スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金鳥の夏、ギリギリの夏
先程ヴィッセル神戸が悲惨だと書いたが、今年の夏の俺の財政はある意味今年のヴィッセルの戦績より悲惨かもしれない。

まず7日の万博行き。目一杯楽しみたいが始発の普通電車に乗るのは正直酷なので行きは新幹線利用にする予定。それで4500円飛ぶようだ。これに会場の土産代や外国パビリオンでの昼食代が入るとあらららら?

続いて18の野球観戦。実はまだ同伴者が決まらない。(野球好きの研究室友人は旅行か帰郷らしい)それだけでも大変なのだが、ドームで虎グッズに散財することはほぼ間違いないだろう。

そしてここからが肝心。19から22の山口福岡旅行。移動の大半は青春18きっぷなので割と安く済むのだが、問題は3泊中2泊がホテル泊。合計の宿泊費が10000円を超えるということだ。10000円あれば台湾では3~4泊はできるはず。日本の物価の高さを今更ながら恨めしく思う。
あとエアバスA321目当てに、復路は宣言通り飛行機を奮発してしまった。そんなに金が惜しいのなら今すぐ予約をキャンセルして鈍行でちんたらと帰るべきなのかもしれない。でも18きっぷが足りず、教習も入れたいので今更キャンセルするわけにも行かないのだ。

こんな調子だと9月に計画していた台湾旅行は中止になるかもしれない。旅行の成果を今後の研究室での活動に生かしたいので、どうしても「資金難で行けなかった」では済ませたくないのだ。(実は後期の演習で私とある女子学生が台湾ネタで発表をする予定)私にとって香港旅行や韓国旅行なら「金ないからええわ」で済むが、台湾だとそうは行かないのだ。いざとなればプライド捨てて、マイルのたまらないチケットを買ってでもあの島に行きたい。

あと旅行もいいのだが、お洒落もしたい。壊したグラサンを新調したい。アロハシャツが欲しい。夏らしいお洒落な帽子が欲しい…。壊れたMDプレーヤーの代替に、5000円前後のポータブルCDプレーヤーも買いたいし…。旅行の移動中には景色を見ながら音楽を聴くのが俺の定番だし。


お洒落とは正反対かも知れないが、9月・10月に製品化予定の阪神電車のNゲージ鉄道模型も欲しい…。

結論、生活費除きで10万あるかないかの状態では、この中のどれかを諦めなければならないのだろうか。諦めるものは可能な限り少ないほうがいい。
スポンサーサイト
7月のサッカー
金曜でレポートから解放されたので、ネットをしながら1日部屋を掃除した。どうやら再びブログを楽しめる日が戻ってきたようである。

夕食中、妹からのメールでサッカー東アジア選手権の存在を知る。特殊講義終わった~!と思ったら毎日車校、車がある程度進んだらレポート…野球にもサッカーにも目を向ける余裕が不足していたものだ。我らが日本代表の初戦の相手は北朝鮮。大会に参加している4国(日本、韓国、中国、北朝鮮)の中では一番弱く、アジアトップレベルにランクされる日本代表にとっては当然勝っておくべき相手。

1点をリードされた後半途中からチャンネルをテレ朝に合わせたのだが、日本代表は何度もチャンスがあったにもかかわらず後一歩のところで外してばかり。大黒様も期待の初代表・巻もゴールネットを割ることができないまま格下の北朝鮮相手にまさかの敗戦。2年前の前回大会の雪辱を晴らすことはもはやできないのか?いや、そんな悲観的なことを考えずに残り全勝を目指して欲しい。

サッカーといえば4年間ヴィッセル神戸の顔として君臨していたキングカズこと三浦知良が今月末で横浜FCに移籍した。本当は45歳ぐらいまでずっと神戸でプレーして、有終の美を飾って欲しかったのだが横浜FCをJ1に昇格させたいという本人の熱意があったからそれも致し方ないことなのだろう。長い間ありがとうございました。そしてご苦労様でした。新天地で城彰二と2人頑張ってください。

にしても今のヴィッセルは悲惨である。勝利の女神に見放されたばかりか、パベル監督が退場処分になったりもしているし…。
某サークル旅行会の予定
レポートに追われながら、宿泊予約サイトで小郡(新山口)のホテルを予約。これでまた旅行の日程が完成に近づいた。

8月19日
夜、ムーンライト九州で下関へ
8月20日
下関―長門市―仙崎―長門市―益田―津和野(観光)―(SLやまぐち号乗車)―新山口―宇部線・小野田線を放浪し小郡泊
8月21日
美祢線、山口観光の後、九州上陸。夜は某サークルの仲間と博多泊
8月22日
観光や地下鉄、ローカル私鉄を楽しんでから、全国に7機しかない珍機?である旅客機エアバスA321で運航されるANA1706便関空行きで帰阪のつもり。
おっと明日も教習。そろそろ寝ないと。
教習報告
当サイトとのリンクを承諾されました方々へ
最近レポートだの教習だので更新が滞っており、大変申し訳ありません。来月初頭にはリンク集に手が入るはずなのでしばしお待ちください。

忙しいのにネットしていると、ある友人のサイトが見つかった。リンク申請をしようか微妙に考え中。

さて、ここから本題へ
9日に入所し、そこからカートレーナー終了までは省きます

・14日 初の実車。教官が比較的大人しい人でリラックス。しかし自分がリラックスしすぎたのか、教官が「自分でやれ」タイプだったからか中央線の突破が続き右回りの復習を指示される。
・18日 右回り復習。教官は前回より厳しい人。カーブは何とかなりそうだが、定位置への停止が上手く行かずじまい。あと力入りすぎ。
・19日 名物教官の御指導の下、左回りとT字路・交差点の練習。名物教官は容赦ない叱責を飛ばすが、その分「よし、その調子」みたいなことも言ってくださる教習生思いの人。
・20日 昨日と同じ教官とT字・交差点の続き。交差点通行の学科が未履修なせいか意外に苦労。復習決定。
・21日 今日成功させねばという重圧に1人勝手に苦しみ、上がってしまう。よって昨日の復習箇所はおろか、外周でもハンドル捌きが硬く散々な目に。
・22日 穏やか目な教官に、教習が標準より遅れていることを指摘されるも、何とかT字・交差点・坂道と次々にクリアしついにS字&クランクへ

明日(ていうか今日)も朝から2時間乗るので、そろそろ寝ます。みなさんお休みなさい。
祇園祭
gion1


東山区某所でのボランティアに参加するため、正午前に阪急河原町駅(地下)から四条通に上がると、祇園祭の行列が。今年は休日にかぶった事もあり例年にない人出であったそうだ。ちなみに最近台湾人には、愛知万博を見た後関西観光をして離日するというパック旅行が人気らしい。

ちなみに今日のボランティアでは反省会のリーダーを任された。ああ疲れた…でもリーダー引き受けただけの価値はある反省会だった。
この反省会をやった祇園のスタバも行列目当ての人でごった返していたものである。人込みのせいで余計に疲れた気がする。
映像制作発表会
これまで3ヶ月、コンペで大失敗をやらかし、客員教授に妙なあだ名を付けられなどということから、友人や先輩と共に出かけた登山や密着取材、余り力になれなかったかもしれないけど深夜まで編集作業とまあいろいろあったわけです。

しかしその苦労が今日報われる!そう、発表会の日を迎えたわけである。映像を収めたDVDも何とか完成。大学界隈の石仏と周辺の伝統産業に従事する人々を取り上げた10分番組を上映した。

残念ながらどちらかというと堅めの内容を取り上げた我が班は、他の3班に人気投票で破れたものの、番組の質においては決して劣るものではなかったと客員教授の言葉。この授業は非常に意義あるものになったようで何よりだ。

ちなみに私が来年この授業を取る可能性は非常に低いと思うが、雪辱を期してみるのも良いかも知れない。最後にディレクターを始め制作班の皆様、お疲れさまでした。そして、協力者の皆様いろいろ御協力有り難うございました。 
JR九州に入りたかった山口県西部・JR東海か東日本に入りたかった北陸本線
試験勉強がしんどいあまり、近々「嫌いなタイプの人間2」でも書こうと思ったがやめにした。誰が勝ち組であろうと、誰が俺を負け組と言おうと、「負けたと言わない限りは勝っている」はずなのだから。

2週間ぶりに3限に出た。今日のテーマは「アメリカの中東政策」なかなか面白いやんか。遅刻して損したな。前期終了まで後僅かということもあり、前期ラスト1回ぐらいちゃんと出ようと思う。

夕食は研究室の友人ととる。試験とか済んだらまたみんなで呑みたいものだ。

さて、今日の表題に移る。
私は大学でクラスに合わなかった、友人が多い隣のクラスなら良かったと幾度も言っているが、今日の表題はそのことを国鉄の分割民営化時の不条理に例えているのだ。

皆さん御存知の通り、1987年4月1日日本国有鉄道こと国鉄は38年の歴史に幕を閉じ、北海道・東日本・東海・西日本・四国・九州の旅客6社と貨物1社に分割民営化された。ところが、この時の旅客6社の路線配分にはよくよく考えると疑問の余地がある。

東京圏の通勤輸送線区を得た東日本と東名阪間輸送で絶大なシェアを誇る東海道新幹線を得た東海は収支的に比較的余裕があるからまだいい。
これに対し西日本は大阪圏の通勤輸送と山陽新幹線の収益では埋められない規模のローカル線を抱え込み、経営基盤の強化を強く迫られていた。あとの「3島会社」については言わずもがなである。このことは先日の尼崎脱線事故の際にJR西日本の体質に関する報道でよく取り上げられたと思う。

よく「JR東海を作らずに、東海道新幹線を西日本に渡しておけば西日本の利益優先体質も少しは緩和されたのでは?」などと言われるがこうした例は実は日本中に多く存在するのだ。

・九州島内の国鉄路線は山陽新幹線を除いてJR九州に引き継がれた。JR九州は北九州都市圏や都市間特急に投資を集中させたので鹿児島本線の快速にはケバい813系をはじめとする新車が入った。これに対し北九州都市圏の東に隣接し同都市圏と経済的・文化的に強い関係を持つ山口県下関市、宇部市など山口県西部の路線はJR西日本に引き継がれた。御存知JR西日本は大阪圏のアーバンネットワークと新幹線、北陸特急に投資を集中させているので広島山口地区では車輌の近代化が遅れている。もし山口広島の線区がJR九州に引き継がれるか、西でも九州でもない別会社であったら車輌、施設、ダイヤはより改善することだろうに。

・西日本は北陸の特急を優遇…と書いたが、同じ北陸でも鈍行には経年40年超の特急・急行のお下がり車輌(通勤輸送に不向き)が使われている。こうした背景には西日本が中国山地と北陸に膨大な規模の赤字ローカル線を有し、決して経営面で恵まれていないこと、北陸線の車輌は交流電化・直流電化の両方に対応するため製造コストが他線の車輌に比べて高いことが挙げられる。
 そこで提案なのだが、北陸地区の路線の一部を東日本と東海に肩代わりしてもらうのはどうだろうか。たとえば新潟・長野の大糸線は全線東日本に、富山の高山本線は全線東海に…という感じで。北陸線も金沢―直江津ぐらい東日本でよかったのかも知れない。現在北陸線の鈍行はラッシュ時の地元利用者に不評というが、そうすれば交直両用の新型通勤・近郊型電車も作れるだろうに。

何か鉄道ファンらしい愚痴になってしまったが、地元の利用者からすれば「ラッシュ時に人の流れを捌けない車輌はごめんだ」ろうし、「トンネルの向こうで近未来的な新車が走っているのに、なんでうちらの地域の電車は旧態依然なの?あとダイヤも不便。やっぱり出かける時は車」とかなってしまうこともあるのだろう。まるでクラス替えで片思いの女の子と離されて嘆いている少年みたいな話だが、今上に挙げた地域でこういう声は普通に出ていると思う。

話を俺の大学生活に戻す。結論、俺と数人の友人は隣のクラスに配属されるべきだった。その方が絶対楽しかったのにと個人的に思う。もっともそう思っているのは実は俺一人だったりするのだが。
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。