スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知らぬうちに(過去ログ2004-3)
桜が咲いているではないか。明日はバイトの帰りに電車から花見でもしようか。

大学生協に出かけ、あゆの新曲と電子辞書を購入する。今度は置き引きに遭わないようにしないと。

今週末はモー娘。のコンサートなので最近のアルバムをレンタルしてから帰ることにする。

それから今日は年度末。明日から日本航空に完全統合される日本エアシステムは最後の自社による国際線を飛ばしたようだ。

あと鳥インフルエンザを出した養鶏場の社長がついに逮捕、当然の報いであろう。

スポーツ界では若者の台頭が著しい様子。今日のニュースによるとサッカー・女子バレーの15歳に続き、17歳の十両力士が誕生したとか。
スポンサーサイト
ひたすら労働
今日の昼は某サークルで新歓用の会報を出版するため飯も食わずとにかく労働。最初の方で焦ってイラついたりもしたが、会員諸氏のおかげで夕方には約80ページの会報が約50部完成した。皆さん、御協力どうもありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

作業終了後は皆さんモノポリーに興じておられたが、私は運に左右されすぎるゲームはあまり好きになれない。

ともあれ、帰宅後はベッドに直行。中途半端な時間に3時間も熟睡してしまう。

そうそう、今日大学生協で4月末の寝台特急あけぼの号の指定券(上野-大館間)を手に入れた。これと先述の大阪発東京行き全日空便をつなぐつもり。ただ、どうやって帰るかがまだ未定。ひょっとしたら昼間の普通電車を乗り継いで帰洛するかもしれない。

最後に一言、島谷ひとみの新曲は素晴らしい。
忙しい
BOXと部屋で某サークル会報出版の準備。ああ忙しい。就寝は午前1時半。

夜、ふとノリでコーヒーにマシュマロを入れてみる。するとマシュマロが溶けてカプチーノみたいな色になってしまった。別にそれでヨーロッパの洒落たカフェの気分が味わえた?訳ではなかったし、マシュマロがイチゴ味だったせいか味の方もいまいちだった。コーヒーにはやっぱりミルクと砂糖でしょう。
堕落人間(過去ログ2004-3)
終日部屋とBOXでだらけて過ごす。

そういえば高校野球と相撲とプロ野球がいつの間にか盛り上がっていた。秋田商対甲府工をふとした機会からテレビ観戦。

で、相撲はまた朝青龍の優勝。千代大海はここぞと言う時に負けるので残念だ。ちなみに私の好きな力士は高見盛。彼は辛うじて勝ち越し。

プロ野球はセが開幕したらぼちぼち見るつもり。

そうそう、曙が武蔵に負けたらしい。曙は角界時代に膝を傷めているのでもう現役選手は無理だと思う。サップに負けるのは仕方ないが、武蔵にまで負けるとは…。
春の関空・紀州路(スルッとKANSAI3dayチケットの旅その1) (過去ログ2004-3)
2004年3月27日

 朝6時半過ぎの京阪特急で旅立つ。関西民鉄の共通カードシステムスルッとKANSAIの3dayチケットで関西空港に行き、ついでに和歌山方面の南海線と近場の未乗降駅の踏破をするべく。

 まず南海多奈川線に乗ってから関空へ。この多奈川線はかつて淡路島航路との接続で賑わったが、今は岬町民の日常の足として細々と動いている。

 関空ではカメラの電池切れという災難に巻き込まれるも、10時半から16時半まで粘って撮影。ただ金の足りない学生の身、フィルムが足りず中東からのエミレーツ航空A340-500を撮影するためにJALの新色DC-10やタイ国際航空のB747-400の撮影を断念する始末。それでも久々の関空は楽しめた。

 さて南海乗り歩きに戻るが、南海はいろいろな面で面白い私鉄である。まず、駅名標のバリエーションが多い。90年代のCI導入に際して製作された近代的・機能的なものから、白地に黒字の古臭いもの、明らかに60年代以前の毛筆体のものまであった。毛筆体の駅名標を深夜に見ると何か不気味な?印象を受ける。子供とか怖がって泣かないだろうか?

 それから車両面では、60年代の片開きドア車両が今も空港急行や大阪-和歌山間の特急といった看板列車に使われている点にびっくりする。うちの地元の阪急でもこれぐらいの経年車が特急に入っているが、内装・設備面で新し目の車両と大差ないからまだいい。しかし、南海のその車両は明らかに古さを隠せない。特急が旧型、普通が新型というねじれた事態を利用者はどう思っているのか?

 で、関空を後にした私は加太・和歌山港と回って帰路に就くが、和歌山港を出た時点で既に19時過ぎ。しかも途中の駅数駅に降りたりしたので余計に時間がかかったが、何とかその日のうちに京都着。

 最後に、関西空港開港から早10年。南海は阪和間輸送よりも空港輸送の方に力を入れるようになり、泉佐野以南にダイヤ・車両両面であまり力を入れなくなったように思われる。また、明石海峡大橋完成のかげで南海フェリーの利用者が減ったことは、接続する和歌山港線にも影響を与えていると見られる。また、今回乗らなかったが和歌山-貴志間の貴志川線には去年廃止話まで浮上した。これら和歌山の電車たちの奮起を期待したいところである。
3大人気番組の終焉(過去ログ2004-3)
 部屋にこもってインターネット、何とも不健康なものだ。読書も紀行文書きも気が進まない。

 でも今夜は3つのお気に入り番組の最後を見届けなければならない。まずは1985年開始の人気ニュース番組「ニュースステーション」。私が小4の頃から時々見るようになり、高3からは毎日見ていた番組である。なんか地震の時に地元のサンテレビからニュースステーションが放送されたり、安室奈美恵がゲスト出演したりしたことが懐かしく思い出される。もちろんアイドルよりは犯罪被害者の本村洋さんを呼んだり、アフガンの現地ジャーナリストから生の声を聞いたりした社会派の姿勢が大事なのだが。報道姿勢や所沢ダイオキシン事件の報道で叩かれたりもしたが、大衆が親しみやすい語り口で時事問題についての情報を伝えた功績は大きい。スポーツニュースも良かった。サッカーの川平慈英氏を見る機会が減って残念だ。

 そういえば、真中瞳ってどこに行ったのだろうか?

 Nステもいいが、金曜の私には「奥さまは魔女」の方が大事。結局米倉涼子と娘が娘の教育のために魔界に行き、一家は離れ離れになってしまった。それでも夏木マリ演じる米倉の母親と原田泰造が和解したところや、原田の取引先の女部長までもが行方不明の彼を探したところが感動ものだった。ちなみに今日は原田泰造が娘の魔法で一時小人にされてしまった。ご愁傷様です。

 最後は松任谷正隆・藤原紀香の「FUN」。藤原紀香のファッションと最新のヒット曲が同時に楽しめる素晴らしい歌番組だったが、スポンサーがああなってはねえ。「今週の紀香チェック」も今日でおしまいか。ラストは松任谷正隆氏のピアノで紀香とゴスペラーズが荒井由実の「卒業写真」を合唱。これで楽しい番組がまた…。

 思えば、予備校で大切な女性と私が知り合ったきっかけが2人とも「藤原紀香&矢田亜希子ファン」ということだった。彼女自身も「私は藤原紀香を目指しているのよ」と公言し、彼女の著作「藤原主義」を読んでおりよっぽど紀香に憧れている様子。そんな彼女からここ1ヶ月連絡が無く時々辛くなる。まあそっとしておこう。

 さて、明日は出かけるつもり。
春は弥生(過去ログ2004-3)
というが、バイト先の嵐山はこの時期が観光シーズンにあたるため観光客でごった返していた。昼は桜餅が名物と言う茶屋でざるそばを食す。

塾に入ったのは午後2時過ぎ、バイト先の先生からは「早く来過ぎですよ。」と言われた。この日は生徒さんが多く、答案の採点とその合間の英語朗読に大童の一日だった。来週は宿題が多いため、子供たちのみならず私たちも大変だ。

さて、親からバスの券が入ったので今日はバスで帰ることにする。阪急松尾から下宿前までバス1本、非常に便利なものだ。
3日もすると(過去ログ2004-3)
さすがに気持ちが落ち着いた。あの場にいた皆さん、どうもすみませんでした。病気はともかくこういうことで気持ちが不安定になるなんて‥まあそういうジンクスがある上、ゲームにしてはあまりに悲惨な結末だったので一時的にそうなるのは仕方ないかもしれないが、ちょっと落ち込みすぎたと思う。

いくら自分の過去の不幸が事実でも、それは3、4年前に他所の共同体にいた人にとっては聞き苦しい愚痴に他ならないのである。予備校の友人のうち、今も仲がいいのがあの娘だけっていうのはそれが原因かもしれない。ああ、謝罪したいので予備校の同窓会でもやって欲しい。

今日は実家で怠惰な生活。でも明日はバイトのため京都に戻らないといけない。

今日分かったこと、私はそんなに純真ではない。人間だからそれなりに汚れたところもある。
後期試験の発表(過去ログ2004-3)
医者に行った所、重病の後遺症はないようだ。これで心配が1つ減った?

それはそうと妹の浪人が確定した。1浪だしまだ何とかなるだろう。試験と言えばあの娘からも連絡なし。近い内にまた会っていろいろ話したい。

話は変わるが、尻尾をけがした猫の経過は順調の様子。
雨は魔物(過去ログ2004-3)
雨のせいで実家に帰るのが遅れる。まあ、実際帰宅が遅れた原因は雨だけでなく愛内里菜のベスト盤をずっと聴いていたためもあるのだが。島谷ひとみや倖田來未のアルバムも欲しい今日この頃。私はガールポップなしには生きていけない。

夜、神虎さんから電話。これで気分が少し楽になる。
原稿が(過去ログ2004-3)
全く進まず、自己嫌悪の情が増していく。

今夜は「AYU READY?」が最終回なのでついつい見てしまう。あゆとごっちん(後藤真希)の2美人が「うわさのSEXY GUY」をデュエットする様は天下の壮観?だった。そういえば旅行やバイトで忙しくチェックし遅れたがごっちんが「サヨナラのLOVE SONG」と言う新曲を出したらしい。あゆも今月末に「Moments」という新曲を出すとか。

台湾の選挙では陳候補が勝ったようで一安心。

サッカーは見逃したが、ジュビロ磐田の中山雅史が久々に得点を決めたらしい。妹と兼部先の友人は今頃大喜びだろう。イルハンが入って話題の神戸と今季J1に上がった観客動員数1位の新潟の注目対決は引き分けに終わったらしい。大相撲では朝青龍の優勝だけはできれば回避されて欲しい。

で、「AYU~」を見ていると「いかりや長介死去」のニュース速報。これでまたドリフのメンバーが…。ご冥福をお祈りします。

GWは秋田か仙台に行こうと思う今日この頃。
今日はドラマの日(過去ログ2004-3)
 明後日締め切りの原稿はまだ途中。ああどうしましょう。

 夜はお決まりの「奥さまは魔女」。先週の放送は福岡に行っていて見逃した。確か先週の今頃は香椎線に乗っていたっけ。知らないうちに米倉涼子・原田泰造夫婦に女の子が生まれており、母親と同じ魔女になっていた。名前は「つばさ」らしい。それで今日の ネタはつばさちゃんのお受験だった。

 ドラマの後は今月で終了する藤原紀香司会の「FUN」卒業スペシャルを見る。ゲストが後藤真希だったのは最高だったが、全盛期のELTや桜坂を歌う福山雅治が見られたのも良かった。カOボウにもうちょっとお金があればねえ。

 それから台湾の陳総統が遊説中に銃撃されて負傷したらしい。幸い大事に至らず済んだようだが、中国との独立共存路線を取り民主的・進歩的な政策を取ってきた陳氏に対してテロを行なうとは断じて許せない。何はともあれ明日の選挙の動きに注目が集まるところだ。
勝利の木曜日(過去ログ2004-3)
祝祝祝祝祝祝日本男子サッカーアテネ五輪出場決定!!大久保嘉人万歳!

とはいえ今日の夕方から夜はバイト。よって試合結果は携帯で、試合のハイライトはテレビで見ることに。中東の強豪・アラブ首長国連邦(UAE)相手にこのような試合をするなんて、メダルも夢ではないだろう。ちなみに某サークルで話題になるエミレーツ航空はUAEのエアラインです。

ちなみに今日からバイトは正式に私担当に。
困った(過去ログ2004-3)
某サークル用の原稿が全然進まない。あと4日しかないのに。

そういえば「お茶漬け海苔チップス」なるものを食する。味の方はわさびが利いていないので期待はずれだった。「すし太郎チップス」って食べた人いますか?どんな味だったか教えてください。
バイトがあるので(過去ログ2004-3)
今晩帰京することにする。何か家の猫が尻尾をけがしたようで、尻尾を直立させることができなくなっているらしい。そのため獣医に連れて行こうと思ったが放し飼いのため、なかなか捕獲できない。結局今日も獣医には行けず。

ああ、そういえばこの2日間犬を散歩できなかったなあ。ごめんな。
おとといに続いて(過去ログ2004-3)
旅の疲れからか昼前まで熟睡する。夜は家族で焼肉屋に行くが、会計が馬鹿でかい額になる。お得な食べ放題コースを注文せず、いちいち単品で注文したのが原因である。
一日がかりの帰宅(2004年春鈍行旅行vol7)(過去ログ2004-3)
 旅の疲れからか埴生邸では熟睡してしまう。美味しい朝食を御馳走になり、埴生氏と御家族の方に礼を言って車で駅へ。筑肥線の某人気歌手と同名の駅を訪問してから博多に出る。博多では新幹線開業記念のイベントが盛大に開かれており、私も特急「つばめ」のコースターを購入。この会場で昨日新幹線に乗って来た某サークルの友人とばったり会う。

 それから昼食のラーメンを食べ、小倉まで白いソニックに乗車。たった500円で本革の椅子に座れる点でJR九州は偉大である。下関行き普通電車で小倉を離れる時、窓外を流れていく優美な885系と813系の姿を私は見えなくなるまで見送っていた。

 近未来的なケバい電車が走る九州からトンネル1つ超えた下関からは一昨日と同じ国鉄型車両の旅が始まる。4時間で広島着。岡山方面にはこのまま山陽本線の電車に乗った方が早く着くのだが、今日はここから呉線に寄り道する。広島と呉の間の坂(地名)の辺りで見えた瀬戸の夕凪はこの旅一番の絶景となった。瀬戸内海に沈む夕日は日本の原風景の1つだろう。そういえば車内で食べた駅弁は「瀬戸のめぐみ」という呉線全通100周年を記念した弁当で、呉発祥の肉じゃがや駅弁で知られるじゃこ飯、広島銘菓と書かれた柿ようかん、牡蠣と蛸の煮物といった沿線の名物が入っていて非常に美味しかった。ぶっちゃけ今まで食べた駅弁の中で1、2を争う中身&味の弁当である。

 それから糸崎でも乗り換えて、岡山からはひかりレールスターで一気に姫路まで飛ぶ。姫路からは新快速と阪急を利用し、23時過ぎ実家着。明日は年上の女友達の大学卒業式。袴姿見たかったなあ。
九州新幹線開業(2004年春鈍行旅行vol6)(過去ログ2004-3)
2004年3月13日

 と世間は騒がしい?が、まだバイトを始めたばかりの私は金がないのでまたの機会に乗ることにする。そういうことで先輩に礼を言い、西鉄天神大牟田線某駅を朝6時45分に出て7時30分博多発の博多南線に飛び乗る。この路線は某人気テレビ番組で「290円で新幹線に乗れる区間がある。」と紹介されたユニークな路線である。ただ新幹線とはいえあまりに距離が短いので大してスピードは出ていなかった。

 博多に戻り、JR九州の運賃割引など様々な特典のある若者向けサービス「ナイスゴーイングカード」の会員登録を済ませ、割引乗車券を買って福北ゆたか線、日田彦山線経由で日田に向かう。福岡県の彦山や宝珠山辺りから名物の日田杉林が目につくようになり、花粉症の人には辛い様子。夜明からは筑後川に沿って走るが、川面はよどんだ緑色をしていた。

 さて、到着した林業都市日田は江戸時代天領として栄えた当時の古い町並みが売りだが、観光する時間はなく今度は久留米に向かう。久留米では新八代で鹿児島中央行き新幹線「つばめ」に接続する特急「リレーつばめ」を見かけた。昨日まで走っていた在来線特急「つばめ」と同じ車両であるが、これがもう鹿児島まで行かなくなったことを痛感させられた。特急もJRも失った阿久根市の今後が気になる所だ。

 それから鳥栖、佐賀経由で有田へ。佐賀から有田までは特急に乗るが車両はかつて一世を風靡したハイパーサルーン。リレーつばめやソニック、白いかもめなどの後輩が登場して陳腐化した感は否めないが、その高速性能はいささかも衰えておらず私はこの車両を今一度見直した。

 あとは伊万里と唐津で乗り換え、筑肥線沿線に住む埴生氏の実家に向かうだけ。総勢5人で埴生邸へ。一同新鮮な刺身の盛り合わせに舌鼓を打ち、酒を飲みつつ談笑する。あの濁り酒は美味しかった。その後のバイオリン、ピアノ演奏会も好評であった。

 今日は土曜だけに「AYU READY?」を見てから布団に入ることにする。「AYU READY?」の途中でニュース速報が。一体何が起きたのだと番組そっちのけで画面を凝視すると次のようなテロップが。
「北九州市のガソリンスタンドで灯油とガソリンを間違えて販売、今なお販売先が一部判明せず。買われた方は販売店まで連絡を」私はこの速報に何ともいえない恐怖を感じたがすんなり寝付くことができたようだ。

*帰宅後に作成
九州への難行苦行(2004年春鈍行旅行vol5)(過去ログ2004-3)
今日から北九州へ。途中姫路―岡山、小郡もとい新山口―新下関が新幹線。岩国―櫛ヶ浜が岩徳線。その他は延々と東海道・山陽本線を利用。しかし旅程の前半はあえて書かないが語るも無残なものに。広島県内でポケットかポーチに入れたはずの18きっぷが行方不明になってしまったのだ。

まあ新幹線に2本も乗れたし、白くないソニックにも乗れたし良しとしよう。夕食のかしわめし(北九州市・折尾駅駅弁)、安くてうまい。これ最高。

0時ごろ某サークルのOBの方の家に投宿。話は尽きない。
それにしても京都市内某所に置いた自転車が気になる。
バイト引き継ぎ(過去ログ2004-3)
午前中は兼部先で新歓用のチラシを入学手続きに来た新入生に配る。帰り際、久しぶりにクラスメート3人に会った。ごく自然に喋って別れる。学部にいるのは私を悪く思っている者ばかりではないことを信じられそうな気がした。私が虚勢を張っていたことを後悔していることとそうなった背景を説明すれば理解してくれる友はサークル以外にもいる筈である。

午後はバイトの引き継ぎ。今日限りで前任者の先輩は木曜勤務から引退される。私はまだコツがつかめない面もあるが、早くこの仕事に慣れたいものである。慣れればスピードも判断力も上がるだろう。もちろん余計な焦りは禁物だが。そういえば去年一度パン工場で働いたが、そこで担当者から「焦るな」と言われた時は気持ちが楽になったものだ。

夜は旅行の荷造りと某サークルOBの方との電話。
明後日からまた旅行(過去ログ2004-3)
旅行の立案と原稿作りが全然捗らない。一日を無駄に過ごしてしまった。(泣)
そういえばFIREの宣伝に星野仙一氏が出ている。これでまた飲むべきコーヒーが増えてしまったなあ。
うれしい知らせ
12時過ぎに起きてだらだらネットに浸り原稿を打つ。しかし原稿は進まない。そういえば九州旅行の予定もほとんど未定。予定は未定よくある話よねっていうのはスキー用品店のCM曲だったな。

夜、突然のメール。私にバイトを紹介してくださった先輩が大学院に、別の先輩の友人が某公立大学にそれぞれ合格されたらしい。2人ともこれまでいろいろ苦労されただけに泣きこそしなかったが非常に嬉しかった。

ただ、私の妹(現役)はだめだった様子。後期にはかなり望みがあるとか。あの娘からも連絡なし。彼女に春が来るまで私は到底安心できそうにない。
続・私の長い1日(過去ログ2004-3)
徹夜カラオケの後仮眠し、自転車に乗って外に出る。嵐山の塾にバイトの下見に行くためである。

しかし全区間自転車利用では遅刻寸前になり途中の京福電鉄某駅で自転車を乗り捨て、タクシーで目的地に。そこで塾の先生から仕事の要領を聞き、早速仕事へ。微妙な字の歪みを減点するか否かで漢字の採点は難しく、非常にトロくなったが途中から紹介者の先輩も加わり何とか仕事をこなす。

今後毎週木曜にこの仕事をするので頑張りたい。もし中国語の再履修が入っても絶対バイトの方を優先するつもりだ。学部が辛くても汽車旅とバイトに命をかけよう。

ところでそろそろ国公立大前期の発表が。妹・あの娘・某サークル先輩の友人が揃って嬉しい結果を勝ち取ってきて欲しいものだ。そうそう、あの娘といえば彼女も一時嵐山の旅館で仲居のバイトをしていたらしい。
私の長い1日
2004年3月7日

まずは朝から某サークルの会報を出版するため飯も食わず労働。この春就職される先輩やJR全線乗車を果たされた先輩、そして私の原稿が載った会報が完成したら今度は京都都心でスライド上映会。この春卒業される先輩が高校時代から取りだめした貴重な画像に一同口を空けて驚くばかり。

夜は追いコン。OBや院生よりも年上の長老的先輩が引退されると言うことで遠方からもOBの方の参加があった。ここで私は梅酒ソーダによって潰れかける。

それでも何とか回復してカラオケへ、上戸彩で900点をたたき出す。GLAYの「時の雫」が歌えたのも良かったなあ。
静養のはずが(過去ログ2004-3)
結局単に部屋でだらけるだけに。某サークル用の原稿を打とうにも進まないので困る。

気晴らしをかねて某サークルに行くと、神虎さんが明日の追いコンに出席するためにBOXを訪れられた。用事で鳥取に行かれていた神虎さんが蟹を買ってこられたのでBOXにいた面々は夕食後、これを肴にほろ酔い気分になった。

そういえば台湾に行かれた先輩が羨ましい。来年こそは私も行きたいものだ。でも金が貯まる保証は無い。
すったもんだの家路(2004年春鈍行旅行vol4)(過去ログ2004-3)
2004年3月5日

 今朝は宿をチェックアウトした後市内観光で美味しい牛肉の串焼きを食べ、旅行貯金をしてから富山方面行きの普通列車に乗るはずだった。

 ところが高山駅で自分の乗る列車の発車ホームを勘違いし、予定の列車に乗り損なう。なにせ2本も同じ車両が並んでいたもので…。結局富山まで特急に乗る羽目に。痛い出費だ。しかし大きな窓の特急「ひだ」車内で美しい雪景色を楽しみ、富山で下車。富山駅前は高山より雪の量が多かった。

 富山では路面電車や富山港線に乗り、次は能登半島北部の和倉温泉へ。ここでも昨日の高山と同じく猛吹雪に襲われる。復路は七尾から1本早い普通に乗れたので、特急の乗車区間を当初予定の加賀温泉-米原間から加賀温泉-福井間に短縮することができた。この特急の車内で夕食の駅弁を食べ、普通と新快速を乗り継ぎ0時ごろ下宿着。明日は1日静養だ。
*帰宅後に作成
エルベの出会いin飛騨高山(2004年春鈍行旅行vol3)(過去ログ2004-3)
2004年3月4日

 朝6時、夜明けの名古屋駅セントラルタワーズを見ながら名鉄新名古屋駅に向かう。そこから急行で知立へ、さらに知立で三河線の電車に乗り換え碧南に向かう。

 朝早くからここ碧南に来たのには訳がある。今月末に廃止される名鉄三河線の南端区間(碧南-吉良吉田)に乗るためだ。1両編成のディーゼルカーは通学の女子高生で満員。みんなスカートが短い…。このように結構人が乗っているし、既に廃止された岐阜の山奥の支線と比べて沿線にはそこそこ人家があるので本当に廃止になるのが少し信じられない気がした。まあ愛知県は某自動車メーカーのお膝元でもあり、マイカーの威力がよそよりも強い分不利な面があるのだろう。だからこそ大人はみなマイカーで通勤し、免許の無い高校生しか列車を使わないと言うわけだが。
 
 吉良吉田からは蒲郡に出てJRで多治見へ。名古屋でも東京の中央線みたいに特別快速が走っていた。そう言えば名古屋の中央線には昼間に乗車整理券を買わないと乗れないぼったくり快速があるとか。本来名古屋の人はけちな方(結婚式除く)らしいので皆さんどう思われているのか?

 多治見からは太多線・高山線経由で一旦岐阜まで出て、そこから美濃太田乗換えで一路飛騨高山を目指す。昼食は季節外れの「松茸釜めし」である。列車が北上するにつれ、車内の女子高生は地味になり、下呂と高山の間では吹雪まで降り出した。この冬見た中で最大級の豪雪である。

 高山では市内観光の後、新潟県でJRを完乗された某サークルの先輩一行と再会を果たす。再会後はタクシーで国民宿舎へ。病気のせいで旅行会の幹事らしい仕事の大半を友人に譲ったことで少し自己嫌悪に陥っていたが、夜の宴会では「白い巨塔」を見ながら少し悪酔いしてしまう。ああいい気分。
*帰宅後に作成
紀伊半島一周(2004年春鈍行旅行vol2)(過去ログ2004-3)
今日から3日間旅行に出る。行き先は主に東海北陸。まず紀勢本線を乗り通そうと思い大阪に出ようとしたが、電車の切符は無くすし阪和線の快速に間一髪で乗り遅れる。おまけにやっと乗った阪和線で厚かましい爺が「貫通路を閉めていけ」!私に言うよりお前が閉めた方が早いっつーの(怒)

それでも途中特急も使って出発から7時間後に新宮に着いた。ちなみにトイレなしのロングシート車両を3時間も走らせるJRは一体何を考えているのか知りたいです。

で、新宮を出て熊野方面に出ようとしたら時刻表に載っている特急がない。どうも今日は運休日だったようで…。仕方なく鈍行で名古屋まで行くことにするがおかげで特急券と乗車券の費用が浮いてラッキー。ただ、味噌煮込みうどんが食えなくなったのは残念。

名古屋に着いてからは大垣から出ている東海道線の支線に乗り、名古屋のネカフェに投宿。明日も朝早いので早く寝ようっと。
そうそう、今日紀伊田辺と新宮で初めて旅行貯金なるものをした。これは某サークルでも多くの人がたしなんでおられる奥の深い趣味である。
旅の前日(2004年春鈍行旅行vol1)
今日も起きたのは昼前。のんびり旅の準備と原稿打ち。東北信越旅行の原稿は1日目のMaxときで長岡-上毛高原間を走行中の所まで出来た。某サークルのBOXで駄弁り、実家着は夜になる。
春が来た?(過去ログ2004-3)
今日から3月である。それでも私はひたすら原稿打ちとネットと読書である。明後日から旅行に行くなんてとても信じ難い。
受験中の大切な女性のことがいつも気になる。私が2月の病気騒ぎで周りの友人の不幸を全てかぶった形になれば望ましいのだろうが。

家庭教師について詳しい話未だ無し。騙されたのか?

GWは三連休パスが出ないっぽい。何のために航空券買ったんや!
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。