スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇高国道フェリーの思い出
岡山県の宇野港と香川県の高松港を結ぶ、「宇高(うたか)国道フェリー」が本日昼の便を最後に運休となりました。

宇高国道フェリーには、2000年の春に一度乗船する機会がありました。今回の運休にあたり、その時の旅行記の一部を公開します。

宇野港の最寄り駅である宇野駅の駅舎は、JRの宇高連絡船が廃止された後に建て替えられ、オレンジの瓦と白い壁のスペイン風建築に生まれ変わっていました。乗車券に「乗車記念」の印をもらって駅の外に出てしばらく歩くと、フェリーへ乗船待ち中のトラックが並んでいる道路に出て、その先に宇高国道フェリーと四国フェリーの乗り場がありました。
1988年の瀬戸大橋開業からはや10年以上が過ぎていた時代でしたが、当時は今と比べ物にならないぐらい瀬戸大橋の通行料金が高かったため、橋ではなく従来通りフェリーを利用して本州と四国を行き来する大型トラックが多かったことなどが幸いし、宇野〜高松間の航路は生きながらえることができたわけです。
今回はそのうち、宇高国道フェリーを利用して高松に渡ることにすることにしました。
約1時間とまとまった所要時間の航路のためか、船内には軽食を楽しめる食堂があり、名物の讃岐うどんなどが出されていたように思います。船室のテレビでは地元のローカル番組だか、東京キー局の番組の再放送か知らないが、バラエティー番組が流されていました。番組には故安岡力也氏が出演しており、名曲「ホタテのロックンロール」などについて語っていたように記憶しています。番組は1991年まで岡山県で軽便鉄道を運営していたことで有名な下電グループの提供でした。
下船時に「こくどう丸」の船名を確認し、高松城の堀端を歩いて高松琴平電鉄高松築港駅のそばにある空港バス乗り場へ。やって来たバスはコトデンバスの観光バスタイプの車両で、高松市中心部でいくつかバス停に停車した後高松空港までノンストップで走りました。

【この日の行程表】楽しい乗り物を巡る旅 2000年4月23日(日)
自宅最寄り駅→(福知山線・東海道本線)→新大阪→(ひかりレールスター)→姫路→(山陽本線快速チボリ号)→相生→(赤穂線普通播州赤穂行き)→播州赤穂→(赤穂線普通岡山行き)→岡山→(快速マリンライナー)→茶屋町→(宇野線普通宇野行き)→宇野…(徒歩)…宇野港→(宇高国道フェリーこくどう丸高松港行き)→高松港…(徒歩)…高松→(コトデンバス高松空港行き)→高松空港1545→(ANK724便)→関西国際空港…(徒歩)…関西空港→(関西空港線・阪和線関空快速京橋行き)(日根野で紀州路快速京橋行きと連結)→大阪→(東海道本線・福知山線普通新三田行き)→自宅最寄り駅
完乗した路線…赤穂線・宇野線

同じ日にフェリーにも飛行機にも新幹線にも乗るとは、またとない経験をしたものです。
スポンサーサイト
京阪京津線京津三条~御陵間お名残り乗車の体験
【日程】1997年9月23日(火・祝)
【行程】自宅最寄り駅→(阪急神戸線普通梅田行き)→十三→(阪急京都線特急河原町行き)→河原町…(徒歩)…四条→(京阪本線普通出町柳行き)→三条…(徒歩)…京津三条→(京阪京津線準急浜大津行き)→浜大津→(京阪京津線準急京津三条行き)→京津三条…(徒歩)…三条→(京阪本線特急淀屋橋行き)→四条…(徒歩)…河原町→(阪急京都線特急梅田行き)→十三→(阪急神戸線普通三宮行き)→自宅最寄り駅
完乗した路線…京阪京津線

この年10月12日の京都市営地下鉄東西線の開業に伴い、京阪京津線の京津三条~御陵間が前日の10月11日限りで廃止されるということで、お名残り乗車に出かけることに。
行程は現在はバスターミナルとして整備された京津三条駅から準急(往路600形613F・復路700形703F)に乗り、浜大津までに単純往復するという至ってシンプルなものだった。
秋雨の中、2両編成とあり混みあった準急電車の車内から京都市街地の路面区間に始まり、碓氷峠顔負けの66.7パーミル区間に代表される東山越えの急勾配、京都と滋賀の府県境近くの山岳トンネルを経て大津市内の路面区間に至る変化に富んだ車窓を堪能した。
浜大津と京津三条では何枚か写真を撮影したが、あいにくの天候と未熟なカメラ技術のためあまりいい写真を撮影することができず悔しい結果に。
それでも準急列車として京津線を行く700形や、京津三条~御陵間の廃止区間と運命を共にする予定の80形による普通電車の最後の活躍を見届けて、大満悦のうちに帰途に就いた。
今にして思えば、全廃を目前に控えていた名車・80形に乗っておかなかったことが悔やまれてならないが、京津三条駅に出入りする最後の姿を目にすることができただけでも十分幸福だったのではと思うところである。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

丹後海陸交通・天橋立ケーブルカー



今日は学生時代の先輩、後輩と天橋立へ小旅行。

最大のお目当てはもちろん、丹後海陸交通の天橋立鋼索鉄道(ケーブルカー)である。

満開の桜の下、6分間の短い時間ではあったが、黄色いケーブルカーの車内でしばし腰を休め、ささやかながら贅沢な時間を過ごす。

終着駅の傘松駅には天橋立名物「股のぞき」を楽しむための台が設けられており、一同まるでお約束であるかのように、股のぞきの体型で天橋立のパノラマを楽しんだ。

また、写真のゆるキャラ「かさぼう」を迎えてクイズ大会が開催されたのでその場のノリで参加してみる。残念ながら我々一行は4問目の引っかけ問題で敗退してしまったが、参加賞として「かさぼう」のシールをいただいた。
明知鉄道の旅
20100109143039
名古屋1232→(中央線快速中津川行き)→1334恵那1352→(明知鉄道明智行き)→1441明智

名古屋できしめんを食べた後、友人と合流し、明知鉄道の旅を満喫中。急勾配に目出度い極楽駅に、味のあるローカル線である。
名古屋にて
20100109115226
米原1030→(東海道本線新快速豊橋行き)→1142名古屋1145→(東海道本線普通豊橋行き)→1148尾頭橋

関ヶ原の銀世界を越えた列車は濃尾平野に出たが、平野に入って最初の駅である垂井には全く雪が見当たらなかった。

名古屋では時間があるので尾頭橋駅に行ってみる。
copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。