スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名古屋1day trip~携帯と近鉄の無い旅~
実家を朝8時頃に出る。途中新大阪付近で携帯を忘れたことに気付く。まあ日帰りなので数少ない公衆電話に頼れば何とかなるだろう。
JR東海の快速との接続が悪い米原からはこだまに乗り、10時半過ぎ名古屋着。今日は万博5日目。8番線は万博行き列車のホームになっており、広い自由通路には万博総合案内所が設営されていた。
ここからもう新名古屋ではない名鉄名古屋駅に移動し、まずは知多半島の先端を目指す。特急パノラマスーパーで前面展望を楽しみつつ知多新線終点の内海で下車。すぐの電車で折り返す。
それからいろいろあって、今度は中部国際空港へ。太田川から空港まで一部自由席特急用の新型車である赤いミュースカイこと2200系の特急に乗れた。この特急はカーブにかかると車体を傾けて高速で走るのが特徴。ただ空港の見物客が未だに多いため、着席はできなかったが。
空港は人が多い、風が強い。こんな強風の中みなさんよく展望デッキを歩き回られている。私もその一員だったわけだが。おかげで飲食店も凄い行列。よって味噌煮込みその他の名古屋めしを味わうのを諦め、飛行機の撮影をして、味噌ソフトクリームを買って1時間半で空港を退散した。
帰りの特急は従来型のパノラマスーパー、よって車体の傾斜機能こそ無かったが、空港と本土の間の連絡橋上からさっそく時速100キロの高速で快走し、名鉄名物のミュージックホーン(通称どけよホーン)を何度も聴かせてくれた。どけよホーンに加え、車内では復旧したMDで大塚愛、浜崎あゆみ。Happy Days聴きながらの高速走行は最高でした。
その後は弥富へ行く津島線、尾西線にも乗り17時30分頃名古屋を出て20時30分過ぎ実家着。行きと違い、帰りは一度も新幹線や特急に乗らなかった(全行程JRの新快速利用)が、実は所要時間は近鉄特急利用の場合とほとんど変わらなかった。これから名古屋へ行く時は1に新快速ということなのか?東海も新幹線偏重を少し見直して欲しい気がする。しかし企業の論理は最大の利益を追求すると言うものだしそういう儲からないサービスは無理か。
スポンサーサイト
2回生最後の日曜日
毎度のように死んでいるバスで祖父母の家へ。河原町通でデモなんかやるなよと言いたい。
しかも忘れ物をしたので時間が余計にかかる。
81歳の祖父と熱い会話をしてから家庭教師のバイトへ。上手く教えられるかどうかは分からないが頑張りたい。
東京行きはGWに延期、明後日は名古屋。

(20090524転記)
さようなら秘境駅
今日は朝から神戸電鉄の菊水山駅(神戸市北区)に向かう。この駅は大都市神戸にあるにも関わらず、普通電車ですら停まらない列車が多いという秘境駅として鉄道ファン、秘境ファン両方から親しまれてきた。しかし、この3月25日限りで65年間の長い歴史に幕を閉じることになった次第である。国土交通省への届けの関係上廃止ではなくあくまで休止だが、復活の見込みはまずないと言う。

板張りのホームには他にも同業者がちらほら。20分程写真を撮ったり、駅に通じる狭い階段を散策したりしてから電車で下山。

帰りは阪神電車。台湾に行く時の関空行きバスの中で「これで見納めか?」と思っていた阪神電車に幸いにもまた乗ることができた。行き交う特急に、急行に、普通に、同社の開業100周年を祝うヘッドマークが誇らしく輝いていた。

(20090524転記)
安全神話崩壊
昼前に目を覚ましてネットを見ると「福岡、佐賀で震度6弱」の一報。この辺りは歴史的に地震が非常に少なかった地域の一つである。たしかに神戸だって1995年某日までは地震が少ないと言われていたが、古文書や発掘調査に触れる機会の多い専門家の間では関西圏には古代から結構大地震があったことは周知の事実だった。
とにかくそんな地域を不意に襲った大地震だから、その恐怖は容易に伺い知れる。10年前、「東京はしょっちゅう震度5があるけど大阪は絶対大丈夫」と信じていたのを裏切られた経験は決して忘れられない。
現段階で死者は僅か1名、九州本土では家屋の被害は最小限という。被害が意外に小さいのは地盤が強いから、福岡市都心が激震地からぎりぎり外れた結果だからという。地盤が強いのは安定陸塊の中国韓国に近いからなのか?

とにかく亡くなられた方の御冥福と負傷された方の早期回復、被災された方々の早期復興をお祈りします。玄界島の皆さんが早く島に戻れますように。

最後に、地震を除くニュースを2、3。海賊に拉致された3人は無事保護、曙ついに初勝利。

(20090524転記)
東武踏み切り事故
夜ボランティアサークルの集まりに久々に出席。土産のパインケーキと写真を持っていく。新歓頑張らないと。

東京足立区の東武伊勢崎線で、手動踏み切りの操作ミスにより4人が死傷する事故。東京23区にも未だに手動踏み切りが残っていたとは。東武伊勢崎線というと東京メトロの2路線との直通運転、関東私鉄最長の複々線など列車本数が関西私鉄の比ではないほど多い路線である。だから事故現場の踏み切りは開かずの踏み切りとして知られており、機械よりも手動にしておく方が人が渡るのに好都合だという。

私が日頃利用する阪急神戸線は大都市ながら高架化がほとんど進んでいない。よって自動の踏み切りが多く存在し、上下両方の電車が同時に来る時など待ち時間が長くいらつくこともある。しかし今回の事故で思うに自動の踏み切りと言うのは故障が少なく、安全である。第一係員が踏み切りを降ろし忘れる心配そのものが存在しない。安全はいらつく踏み切り待ちの賜物ということなのであろう。

いや、そもそも大都市部で鉄道の立体化が進んでいないことが根本的な問題なのかも知れない。台北の鉄道を例にとれば、地下鉄は全線地下か高架だし、国鉄も市内の松山駅から西隣板橋市の板橋駅までが地下である。松山から東にはまだ踏み切りがあったかも知れないが?こちらの方も並行する地下鉄板南線の整備に併せて松山以東も地下化される計画があるらしい。ちなみに地下鉄のうち一路線は国鉄ローカル線を改築したものであり、この一連の改築で多数の踏み切りが消滅している。

あと我ら関西の阪神電鉄本線は殆どが高架線か地下線を走る。地上線なのは武庫川と甲子園の間、香櫨園と魚崎の間だけである。しかもこの2区間とも高架化の準備が始まっている。地下鉄やモノレール、割合最近に開業した鉄道を除くと、ここまで立体化率が高い鉄道は他にないであろう。同社は間もなく開業100周年、今後も球団ともどもさらなる発展に期待したい。

(20090524転記)
今日も再会
今日も昼から梅田で高校の友人と会う。
昼食は中華料理食べ放題。この席上でニューヨークと台湾の土産話を交換。いじめ首謀者の近況も伝えられた。
しかしせっかく美味しい御馳走を前にしたのに、一週間の旅の疲れがまだ相当残っている様子。食欲未だ回復せず。
その後は友人実家近くのカラオケで熱唱し、喫茶店で談笑して帰る。次は夏にでも会いたい。

夜、マラッカ海峡で日本船が海賊に襲われ拉致者が出たと言う速報を耳にする。未だに海賊が存在したことを知りしばし驚く。3人とも無事帰ってきて欲しい。

驚いた?と言うか半分覚悟はしていたのが高知宿毛の暴走特急。今日現場から撤去されたわけだが先頭車は原形をとどめていなかった。ちなみにこの列車の先頭はグリーン席。休み中の昼間だと大抵の場合バースデー切符(誕生日の月にJR四国のグリーン車乗り放題)利用の旅行者が陣取っている。つまり、もし昼間の列車(行き止まりの宿毛駅からその日のうちに高知方面に折り返せる)なら乗客にも死者が出ていた可能性が強いそうである。事故列車は夜9時頃宿毛着の最終に近い列車なのでこうした客は乗っていなかった様子。

高知と言えば綾瀬はるかがポカリスエットのCMで高知の路面電車を追い掛けて疾走していた。まじでかわいい。
無事帰国
台北中山北路のホテルを午前5時過ぎ(日本時間午前6時)過ぎにチェックアウト。近くのバス停から空港近くの桃園県南嵌鎮経由のリムジンバスに乗車。
台北中正国際空港では旅行記ノートを無くしかけるが、無事回収し午前8時30分発のEL,BR2132便に搭乗。日本時間11時39分に関西国際空港に到着。

妹が大学合格との報を帰宅後に知る。
*2005年5月25日転載
悲惨な最後の夜
2005年3月8日(6日目)
 ホテルでお粥の朝食の後、中正(蒋介石)紀念堂と228記念館(2日目の見残し)という対照的なスポットを見学。昼食は小籠包と五目汁麺、高級店なので300元と高め。
 食後は2日目行けなかったTAIPEI101へ。台北は盆地にあるのでそんなに下界を広く見渡せず。靄もかかっていた。ここで同じく京都からの大学生と会う。
 美味しいお菓子屋で土産のパインケーキを買った後ホテルに戻ると激しい頭痛に襲われる、よって最後の夜は十分楽しめず。もう一度西門町行きたかったのに。(涙)
*帰国日に作成、2005年5月27日転載
6年目の被災地で
2005年3月7日(5日目)

疲労が極限に溜まり、朝食はこの旅唯一の食べ残し。

台南を出たのは何とお昼前。これで台湾中部のローカル線(集集線)を乗り通せなくなった。まあ途中の駅までということで同線終点手前の集集で下車。ここで鉄道博物館を見る。

この駅前の土産屋で同世代の女の子と親しく会話、彼女は反町隆史大好き、日本大好きのかわいい田舎娘。彼女にバス停の位置を聞き、携帯で写真を撮り「再見」といってさよならする。

バスは椰子林の中を台中に向かう。ここは99年9月21日未明の大地震の震源地に近く、家屋の倒壊で多数の死傷者が出た地域である。集集線も甚大な被害により2年間運休したという。その事実を思い、あの子もさぞ大変だったろうと想像する。

南投県の主要都市、南投や草屯には明らかに新しい建物や更地が随所に見受けられた。神戸の東灘区よりは更地が少ないように思われたが、ここまでの苦労は相当なものだったろう。

それにしても平地に出てからバスが飛ばす、120キロぐらい出てるみたい。運転士も機嫌悪そう。おばあさんが怒鳴られていた。

かく言う私も集集での楽しい想い出で気が弛んだのかバスの券を床に落とし、台中で降りる時運転士に怒鳴られる。油断は禁物なり。

気を取り直し、自強号で台北に戻る。今夜の宿には日本語が堪能なホテルマンが常駐。


*帰国日に作成、2005年5月25日に転載。
日本人なら高雄に行け!
2005年3月6日(4日目)

 今日の予定は台湾南部の2大都市、高雄市と台南市の観光となっており比較的余裕のある予定。

 まずは高雄で日本時代の神社跡へ。神社近くの動物園からは日本びいきのおじいさんの車で移動。陳総統の出身地でもある台湾南部は彼のような親日派が多い。

 神社跡は孫文を祀る忠烈祠になっていたが、石段や灯籠台、狛犬は往時のままだった。タクシーで下山して向かった市立歴史博物館も日本時代の市役所。展示内容もどちらかというと日本に好意的。締めは旧駅を使った願景館。親日の都を楽しんでから自強号で台南市へ。

 ホテルに荷物を置いた後、市内の古城を見学する。台南は古都と美食の町として有名だが、名物の田ウナギやサパヒーは食べ損ねる。また機会があれば台南でのんびりしたい。
 
 (追伸)せっかく昨日高雄で買ったグラサンを潰して、駅前の眼鏡屋で代わりを買う羽目に。今日は日曜日、可愛い姉妹がお母さんを手伝って看板娘として働いていた。姉は16歳か17歳、妹は7歳か8歳。また逢いたいものだ。

*帰国日に作成、2005年5月26日に転載
火車は走るよどこまでも
 朝8時半過ぎ台北駅発の自強号(特急)に乗り、途中2回乗り換えて高雄へ。高雄着は18時38分。

 宜蘭や花蓮周辺の風景は日本の予讃線(愛媛県)や紀勢線(紀伊田辺とか御坊の辺り)みたいな感じ。

 途中花蓮から台東まで乗ったキョ(草かんむりに呂)光号(急行)車内で屏東在住の先住民のおばあさんと歓談。彼女は宗教関係の用事でこの急行に乗ったとか。

 台東からは1991年開業の新線を含む区間。海沿いの村々に出発前日に死亡事故を起こした土佐くろしお鉄道を連想させる高架橋が続く。そこを日本製の特急気動車は快調に走る。 

 高雄市は京都や神戸並みの人口を有する大都市なのに、まだ地下鉄が全線工事中。よってバスしか交通機関がない。日本の鹿島も参加しているこの工事現場を横目に有名な夜市に。台湾のお好み焼きは大阪焼きと呼ばれ、ワサビやケチャップがかかっていた。
*帰国日に作成、2005年5月25日転載
桜咲く台北
今日は台北市内観光。まず有名なお粥屋で朝食。しかし北京語でのセルフサービスに一苦労。

食後はこの3月1日にグランドオープンした世界一高いビル「TAIPEI101」に昇ろうとしたが、13時からの営業とのこと。諦めて故宮へ。ここもしっぽり見たため見学終了は2時半。
都心に戻るバスを探しているとタクシーの客引きに捕まる、彼は茶屋の経営者。やーさんだったらどうしようと少々恐怖を覚えるも、どうやらそれは杞憂だったようだ。彼の店で聞茶を体験し900元の茶を購入。しかし車代と合わせ1000元はちょっとねえ。

その後地下鉄淡水線で都心へ。都心にある国民党による虐殺事件の記念館「228記念館」へ。しかし半分見たところで時間切れ。
フラストレーション溜まりまくりの状態でホテルに戻る。ここで休んで仕切り直し。西門町でいろいろ買い食い。

明日は東海岸の鉄道に乗ろう。
*帰国日に作成、2005年5月25日転載
宿願成就
12時55分関西空港発のEL(エアーニッポン).BR(台湾エバー航空)2131便(機材はエバー航空A330-200)で一路台北へ。5年越しの夢へ向かい翼ははばたいた。
機内音楽も映画も十分楽しめないまま15時10分(現地時間、日本より1時間遅い)台北中正国際空港着。

ここからテレビ付きバスで1時間かけて台北へ。繁華街西門町にあるホテルへ移動するも途中迷子に。

18時頃ようやく投宿するも、余りの疲れに夜市に行くのを断念。近くの人のいい親父さんの経営する四川料理屋で夕食。

デザートは人気モデル林志玲の写真付きヨーグルト。
*帰国日に作成、2005年5月25日転載

copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。