スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祭り終わりし大阪へ
20050930232114
新宿23時40分発夜行バス「ニュードリーム大阪7号」で7時半過ぎ大阪着。その足で阪神梅田駅に直行し、いろいろ記念品に散財☆勝利の美酒にしばし酔いしれる。

ちなみに自宅までわざわざ阪神電車とバスを利用。電車には記念標識が。
スポンサーサイト
帰りのロマンスカー
20050930231226
ガーデンミュージアムで楽しみ、温泉にも入った。そして何より阪神タイガースの結果も気になる…ということで、VSEの一本前のさがみ(小田原始発)で新宿に戻ることに。

車両はご覧のEXE。ビジネス客向けの列車とあり、車内販売は一切なし。同じ特急料金でもVSEとの差は大きい。当然、客もほとんど仕事帰りのサラリーマン。観光客は大概1つ後のVSEに乗ったのだろう。
ここにも展望車
20050930230605
終着駅箱根湯本でVSEを下車し、登山電車には乗らず線路脇の坂道を登る。

5分ほどでおもちゃ博物館やオルゴール博物館、ハーブの店がある箱根ガーデンミュージアムに到着。こちらはおもちゃ博物館での一コマ。

ここでもロマンスカー展望車は人気者で、さりげにプラレールが置かれていた。他にも、1960年代製のロマンスカーNSEを型取ったヴィンテージ物のおもちゃが大々的に展示されていた。
デザート
20050930153007
もともと走る喫茶室と呼ばれ定評のあった小田急ロマンスカーの飲食サービス。

そういうことで弁当に加え、デザートまで注文。
渋く季節の和菓子で締めてみる。

どうでもいいが、VSEで使用されているガラスのコップを買い逃した。またネット通販ででも買おうか。
10号車2B席のお昼ご飯
20050930151804
新宿を出てすぐ、アテンダントが車内に巡回。銀座大増の夏の味覚弁当を注文。5分もせずに到着。

多分10月になれば秋の味覚弁当に変更されるのだろう。
本日のメイン・VSE
20050930151208
2005/09/29
話を阪神優勝の7時間前に戻します。

国際線用ジャンボや倖田來未衣装&サイン見物、阪神優勝などビッグイベントが重なったが、あくまで今日のメインはこれのつもり。 写真は箱根湯本で下車時に撮影。
緊急速報
20050929213908
阪神タイガース、2年ぶりセ・リーグ制覇!

結局ラジオが手に入らず、後輩の情報を頼りに試合展開を追うばかり。 でも怪我の功名?新宿京王でくす玉割りに立ち会いました。写真は優勝直前撮影。
倖田來未のサイン
20050929193307
浅草から渋谷まで銀座線を乗り通し、着いたところは大手CD屋。

倖田來未のサイン入りポスターやライブ衣装を見ることができた。

時刻は13時、VSEは13時40分発。そろそろ出た方がいいんじゃないか(T部長風)
雷門
20050929190306
実物見たのは今日が初めて。昼前の仲見世をぶらつく。
浅草公会堂
20050929143608
何やらえらい人の手形がたくさん。
これはマツケン。大半は浅草ゆかりだが、いとしこいし師匠ら関西の芸能人の手形も。
TX初乗り
20050929110305
南千住―浅草の一駅だけ利用。たしかに速い。浅草駅には文人の似顔絵が並ぶ。
>>続きを読む
ANA2176
20050929074504
国際線用B747-400(JA8096)
>>続きを読む
運命の瞬間は旅先のラジオで?
昨日某サークルの原稿も滑り込みで完成し、明日から待ちに待った東京箱根弾丸ツアー。と行きたいところなのですが、体調は何と微熱気味。どうやら弟から移された模様。でも、折角高い金払ったので強行出場ならぬ強行出陣とするつもりです。携帯からの実況中継も予定してます。

さて、タイトルにも書いたが、今夜阪神タイガースは巨人軍相手に勝利。宿敵中日ドラゴンズも横浜に敗れ、ついに優勝へのマジックが1になった。ここ数日実家ではいつも野球ばかり見て、試合展開をハラハラしながら見守っていたが明日はどうも見られそうにない。とりあえず新宿なり秋葉原なりで携帯ラジオを買う予定。

どうでもいいが、今日のトリビアで「ベースボールを野球と訳したのは正岡子規だというのはガセ」という内容のガセビアが放送された。愛媛県よ、松山市よ、JR四国よ、坊っちゃんスタジアムや市坪駅って一体何様?となりそうだが、子規が野球の普及に貢献したことは事実なので別に問題はないだろう。
倖田來未初ベストアルバム
20050922224812
昨日免許試験の帰り道、三宮のTSUTAYAで購入。ポストカードがついてきたので、明日免許証と合わせて知り合いに見せるつもり。

今日は下宿でひたすらCD&DVD鑑賞タイム…読書は?某サークルの原稿は?えっ何それ、おいしいの?
本免許証ゲッツ
20050921200307
今日免許の学科試験に行ってきました。曖昧な問題に苦しめられましたが、気になる結果は合格。めでたく車社会の仲間入りを果たしたわけです。 さて、いつ公道に出ようかねぇ?
連休は意外に動いた
9月17日
母校の文化祭で久々の山登り?
9月18日
障害のある方のアトリエでのサポート活動。(京都市某所)
9月19日
22回目のバースデーに、留学生との街歩き兼ボランティア。(宇治市)

18,19の詳細については後ほど。貴重な体験をいくつもした2日間でした。
母校文化祭
3つ下の後輩と、神戸市某所にある母校の中高の文化祭に行く。駅のコンビニで差し入れを購入し、激動の6年間毎日登り続けた坂を通って懐かしの学び舎へ。

いやな奴に姿を見られるのを避けたかったので、自分の属した文化部と隣の鉄道同好会を見て、部の後輩と駄弁ったら帰ると言う「お忍び」訪問になった訳だが、なかなか楽しい時間を過ごせた。俺が高3の時中1、中2だった後輩が立派に成長した姿を見れて何よりだ。高3の時の中2なんかもう受験生、早いものだ。そして今年の中1は1つ上の先輩から見れば10歳下…この前平和台球場のネタでも書いたように時代が過ぎるのも本当に早い。

途中職員室にお邪魔する機会にも恵まれた。普通職員室と言うと教師に叱られた苦い思い出の場であることが多いが、俺にとっては気の合う複数の教科担任に愚痴を聞いてもらったり、彼ら彼女らとの雑談を楽しんだ場としての思い出の方が強く印象に残っている。そんな恩師たち数人に会えて本当に嬉しかった。立場上同窓会に出る気になれない身としてこの再会がいかに大きい意味を持つものであったかは、いじめ被害者ならある程度分かるかもしれない。

20日に執筆
週末まで実家に滞在
9月16日(途中未完だったため、20日に修正)
今日はこの2日間に起きたことをつれづれに綴ります。

自動車学校を一応卒業して、あとは学科試験に行くだけの身。ついつい生活がだらけてしまう。起きるのは昼前という状態がデフォルト化。
最近あるサイトで不快な人間の名前を発見し、過去の傷が再び開きかけている。そのため親や先輩に愚痴ることが心無しか増えている。まあ、真面目に一歩一歩前進している自分に感謝することも忘れないと、今すでにある大事なものすらも失いかねない気がしたので、愚痴は言うなとは言わないがほどほどにしておきたい。

昨日は公務員試験対策用の書籍を購入。秋から忙しくなりそうだ。秋からの心機一転に入るための景気付けに計画していた海外旅行が中止になり残念ではあるが、代わりに企画した東京箱根旅行の準備が順調に進む。書籍購入のついでに駅前のJTBで帰りの新宿発大阪行き夜行バス「ニュードリーム大阪号」をめでたく確保。

旅行のおおまかな予定ですが
9月29日大阪伊丹空港朝8時のANA2176便で成田空港へ。国際線用のジャンボ機なので、個人用テレビ付き座席に期待☆
成田からは京成かJRで都内へ。浅草に行くか渋谷、原宿に行くか考え中
新宿からは13時40分のスーパーはこね27号で箱根湯本へ。今回の旅の目的である今話題の新型ロマンスカーVSEに乗車。
箱根で4時間ぐらい過ごした後、新宿に戻りそこからバス。
となっており非常に楽しみ。

我らが阪神タイガースにはついにマジック13が点灯。点灯するや否や2つ消えて11に。この調子でできたら箱根行きの前ぐらいに優勝を勝ち取って欲しい。
卒検合格記
月曜のみきわめでは思いのほか快調な運転を見せ、あっさりと可をもらってしまう。ちなみに、みきわめで可が出るとそれで教習は終了したことになり、その日から3ヶ月以内に卒検に合格しないと検定期限切れで退学処分になってしまうらしい。12月12日までに合格しないと退学?さあどうするよと一瞬不安になるも、「修検の時みたいにダメもとで受ければ何とかなるかも」、「ATだから大丈夫」、「月曜は快調に運転できたんだから、それが火曜になっても持続するはず」とポジティブに考えて自分を落ち着かせた。

夜が明け、いよいよ卒検の当日。平日の卒検は昼の1時10分集合なので、前夜はじっくり睡眠を取ることができた。自分の班に6人いる教官の中で一番しっくり来なかった教官が受験者に対し検定の説明をする。最後の最後にこの人か…と思ってしまったが意外に動揺はしなかった。

いよいよ俺の順番が来た。AT限定の4人のうちでは2番目。他の3人はみな女性である。合格を喜ぶ先発の中年女性の姿を横目に乗車。安全確認の後発進。しばらく順調な走行が続いたが、片側2車線の大通りから片側1車線の道に入ったところで最初の危機が訪れる。

進路上に路駐があり、それをかわそうにも対向車が来ている。結局徐行してその間を通過することにして操作を始めたわけだが、間隔がすれすれの状態になり危く検定員にハンドルを持たれて検定中止になるところだった。

次の危機は、予め指示された課題コースから自主経路に移る際の駐停車だった。路上教習になってから発着点への停車練習をする機会が減っており、縁石激突で検定中止という悲惨な結末になることを正直覚悟していた。しかしここも難なくクリア。

こうして何とか所内に戻り、最後の難関の左バック方向変換も落ち着いてクリア。発着点に戻って気になる結果発表。

「GMK’taipeiさん、合格です。でもあの路駐の回避は危なかったよ。ああいう風に対向車が迫っていて、対向車や路駐との間に充分間隔が取れないときは対向車の通過を待つのが適切やな。」と検定員氏はおっしゃった。

かくして俺は普通四輪車(AT限定)の卒業検定にめでたく合格したわけである。さあ、明石に行く前に学科の落穂拾いでもしましょうか。
ついに卒検合格!
遅くなりましたが、本日(正確には昨日)、自動車教習所の卒業検定にめでたく合格しました。その証拠に卒業証明書も今手元にあります。(お見せできないのが残念ですが)さて、次は明石の兵庫県運転免許試験場に行く日取りを決めなくては。もう夜遅いので、詳細はまた明日お伝えします。

【今日の心のつぶやき】

めでたく運転免許も取れたのに

めでたくANA2176便のエコノミー窓側席も取れたのに

めでたくロマンスカーVSEの指定も取れたのに

何で中国語の単位だけは取れないんだよ!

時間の限り勉強したのに、おのれ教官よと言いたい。
8月の拾遺集2
8月27日、梅田の阪神百貨店で開かれている鉄道模型展に行く。阪神9300系のNゲージ模型が売られていたが、24000円はちと高い。こんだけ金があれば、飛行機で東京まで往復できるし。合コンなど6~7回出られる。愛知万博で目一杯遊んで帰れる。

その代わりに阪神電車開業100周年・阪神タイガース70周年記念ピンズと、甲子園駅の駅名標をかたどったキーホルダーを購入。いずれも虎党には縁起物。これで優勝に一歩前進だ!

ところで、こうなることはすでに予測できていたのだが、万博や九州で金を使い過ぎたせいで9月に予定されていたアジアへの海外旅行は延期になってしまった。最遠はシンガポール、近くても台湾とか言っていた2ヶ月前は何だったんでしょう?これでは俺を日頃過小評価している一部の人間に対する自慢話ができない。演習のネタも揃わない。まあ代わりに国内線の飛行機でどこか行きましょう。あと野球観戦もいいかも。別に消化試合で構わないので。

8月29日、路上教習でいまいち調子が出ない。無茶な運転を繰り返したり、車内で携帯鳴らしたり(オフにするの忘れていた)、「このままでは卒業できないぞ」とある教官から厳しいこと極まりない言葉をもらう始末。教官が言い過ぎた面もあるなのかもしれないが、そう言われても仕方のないほど自分のミスが相次いだ1日だった。

夜は松たか子・加藤あい・長澤まさみのドラマ「広島・1945年8月6日」を観る。甲本雅裕演じる鬼軍曹はまだあり得るとしても、広島に中国人街がある設定や戦時中にできちゃった結婚が行われる設定、主人公姉弟がちゃん付けで互いを呼び合う設定など随所に無理がある印象を受けた。

8月30日、初めて雨の中での運転。サイドミラーが雨滴のため全く意味を成さず、危険を感じる場面が何と多かったことだろうか。

以上、今年の夏は暑い中自動車教習に精を出したなあという印象でした。万博や和歌山小旅行、山口九州旅行で適度に気分転換もできたようで何よりでした。大学への不満や一部人間への恨みつらみに苦しんでもいたのも確かでしたが・・・。
8月の拾遺集1
本来学生は夏休み暇で×2仕方がない筈である。にもかかわらず先月は自動車教習や万博、和歌山、山口福岡旅行記に重点を置いていたので、日常のつれづれを書いた日記が少なかった。

8月3日、教習所で補習。(2回目のみきわめ)出来は散々だったが、「試験受けてみるか?」との教官の言葉に「はい」と答えた。こうなりゃだめもとで受けてやれと思い、翌々日の試験は一発合格。

8月6日、実家近くのユニクロでキャセイパシフィック航空のコラボ長袖Tシャツを購入。キャセイでアジア周遊を楽しむ某先輩がとてもうらやましい。

8月12日、この日は520人の犠牲者を出した日航ジャンボ機墜落事故から20年の節目に当たる日。テレビ各局は特別番組を放映していた。そのうちTBSの竹中直人が藤田日出男元日航機長を演じたドラマと、フジの原田美枝子が事故で当時9才の息子を亡くした遺族会世話人を演じたドラマを見ることにする。前者では墜落時刻に御巣鷹山の慰霊の園から生中継が行われ、後者では事故機のデータを入力した小型機によりダッチロールとフゴイド運動が再現されていたのが印象に残る。出張帰りに123便に乗り合わせた父親が遺した「立派になれ」の走り書きを受け留めたある幼児はその後立派に成人し、俺と同じ大学に通っているらしい。(それも現役みたい)

CMの間にチャンネルを回していると、とんでもない映像が。福岡空港を飛び立ったホノルル行きJALウェイズのDC-10が左エンジンから激しい炎を出していた。幸い乗員乗客は全員無事…と思いきや地上で落下物に当たった数名が軽傷…。最近トラブルが相次ぐJALグループだから20年目の節目の日に何かやらかしてもおかしくないとは思っていたが、こんな派手なトラブルを本当にやらかすとは。乗り合わせた方々はさぞ怖かったことだろう。

8月16日、実家で高校野球(京都外大西の試合)を見ていると、突然臨時ニュースに画面が切り替わる。何やら東北地方で震度6弱の強い地震が発生したらしい。大変だ、オリックスファンの友人が東北方面を旅行中のはずだ。メールをしてみたところ、幸いなことにまもなく彼の無事が確認された。
しかし、「仙台市泉区の屋内プールで天井落下。けが人多数」の報道を見た時、「夏休みでさぞプールは混んでいる事だろう。もしや死者がでていることもあり得るのでは」と正直心配になった。テレビの画面には天井のフレームや天井板の残骸が一面に散らばったプールサイドの映像が映し出されていた。埼玉でも住宅が倒壊したという情報も。それでも最終的に1人の死者も出なかったことが判明したことは不幸中の幸いであった。
それにしても新幹線に乗客が缶詰めになった事態。どうしてもう少し早く乗客を列車の外に誘導できなかったのだろうか?

8月23日、神戸三宮で中高のクラブの同窓会。何人か会えなかった人もいたが、2年ぶりに同部の顧問だった恩師に再会出来て良かった。ちなみに恩師が結婚式を挙げられた教会は俺の下宿の目の前らしい。

8月24日、教習所で応急救護実習。真剣そのものの救命行為の練習とはいえ、練習とあってか誰かがミスをするたび笑いがこぼれる。笑ったらいけないと分かってはいるのだが。
高速から帰還
入所から2ヶ月、修検から1月。いよいよ高速教習までたどり着いた。昼2時5分に教習所のディスカッションルームに集合、メンバー構成は若い女性教官に野郎ばかり3人の教習生。点検の後目指す京都縦貫道(京都から亀岡や丹波方面につながる自動車専用道路)に向けいざ出発とする。

運転区間は出発前に3人でじゃんけんした上で決めておいた。北野白梅町の少し北からが俺の担当区間である。この時間西大路通りの南行きは混雑しており、あまりスピードが出せない。巧みに車線変更を繰り返す熟練ドライバーの車に何度抜かされたことか。西大路五条で国道9号線(五条通り)に入り、阪急2路線の高架や桂川を越えて延々と西に進む。

西京区の沓掛ICから、初めての高速走行が始まった。キックダウンを生かした加速はすこぶる順調。ところが山一つ越えた亀岡市の篠料金所で通行券を機械に通す段になって、ある問題が発生した。

料金所のレーンでは車の料金収受のため右寄せをしないといけないが、根がチキンな俺は充分な右寄せができなかった。結局ア○ガールズに似ていると言われる一因にもなった自慢の長い腕を伸ばして券を挿入&回収。この後の大井ICでも同じことをやらかし、「自分腕長いな~」と教官に言われる。

その大井ICでは、本線車道での合流と離脱の練習をしたわけであるが
、そこで今度は目視確認の不足を指摘されてしまった。注意を受けた当初は、ちゃんと死角も目視したはずなのにと思ったが、後に他の人の運転を観察すると…あらちゃんと顔が動いてるじゃないですか。教官の言うことはやはり正しかったわけである。来るべき卒検に向けて目視確認のウェイトを増やさないと。

本当は他にも補助ブレーキ踏まれたり、ハンドル持たれたりとヤバい場面が何度もあったのだが、長くなるので省きます。

全体としての感想は、普段のマンツーマン教習とは大分違う3人交代のドライブみたいなもので(念のため言っておくが、これはあくまで立派な技能教習である。よって教官からの必要な注意やアドバイスは普通にあるが)教官と雑談を交えつつ、楽しく高速道路の走り方を覚えることができたと思う。何より教官がいい人で良かった。最後に教官、2人の同乗者、本日はどうもありがとうございました。
本を読むのがとろくて困る
大学に入学してから、ネット常時接続の環境での1人暮らしを初めてはや2年。今では暇つぶし、気晴らしはまずインターネット有りきという有様である。

おかげで以前程本を読まなくなった。あるいは読む意欲がダウンした。読むペースが著しく遅くなった。これは由々しき事態だと思うのだが、思うのに治せない。ああ、困った。某サークルの大学祭研究発表の原稿を書かねばならない身なのに…。

最近無性に箱根に行きたくなってきた。行きは伊丹空港発着のジャンボ機乗り納め、帰りは夜行バスにしようと思いそろそろ券を手配するつもり。都内から箱根には新型ロマンスカーVSEで移動したいし、浅草や渋谷、原宿、お台場といった観光地のうちどこかにも寄りたいものだ。しかしそんな金は果たしてあるのか?

さてさて今日は台風が接近する中教習とサークルの例会。今回の台風は九州で記録的な豪雨をもたらした模様で、鹿児島県垂水市や宮崎県山間部で大規模な土砂崩れが、宮崎市や延岡市などで大規模な洪水が発生したとのこと。このうち垂水市の土石流現場付近は去年12月の旅行の時バスで通ったはず。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

明日はいよいよ高速教習。無事生還できますように!
全日空エアバスA321


8月22日
帰りはANA1706便で関空へひとっ飛び。前から何度か言っているが、このフライトはANAに僅か7機のみが在籍する貴重な機材・エアバスA321で運航される。ネットで事前に指定した私の座席は前から3番目のドアのすぐ後ろの右窓際。ところがどっこい3番目のドアのすぐ後ろの座席は窓際なのに窓がない。おまけにドアのすぐ後ろということで、緊急時には他乗客の脱出の手助けをお願いしますということになっているらしい。窓がないことに落胆しつつも、珍しい機体の珍しい座席での空の旅にはそれなりの楽しみがあるはずだと1人自分を慰める。

そういうことで無事離陸すると気分は機内サービスの方に向くことに。今月のANA機内オーディオには倖田來未の「butterfly」が入っているではないか。雲の上で好きな歌手のナンバーを聴くのも結構楽しい。さらにANAは機内ドリンクサービスでは毎月月替りのスペシャルドリンクが用意されている。今月はトロピカーナのパインジュース。すかさず注文する。

さらに非常口近くの座席には離着陸時にキャビンアテンダント(以下CA)さんが座られるのだが、私のそばに座られた方は乗客へのサービスに熟練した方だった。このベテランのCAさんが旅の最後に何とも素晴らしい思い出をプレゼントして下さった。

降下に入った機内で私が飛行機ファンであると気付いた彼女は、「飛行機お好きなんですか?」と声をかけて下さった。そこからしばらく飛行機についての話をすることに。彼女からは「A321は姉妹機のA320と比べて機内が広々としているので好きだ」と現場ならではの感想など、短い時間だったが結構印象に残る話を聞けたように思う。さらに嬉しいことに「何か記念になるものを頂けないでしょうか?」という私のリクエストに対し、降機の際には備え付けの絵葉書にサインまで頂いた。CAさん、楽しい思い出を本当にありがとうございました。また機内でお会いしたいものです。伊丹空港最後のジャンボとか、神戸空港開港初日の東京便や新潟便の。

関西空港からは関空快速と今や乗客にとって悪役?になってしまった福知山線207系普通電車で実家に帰宅。明日は高校のクラブの友人と同窓会。

写真は関西空港で降機時に撮影
平和台の碑


8月22日
記念碑には球場の略史をつづった年表の他、球場をかたどったレリーフがデザインされていた。ところで高校の先輩から聞いた噂だが、福岡にはライオンズを買い取って首都圏に移転させた西武のことを「にしたけ」と読む人がいるらしい。今でもそう呼んでいる人がいるはずはまさかないだろうが、西武のライオンズ買収当初ならあってもおかしくはない話だと思う。こういう経緯を思い出すにつけて、日本シリーズでは宿敵になる相手とはいえ、ソフトバンクが福岡の球団を守ってくれたことは本当にありがたいことだと思う。

その後中洲川端でラーメンを食べ、山笠で有名な櫛田神社の中を通り抜けて祇園駅まで歩く。そこから地下鉄で福岡空港へ。
NとLの野球帽


8月22日
今年の高校1年生には平成生まれも含まれているという。かくして昭和は遠くなりにけりというわけなのだが、今の小中学生に福岡ソフトバンクホークスがダイエーホークスだったことを知っていても、そのダイエーホークスがドーム開業前に使用していた本拠球場のことを知る者はもはやなかなかいないだろう。

そういうことで、俺は地下鉄1日乗車券を片手に東京のお洒落な街を連想させる赤坂駅に降り立った。目指す球場跡は、福岡城跡公園の中で鴻臚(こうろ)館跡歴史公園になっているらしい。しかし時刻は12時、飛行機の時刻は14時10分、昼飯はまだ。ということで、球場跡自体には行けず城跡公園の入口にあった記念碑を撮影して終了。
2ヶ月後、ここで会うかも


8月22日
せっかく福岡まで来たのだから、ぜひ行っておきたいところがいくつかあった。

1つは浜崎あゆみを生んだ街、早良区、城南区の飯倉地区。
もう1つはYahooドームと平和台球場跡。

そういうわけで地下鉄空港線唐人町駅から歩くこと15分、福岡ソフトバンクホークスの本拠地Yahooドームを見物してきたわけである。2ヶ月後にはここか千葉マリンスタジアムで我らタイガースの姿を見られますようにと願って。ちなみにこの日は試合の無い日。ドーム1階のテナントにもホークスタウンのショッピングモールにも人気がなかった。

ドーム前で観光客の韓国人男性(20代くらい)と片言の英語で会話。彼も野球好きらしい。しかし、お互い英語を上手く話せず会話があまり続かず残念。写真を撮った後、「Good day!」と言って別れた。

8月22日 七隈線
七隈線

8月22日
前夜は福岡市博多区の老舗日本旅館「鹿島本館」に某サークルメンバーで宿泊。もつ鍋の夕食の後は楽しい宴会?と言いたい所なのだが。ここはしみじみ、まったり、わびさびと言ったフレーズが似合う日本旅館。おまけに夜も遅く他のお客さんに迷惑はかけられないので、静かに談笑してから各自就寝。全体的には素晴らしい宿で、幹事を勤めた後輩グッジョブ!

朝に弱い俺は一行の中で最後に宿を出た。朝8時半少し前に、近くの祇園駅から地下鉄空港線に乗り天神で下車。ここから長い地下街を歩き、ピカピカの天神南駅に。ここから今年2月に開業したばかりの地下鉄七隈線に乗ってみる。車両は高級ホテルや洒落たバーを思わせるシックな内装の電車だった。並行するバスとの利用者争奪戦に備えるためなのか、あるいは「つばめ」、「かもめ」といったJR九州の派手で近未来的な列車に刺激されたのか?写真は終点橋本駅(福岡市早良区)で撮影。
8月21日 唐戸市場での昼食
海鮮料理

8月21日
長年にわたり下関市民や観光客、用務客の胃袋を満たしてきた唐戸市場は休日も観光客をターゲットに盛業中。いざ中に入ると、元が卸売市場とありやはり新鮮な魚介類が破格の安さで販売されていた。

右が800円の海鮮丼。左が100円の天然トラフグの握り。しめて900円、感動の安さである。いや、これでもまだ高いほうかもしれない。というのもこの時時刻は15時前、そろそろランチタイムもおしまいという時間帯なので1000円ぐらいの海鮮丼を半額で売っている店もあったのだ。

さて気になる味の方はというと、醤油と新鮮な刺身の肉汁の味が生み出す絶妙なハーモニーが強く印象に残っている。以前福岡県糸島半島の某先輩の御実家で御馳走を味わった時にも思ったが、魚介類は魚介類でも玄界灘周辺のそれは格別であろう。
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。