スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奇跡の生還(過去ログ2004-10)
 1限は今日も寝倒し、3限もほとんど聞き流して大学を後にした私。「ザ・ワイド」の災害報道でも見ようと思いテレビをつけると… 

 各局で「土砂崩れ現場に生存者」の報道特番が放送されていた。地震発生から行方不明になっていた小出町の家族3人が乗った車が長岡市の土砂崩れ現場で発見され、中に生存者がいたということ。既に2歳の長男が救助され、病院で手当てを受けておりあとの2人も生存反応との情報。というわけで勉強しながら救出活動を逐一見守る。しかしあとの2人の救出活動は難航の様子。途中何度も余震で中継画面が揺れた。5時ごろようやく母親も救出。ところが…

 「母親は心肺停止」の報道が流れる。えっ、さっきは「消防隊員の呼びかけに反応した」とか言っていたのに…。画面にも一時「3人生存」って出ていたのに。後で知ったことによると、後の2人の心音確認だとか、母親が応答したとかいうのは全て情報が錯綜する中生まれた誤報であったようである。結局母親は死亡が確認された。残る3歳の長女の救出作業は夜も続く。
*(編者注)その後長女真優ちゃんの死亡も確認された。二次災害の恐れなどから、長女の遺体搬出には慎重な作業と長い時間を要した。一方、奇跡的に助かった長男優太ちゃんはその後順調に回復し、地震からまもなく1年になろうとしている現在仏壇の母と姉にお茶を供えているという。
なお、この一連の救出劇はドキュメンタリー番組や読みきり漫画になり、現場については先ごろ保存の方針が決まったという。(2005・10・21)
スポンサーサイト
被害拡大
 死者は22人、不明者若干名、今後も増加の恐れ。
4年前の鳥取では、豪雪に備えた堅牢な家屋が多くの市民の命を救った(結果的に震度6強でも死者0人)そのこともあり、今回も死者なしという奇跡を願ったのだが、残念ながらそれは叶わなかった。改めてご冥福をお祈りします。

 報道特番は夜通し続いた様子。朝起きると小千谷市と川口町の境付近の空撮中継が延々と流れていた。上越線と国道が斜面と一緒に崩れ落ち、近くの家も崩壊している。他局を見ると夫と孫娘を亡くした川口町の女性ヘのインタビュー(よく承諾されたものだ。それとも取材を強制されたのか?)、脱線した新幹線とき325号の先頭車の無惨な姿。(しかし人的被害なし)画面下には災害情報のテロップが延々と流れている。

 人的被害や住宅の損壊も相当なものだが、ライフラインや交通機関の被害も深刻だという。ここに交通機関の被害状況を挙げておくが、新幹線では40年にわたった営業列車による無事故記録が途切れ、新幹線、在来線、高速道路の寸断が原因で22年ぶりに東京-新潟間の航空便が復活する羽目になった。
新潟で震度6強・3回(原題)読書が予定を狂わせる?(過去ログ2004-10)
読書とは、本来受動的にやるものではない。能動的にやるものである。だから同じ読書でも課題図書を読むのと、読みたい本を読むことは全く別のものである。前者は特に気乗りせず、集中力の欠如や怠惰を招く。

そんななか新潟県中越で大地震。しかも震度6強が3連発。各局の災害報道にかじりついてしまう。19時からのドラえもんスペシャルは「新幹線脱線」のテロップとともに中断された。後で聞いたところ、テレビ東京は呑気に旅番組を流していたらしい。

新幹線の方ではけが人1人出なかったようだが、住宅の倒壊や地震のショックによる死者の数が画面を見つめる間に次々増えていた。

*一部2005年10月21日加筆
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。