スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとできました・・・
 某サークルの大学祭用原稿と会報用原稿が午前2時に完成。昼休みに張り切って提出したが、前者では書式を守れず、後者ではヤバい用語を連発してしまった。それでも私やその他の方々の原稿が集まったおかげで今月の会報は記録的なボリュームになった。
 
 大学の食堂で「カキフライラーメン」なるものを食してから某サークルの例会に移ったが、ここで私は初めて自作のスライドを上映した。内容は乗り潰し中のスナップと地元の鉄道風景、新マリンライナーだった。今度は日本シリーズ第4戦のスライドを公開する予定である。例会の後は飲み会&徹夜カラオケ。私は無難に福山雅治、ミスチル、安室奈美恵、ブラビ、GLAY、浜崎あゆみ、モー娘。、倉木麻衣を歌ったが、先輩方の中にはアニソンや軍歌、妙な替え歌を歌われた方もおられて場を盛り上げた。今度は今回歌えなかった後藤真希の曲やGLAYの新曲を歌いたいものである。
スポンサーサイト
ダメダメ人間A
今日の1限には遅刻する。この1限の中国語は私にとって有数のうっとおしい・・・(以下略)それもそうだ、某サークル用の原稿打ちが忙しい上、うまく原稿がまとまらないとすぐネットにかぶりついてしまうせいで睡眠時間が6時間を切りそうなのだ。バイトをしているわけでもないのに、教習所に行ってるわけでもないのにここまで時間を無駄にしている私はダメダメ人間である。嗚呼、次第に自己嫌悪の情が増してきたではないか・・・・

 しかし、水曜は中国語以外はまあまあ楽な授業なのでまだいいほうである。帰宅後は再び原稿打ちに入ったが、今日もうまくいかないまま午前2時を迎えてしまった。
*2005年5月25日転載
人間関係とアルバイト
 今日の2限の比較宗教史の担当教官はスキンヘッドとヒゲがトレードマーク。つまり阪神の選手で言うとムーアに似ている。おい、どうして昨日しっかり抑えてくれなかったんだよと思わず言いたくなった。この教官はさらに、前回「任意提出」と言ったレポートを「全員必修」と訂正する始末。しっかりしてくれよ!

 鼻風邪がすっきりしないので、3限のスポーツ実習は見学することになった。運動オンチの私にとっては決して楽しい教科ではないので何も問題はないのだが、同じ授業を取っている他クラスの普段はさほど親しくない友人が心配して「どうしたんや?」と声をかけてくれた。自分は運動が下手なので、同じ授業に出ている何人かから馬鹿にされているのではないかと思っていただけに、私は彼の心遣いに感激した。

 それにしてもつくづく思うのだが、私は大学入学から半年、2つのサークルでは深い人間関係を築いて来たなあと思う。特にこの日記を最初に公開した某サークルでは騒動を起こしたこともあったが、夏休みの旅行の前後から自分に落ち着きが生まれて楽しく活動できるようになったと思っている。ただ、最近ヤバいなあと思うのは、学部のクラス内での人間関係が広くて薄いものになっている点である。現在私は携帯のアド帳に10数名を登録しているが、その中の特に誰とくっついていると言うわけでもないのだ。親しい人間も複数いるにはいるが、サークルの方々と比べると付き合いが浅いのが実情だ。自分より大人しめの人にさえ親友がいるように見える。後期になってから「ああ、俺は前期クラスでがんばりすぎたせいで孤立しかかっているのか」と思い不安を感じることが多くなった。無論高校時代みたいな虐待を受けているわけでは決してない。しかし不安なことは不安なのだ。

 ところで話は変わるが、昨日某新幹線と同名の塾の求人チラシを入手した。とにかくバイトを始めたくて仕方がない私は某サークルの複数の先輩に相談してみた。しかし先輩方は異口同音に「やめておけ」との答え。確かにきついバイト、自分に全く向かないバイトをする気はないのだが、悩みやムカつく事がある度に旅行をして気を休める必要がある私にはバイトで金を稼ぐ必要性が大いにあるのである。
終わりました
 朝10時半から18時まで鼻風邪でだるい中授業に出る。とはいっても今日は4限が休講なのでまだ楽である。それに月曜3限の中国歴史地理論は面白いので気に入った。今日担当教官のO氏がいきなりマニアックな話を始めた。やはり一流の研究者になるためには一見自分と関係なさそうなものを含むいろいろなものに首を突っ込まなければならないようである。

 授業終了後、兼部先の例会に出た後に兼部先のBOXで日本シリーズ最終戦を観戦する。泣いても笑っても今夜の福岡で決着が着くのだ。ちなみに今日の中継は東京12チャンネル系(いつの時代だよ)と各地のUHF局担当で、京都では京都テレビが担当していた。試合の合間にダサいローカルCMが入るのは御愛嬌である。こうなったのも夏休みに某大手局がバラエティ-番組で王監督を侮辱し、激しい怒りを買ってしまったせいである。東京12チャンネルと各地のローカル放送局の皆さん、某大手局と「ジャOネットはかた」に感謝しなさい!!

 私はただひたすら今日の勝利を祈り、友人とテレビの画面に釘付けになっていた。だが福岡でのダイエーは甲子園でのダイエーとは全く別のチームのようであった。相手が松中や城島のホームランなどで得点を重ねる一方、こちらは関本のホームランによる1点しか返すことができなかった。個人的には兄貴に5本目のホームランを打って欲しかったのだが・・・それも叶わなかった。

 結局スコアは1-6のまま9回表に突入。2アウトを取られたところで代打が出てきた。誰が?何で?・・・と思うと広沢克実・41歳の登場である。シリーズが始まってから三振の山を築き、「逆シリーズ男」の汚名を頂戴した彼が最後にやってくれました・・・一矢報いるソロホームラン。結局タイガースは負け、ダイエー王監督の胴上げを目の前で見ることになってしまいましたがタイガースの皆さん、1年間感動をどうもありがとうございました。来季も優勝してください。そして星野監督、今まで本当にご苦労様でした。絶対巨人には行かないでください。
5ヶ月ぶりの祖父母宅
 今日は自転車に乗って久しく行っていなかった下京区の祖父母宅に行くことにする。12時半過ぎに下宿を出て、四条河原町のカメラ屋に寄った後13時過ぎに到着。途中七条大橋から鴨川の下流の方を見ると東京行き500系のぞみが走っていくのが見えた。またいつか乗りたいものである。
 祖父母宅では寿司やアップルパイをごちそうになり、腕の骨折で少し前まで入院していた祖母のリハビリの一環として近くの神社に御参りに行ったりした。このこじんまりとした神社は北野天満宮のルーツらしい。神社参拝の後は近くの日本庭園で一休み。こういう場所に来ると気が休まるものである。
 野球を見るため16時半過ぎに祖父母と伯母に別れを告げ、下宿に帰ることにしたが、季節の変わり目のせいか風邪をひいたようである。鼻に来ているのでつらい・・・。
 そしてカツ丼を食べながら日本シリーズ第6戦を観戦したが、ダイエーホークスは福岡に戻って完全に調子を戻していた。結局桧山のホームランで1点を加えたのみで、1-5で試合は終了。逆王手を許してしまった。風邪でしんどいのもあって気分が沈んだ状態で寝床に就く。
*2005年5月25日転載
退屈な休日
 昼前に起床し、だらだらとネットに漬かったり原稿を打ったりする。実はこの日は当初、神戸にサッカーのヴィッセル神戸VS鹿島アントラーズの試合を見に行こうかと思っていた。しかし日本シリーズ観戦という思いがけない幸運が飛び込んできた上、このところ毎週出かけていて金欠に苦しんでいたので泣く泣く断念した次第である。しかも試合の方はあのカズと播戸が得点し、2-1で愛しのトホホ球団・神戸が常勝球団・鹿島を破ったらしい。くそ・・・金さえあれば・・・。最近私の兼部先の友人のほとんどがバイトを始めており、私は取り残されそうになっている。家庭教師の口が無いなら、ここはどうしても2つの鉄道会社のうちのどちらかで働きたい。そうでないと「俺に明日は無い!」ようなものだ。

 最後に、今日ここまで私がダれたのは野球が無かったからです。
ついに王手!
 先輩と朝9時頃に実家を出て大学に向かう。(同級生は1限に出るため朝6時過ぎに先に出発)にしても週に2度も実家に帰るとは半自宅生状態である。駅までの道中、私は先輩にいろいろ地元の説明をしていた。この地元には小学校の同級生や近所の人々などいい人も多いが、仲の悪かった人間もいたので、私は愛憎入り混じった感情を持っている。しかしいずれにせよ私はこの地元の町の者としての誇りを持って、他地方の出身者である先輩に自分の街について説明したのである。実家の最寄駅には昼間は普通しか停車しないが、ラッシュ時には優等列車が多数停車する。幸いその中の一つである通勤特急に乗ることができ、10時半少し前に大学に到着した。

 昨日の勝利の余韻からか、聴講に全く精が入らない。事実任地の福岡に帰られるOBの先輩と別れるのが惜しかったので3限にはわざと遅刻している。4限が終わるとサークルのBOXに寄ってから下宿に帰ることにする。

 帰宅後はいよいよ本日のハイライト、日本シリーズ第5戦である。今日は高校時代以来の親友(兼部先の会長)と某サークルの先輩が応援に行っているそうだ。1回にいきなり我らが金本兄貴のホームランで先制した時は「これで今日も勝つぞ!」と勝利を確信した。

 しかし2回表にはバルデスにラッキーな2ランが出て早くも逆転されてしまった。まだ序盤だ、諦めるな・・・と私は念じ続けた。さすがにアリアスが1塁で止まらずアウトになった時は呆れたが・・・。それでも6回・2アウト満塁のチャンスに選手会長・桧山がすかさず2点タイムリーで再逆転!今年の虎を象徴する逆転劇である。

 その後8回に訪れた好機を生かせず3-2で9回を迎えたが、ウィリアムズが好セーブを見せてダイエーの反撃を許すことなく試合終了。福岡でも勝ってきますという桧山選手会長の挨拶にグッと来る。試合後は、今日甲子園に行った友人と互いにメールで祝福。同じ球団を応援する友人がいることがいかに素晴らしいことかを身をもって知った。
球史に残る名勝負
 いよいよ待ちに待った日本シリーズ第4戦の日がやってきた。14:30過ぎに3限が終わると、私と某サークルの先輩(OB)と同級生の3人は戦いの舞台・甲子園に向かった。
 途中京阪では設備の悪い特急に乗り、阪急では隣席の年老いたDQNに変なことを言われたりしたが、17時過ぎに一行は何とか甲子園に到着。まだ試合前であったが、甲子園の蔦が紅葉しているのを見た先輩が大層感激しておられた。

 18:15にプレイボール。先発の井川が初回表を無失点に抑え、その裏には桧山・片岡のタイムリーが出て阪神が一挙3点を先制する試合展開。これは第2戦のダイエーみたく楽に勝てるのではないかと思った。しかし、世の中そんなに甘くはなかった。2回表にダイエー松中のソロホームランで1点を返され、その後こちらも金本のホームランで逃げ切りを図ったが、7回表ついに井川が崩れて同点に追いつかれてしまったのである。8回表にも1点追加され、一時はダイエーに逆転を許した。「これで相手は王手か・・・」と悲観的な考えが起こりそうになる。それを打ち消してくれたのがUSA(大分県の市ではない)からの救世主・アリアスだった。8回裏の彼のタイムリーでスコアは同点に戻り、試合は延長戦に突入した。

 そして10回裏、やはりこの人・・・金本兄貴が決めてくれました・・・!!俺たちの近くの席に飛び込むサヨナラホームラン。奇しくも金本Tシャツを着ていた俺は兄貴のこの日2度目の快挙に狂喜乱舞するあまり先輩がおごってくれたコーヒーを通路にこぼしてしまいました。また、自転車の鍵もどさくさに紛れて無くしました。それでもこんな素晴らしい試合を見ることができたのでこれぐらいの損は全然平気です。

 星野監督と金本のインタビューの後は六甲おろしと選手応援歌を大声で歌いながら京都に帰ろうとしたが、駅を出るのに意外と時間がかかったので急遽尼崎市某所の俺の実家に3人で宿泊することになった。ちなみに球場の行き帰りで乗った阪神電車の車両はいずれも阪神・淡路大震災の生き残り車両と被災廃車車両の代替新造車で構成された編成だった。2003年の優勝を見ることなく震災で他界した一部のファンや阪神電鉄の車両のことは一生心に留めておこう・・・と思わずにいられなかった。
やった!やった!やりました!
 今日は1限から中国語、しかも教官は宿題を出しまくる。超ウザ・・・と思いつつ1~2分遅刻して登校。それから授業を4コマ適当に聞いていた。特に3限の地域地理と4限の健康科学概論では疲れて居眠りしてしまった。教官様ごめんなさい!

 そうそう、某サークルの部室では先輩方が何やら妙な歌を聴いていらっしゃったなあ・・・(笑)

 授業が全て終わると大学生協でレポート課題の本を買い、東北行きに備えJRと高速バスの申し込み用紙を取った。ちなみにこの高速バス、ある旅行会社が学生向けに企画しているもので東京-京都間が¥4200と破格の値段である。

 18:15からは3日ぶりの日本シリーズテレビ観戦である。俺は金本Tシャツに着替え、弁当片手にカンフーバットをたたいていたが、阪神先発のムーアが1回表に連打を浴び、1点を失った時は「これで敵は王手か?」と一瞬ネガティブに考えてしまった。気を紛らわすため阪神ファンの先輩のチャットに入る。しかしその後ムーアは敵を無得点に抑え続けてくれた上、金本が同点ホームランを放ってくれたので少し安心することができた。弁当が空になると、柿ピーとポッキーをつまみに酒を楽しむ。酒が入るとチャットでの会話も弾む。結局試合は延長戦に突入し、10回裏に藤本の逆転犠牲フライが出て阪神が2-1でダイエーを下した。俺は狂喜し、その勢いでダイエーファンの先輩と一触即発?になりかけるほどだった。しかし、喜ぶのはまだ早い。あと3回勝たないと負けは負けなのだ。そういうわけで明日は甲子園で精一杯応援してきます!
雨の火曜日
 寝坊し1限に遅刻する。全く・・・貴重な理系科目を1限にやるなという感じである。2限の比較宗教史ではレポートが課されており、俺は昨夜2時まで格闘して挫折していた。だが日本語ペラペラの外国人の教官は「実はレポートは自由課題だった」と平気でぬかしやがった。俺は何のために貴重な睡眠時間を犠牲にしたんだよ。午後はスポーツ実習が休講になったのでマターリ進行で予定をこなす。ただ猛虎の勝利だけを楽しみに・・・

 だが、4限が終わってネットを見ると「本日の試合は中止」との残酷な宣告。これで予定が繰り下げられ、我々の観戦も1日順延となってしまった。そのためクラス指定の語学をサボらねばならなくなった。まあいい、いざとなりゃクラスの誰かに泣きつけばいいんだし1回ぐらいはサボってもいいんじゃない。それに井川が見られるかもしれないし・・・。

 帰宅後ネットを見ると懐かしい顔を目にすることになった。高1の頃、俺が一番好きだった元モー娘。の石黒彩である。あの頃は一部の生徒からからかわれてはいたが、クラスには仲良く話せる友達も多くまだ楽しい時期だった。しかも受験勉強が激化する前だったので、長期休暇に東京や岡山、鳥取、松山に旅行に行ったりした。あの頃はまだ楽しかったけど、その次の高2は最悪だったな・・・とつくづく思ってしまった。しかし今彼女は2児の母、俺は大学生となりそれぞれの現在を生きているのだ。だから高1の楽しい思い出はいつまでも心に留めておくべきだが、高2の悲劇は院に上がる頃までには忘却したいなあと思う。
*2005年5月25日転載
嵐の日曜
 朝9時半に起床し、阪急・阪神と乗り継いで山陽電鉄のイベント会場がある東二見に向かう。ここでは鉄道部品販売ブースの他、フリマがあり、ずっと欲しかった中古CDと「タイガース優勝記念虎姫駅入場券」を入手する。この入場券は先週土曜に俺がわざわざ(といっても乗り放題切符利用)虎姫まで出て買い求めようとしたが、すでに完売とのことで泣く泣く購入を断念したものである。これであの時なぜ記念切符が完売していたかが分かった。虎がらみの鉄道写真と抱き合わせて高めの値段で販売するため、鉄道部品・切符の収集・販売団体が現地で切符を買占めたからである。イベントの後は山電の乗車を楽しんで自宅に帰った。実は俺、大学卒業までに地元の私鉄3社の駅全てに降りるつもりなのだが、本当に公約を実現できるのだろうか・・・
 
 帰宅後は楽しく日本シリーズ観戦・・・のはずだったが、相手が伊良部や金澤から大量に得点を奪う一方、我がタイガースは打線がつながらない。結局皆さん御存知の通り、屈辱的大敗を喫してしまった。またこれで気分が悪くなったことと関係があるかは分からないが、ふとしたことから親と口論になったりもしたので、しばらく実家に帰る気が失せてしまった。
2003年日本シリーズ第1戦
 朝11時前に起床し、だらだらと某サークルの大学祭発表用の原稿を打ち直したり部屋を片付けたりする。今日は和歌山線回りで帰ってやろうかと思っていたが、もう時間が遅く日本シリーズのプレイボールに絶対間に合わないのでまたの機会にする。
 
 夕方5時少し前に下宿を出る。実家で日本シリーズ観戦用の双眼鏡を回収しなければならないからだ。ちなみにこの間の後藤真希のコンサートには双眼鏡を持っていったので、彼女の美貌を心置きなく拝むことができた。しかし7月の阪神VS横浜戦には双眼鏡を持って来るのを忘れ、3塁側内野席をゲットしたにもかかわらず阪神ナインの表情を拝むことができなかった。だからこそ今回は双眼鏡を忘れるわけにはいかない。河原町からの阪急特急は6300系第1編成(1975年製)だった。茨木市でデビューしたばかりの9300系とすれ違う。果たして俺は9300系にいつ乗れるんだろうか?高校時代からの親友は営業運転開始日に早速乗ったらしい。この幸せ者!
 
 結局プレイボールには間に合わず、携帯ラジオで観戦することにする。梅田のブティックに寄ってから実家にたどり着いた時にはすでに3回裏に入っていた。この時点で1-0でダイエーリード。しかし矢野のタイムリーですぐに逆転。よっしゃ、今日のヒーローは矢野だ!と思うと城島のホームラン、さらにタイムリーで再逆転。このような感じで9回裏を迎えて4-4の同点。頼むぞ安藤と思い必死に祈るが結果はサヨナラ負け。我らが阪神タイガースは初戦を落としてしまったが、今日の試合は両者互角のいい試合だった。心機一転明日は勝ってくれと願うばかりである。この調子だと決着が最終戦までもつれこむことも十分ありそうだ。
 
 明日は電車でどこかに出かけようと思う。その明日は安室奈美恵のコンサートチケットの発売日。是非行きたいものだが、12月に東北旅行を控えている身にとっては痛い出費である。早く某電鉄でバイトを始めないと....と思うが、出勤可能な日が現時点で週4日しかないのでどうなるか心配だ。まあ最悪来年の2月(大学の冬休み)からでもいいのだが、出来れば今年中に始めたいものである。
*2005年5月25日転載
星野の仙さん勇退
 昨夜(正確には今日未明)寝る前にふと某新聞のサイトを見ているとこの衝撃的なニュースが飛び込んできたわけです。それまで俺自身来季も仙さんが続投して、連覇を果たしてくれるのだと信じて疑いませんでした。それが日本シリーズ直前での突然の勇退表明です。あの「燃える男」の肉体がここまで蝕まれるとは、阪神の監督を引き受けることは想像以上に難しいものなのでしょうね。俺みたいな軟弱男にはとてもこんな仕事はできません。
 
 まあ田淵コーチは退団するそうですが、仙さんと島野コーチはフロントに残るそうなので少し安心しました。岡田新監督には仙さんの路線を引き継いでもらって、今季以上の成績を残して欲しいものです。
 
 最後になりますが、実は俺、22日の日本シリーズ第4戦(甲子園)の幸運なチケットホルダーの1人なんです。てなわけで大学のサークルのOBの方と同級生とで「監督 星野仙一」の最後の姿をこの目にしっかり焼き付けてきます!
*2005年5月25日転載
20歳にもなったことだし
今日からweb日記をつけてみることにする。俺は京都の大学に通う20歳。趣味は鉄道・飛行機での一人旅&音楽鑑賞&スポーツ観戦(阪神タイガース&ヴィッセル神戸ファン)。好きな歌手は浜崎あゆみ・後藤真希・GLAY・ミスチル・倉木麻衣・福山雅治。好きな女優は矢田亜希子。一番行きたい国は台湾・・・って奴です。まあ、自己紹介はこの辺でしまいにして、今日の日記に移ります。

10月1日に後期が始まってから非常にがっかりすることが起こった。というのも、前期の木曜の教養の英語(座席指定)で俺はクラスでも割と美人系の女性と席が隣だったが、後期になるや否や席替えで彼女と席を離されてしまったのである。これで毎週の楽しみが1つ減ってしまった。残念無念。まあこんなことはよくある話なんだから気にしないでおこうってな感じです。
*2005年5月25日転載
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。