたけど、明日から仕事頑張ります☆
阪神広島戦@京セラ
20070819195142
今日もがんばるKANSAIキャンペーンで野球観戦ときたわけだが、五回終わって0-3で広島がリード。最後まで勝利を信じよう。
山陽電鉄創立100周年
20070812231821
先週月曜日は昼から18きっぷで姫路まで行き、山陽百貨店で開催されていた山陽電車百周年展を見てきた。

山陽電鉄のイベントなのに何故JRで行くんだ?という突っ込みはご遠慮ください(笑)
何せ山陽電車はもう何度も乗ったうえ、全駅降りてしまったもので…たまには18きっぷでJR山陽本線の普通(快速)しか停まらない駅を巡りながら行くのもいいかなと思ったからです。

それはさておき、会場では貴重な写真や模型、資料の数々で楽しませてもらいました。

写真は会場で販売されていた山陽電鉄2000系(1956年デビュー)の復刻パンフレット。2000系車両にちなんだのかどうかは定かではないが2000円。

試合終了
少し寄り道して今梅田を出るところ☆

試合の方は結局、ソフトバンク先発大隣の乱調にも助けられ、4-1でオリックスが快勝した。かくして私と同行者およびその他大勢のANAマイレージクラブ会員はめでたく1000マイルを入手!ユウキさんありがとうございます。
オリックスソフトバンク戦観戦中
20070812150024
ただ今6回表ソフトバンクの攻撃中。

3-1でオリックスがリード☆

また野球観戦
20070812144310
今日は、ANAのがんばるKANSAIキャンペーンで京セラドームに来ている。

対戦カードはオリックス対ソフトバンク。先日はロッテを応援した俺だが、今日はもちろんオリックスを応援する。

別にマイルがもらえるからというわけではない、元々私はオリックスも地元のチームというわけで応援している。
宇治山田駅
20070812121845
1931(昭和6)年に参宮急行(現在の近鉄大阪・山田線)の終着駅として開業した伊勢市の玄関口。伊勢神宮最寄り駅というわけで、現在も伊勢志摩発着の近鉄特急がほとんど停まる重要な駅である。

到着後しばらく、開業当時に建設された駅舎内をぶらついてみた。駅舎が建設された当時はお伊勢参りが国からの奨励もあり、盛んに行われていた時代。神都宇治山田の新しい玄関口にふさわしい駅舎をというわけで写真のような壮麗な内装の建物が建設された。

できあがった建物は、神社の最寄り駅なのになぜかスペイン瓦や陶製タイルを用いた洋風建築。それでも神鏡があしらわれた陶製タイルが、この駅が神社の玄関口であることを静かに主張していた。

念願の赤福氷
20070811153037
友人と落ち合った後、伊勢神宮内宮前のおかげ横丁で赤福氷を食べる。宇治金時に小ぶりな赤福餅が2つ入ったもの。冷たくモチモチ、ああ、何かいい感じ。

以上、「ご当地アイス」伊勢編をお送りしました。
神都は目の前
ただいま小俣駅付近を走行中。神の都伊勢市はもう目の前。
今日は伊勢市へ
20070811094508
今日は伊勢市で久々に友人に会うことになっている。上本町9:25発の特急は伊勢志摩ライナー、カフェコーナーのある4号車に乗車。
上本町発車時点でがら空きだった車内は鶴橋で結構な乗車率に。一時より衰退したとはいうが、夏の伊勢志摩観光への人気が未だ根強いことを伺わせる。

依然高いニーズに応えるためか、一旦廃止された車内販売も最近復活したといい、近鉄伊勢特急の今後の復活劇に期待したい。
七年ぶりのロッテ戦
200708071943362
20070807194336
今神戸のスカイマークスタジアムで後輩と野球観戦中。カードはロッテ対オリックス。

ロッテ戦は七年前に見に行って以来である。その時の対戦相手だった近鉄はすでに亡く、かつて某悪役球団に皮肉のネタにされていたロッテはアジア一のタイトルホルダーに。ああ球界は変わり行く。
もう8月
20070804150424
今日は勤め先で夏祭りのボランティアに参加。帰宅は深夜の予定。
明後日から夏の甲子園も開幕。大阪府代表は初出場の金光大阪、京都府代表は一昨年の大会で駒大苫小牧に敗れて惜しくも準優勝となった京都外大西。そして我が地元兵庫県の代表は、常連校の一つ報徳学園である。

copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。