スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私と韓国
私が初めて韓国を訪れたのは1993年の夏休み、一家5人水入らずの家族旅行の時であった。

宿泊先はソウル特別市龍山区梨泰院のハミルトンホテル。アメリカ人居住地区として知られる梨泰院の中心に位置するプール付きの高級ホテルだった。

当時の小学4年生の知識では知る由のないことだが、現在の龍山区にあたる地域には日本統治時代帝国陸軍の基地があり、日本の敗戦後はこの基地がそのまま米軍基地に転用された。こうした関係で、龍山区は現在もアメリカ人はじめ外国人の居住が多い地域となっているとのことである。

太平洋戦争敗戦の直前、この基地に駐留していた衛生兵の部隊に、後に戦後日本を代表する作家の1人となる松本清張二等兵がいた。

彼の連隊は当初激戦地のニューギニアに送られる予定だったが、大戦末期の輸送船不足が原因となり当初の予定は変更され、結果的に終戦まで朝鮮に留まることとなった。

その後戦局悪化に伴う部隊の再編成により、軍医の部隊に編入された彼はソウルから朝鮮南西部、全羅北道の井邑に移動し、ここで終戦を迎えている。

この井邑から少し南に行った場所にある韓国南西部最大の都市が光州である。

大韓民国成立後の1980年、民主化運動に対する大規模な弾圧である光州事件が起こったことで有名な都市である。

実はこの街には1930年代後半、高等小学校を卒業後間もない私の母方の祖父が住み、親戚の商店を手伝っていた。言うまでもないことだが、当時日本の一部であった朝鮮には数多くの日本本土出身者が学業や就労のために移住しており、我が祖父もそうした人間の1人だったわけである。

ちなみに全くの偶然だが、松本清張と我が母方の祖父には奇妙な共通点がある。

・ともに福岡県出身であること
(松本清張…小倉出身、祖父…行橋出身)

・最終学歴が高等小学校卒業であること

・職場が小倉にあったこと(松本清張…印刷所や朝日新聞に勤務、祖父…朝鮮から帰福後、鉄道省小倉工場に勤務)

・ともに時事ネタに強いこと

・日本統治時代の朝鮮への滞在経験があること。

改めてこの事実を考えると、松本清張と祖父への尊敬の念が一段と強くなり、複雑な時代背景を抜きに古の時代の朝鮮にノスタルジーを感じる。
スポンサーサイト
卒業式終了
式開始は10時。やはりコスプレ姿の人間がところどころにいた。俺も一部の人間に対する当て付けのため、軍服で式に出たかったが、もうすぐ社会人だし迷惑はかけたくないのでやめた。

式の後は親睦会。友と最後になるかもしれない語らいの時。クラス以来久々に話す友人がいた。子供を連れてきた人がいた。みんな新たな門出というわけで何よりである。

ただ、どうしても悔しくて仕方がないなあと思うことが一つあった。

クラスのチャラチャラした男子や、大半の女子とはついに話せずじまいだったのだ。

前者については所詮取るに足らない愚民なのでそんなに気にしてはいないが、後者については我が大学生活に致命的な打撃を与えた。女の子とは恐ろしいもので、人の悪口をすぐに広めるものである。事実クラスコンパで粗相したことに端を発する無視や嫌がらせにはクラスの中心的メンバーのみならず大人しめのメンバーや他クラスの女子も加担していたと聞く。たかだか一度酔いつぶれたぐらいで、何様のつもりやねんと言いたい。
おかげでこちらは大学で異性の友達が少ない暗黒の四年間を過ごす羽目になった。コンパで潰れた後はちゃんと謝ったのに…

愚痴ばかり言うのも嫌なので、少し話題を変えよう。就職で地方や東京に行く友がいる一方で、同じ学部の院に行く人やもう一年目標を目指す人もいる。大学や我が実家からほど近い関西で働く人もいる。またそのうち会えるから、さよならは言わないで置こう。代わりに一言「また会いましょう」
今日の一曲「Someday」倖田來未
引っ越し終了
今日下宿の撤収作業が完了した。バス停徒歩0分だがコンビニやスーパーが遠く、微妙な立地にあった下宿ともついにお別れである。大家さんご夫婦、掃除のおばちゃん、引っ越しを手伝ってくれた両親、そして運送屋の皆様ありがとうございますm(_ _ )m

明日は卒業式。会いたくない馬鹿に会うのは正直嫌だが、気にするなという友人や先輩の言葉を胸に笑顔で参加してきます☆
祝・卒業確定
20070302234407
今日は大学最後の成績発表日だった。時々あり得ないミスを犯す自分だけに、履修要覧の読み違えでもないだろうかと正直ビクビクしていたが、いざ成績表を受け取って一安心。
卒業所要単位の不足を示すマークはどこにもなかった。かくしてあとは卒業旅行と引っ越しを済ませて、立派な社会人になるだけである。

成績表受け取りの後は下宿で荷造りしながら「サウンド・オブ・ミュージック」のDVDを鑑賞し、下宿最寄りのTSUTAYA経由で実家に帰宅。

【写真】阪急京都線の快速特急は私より一足お先に、17日のダイヤ改正で「卒業」となる。
卒論構想レポート
明日提出日なのに出来ない(引用:EASTEND×YURI「まいっか」)

て言うか『戦前の新教育』と大枠こそ決まっているのだが、それをどう切り込むか、あるいはどこに焦点を当てるかが全く決まらない。

3社ほどエントリーシートが控えているし、公務員の勉強もしたいのに…。まあ何とか気合で乗り切ります。

そうそう、今日からmixi始めました。知っている人リンクよろしくです!
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。